タグ: 大統領

――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(35)上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

【知道中国 2017回】                      二〇・一・仲五 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(35) 上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年) 1896年にフランスとの

タグ: , , , , , , ,

――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(32)上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

【知道中国 2014回】                      二〇・一・初九 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(32) 上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年) ここで、「揚子江流域に於

タグ: , , , , , , , ,

――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(31)上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

【知道中国 2013回】                      二〇・一・初七 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(31) 上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年) なぜ「米國の對支政策は、

タグ: , , , , , , , ,

2020年の香港問題、どう転んでも習近平は窮地に  福島 香織(ジャーナリスト)

【JBpress:2020年1月2日】 あけましておめでとうございます。  2019年は「逢九必乱」の年のジンクス通り、香港を中心に中華圏は大きな「乱」に見舞われた1年だった。おそらく1989年以来、外交上、最も厳しい局

タグ: , , , , , , , , , , ,

選挙などへの中国の介入を阻止する「反浸透法」可決に見せた蔡英文の決意

蔡英文総統の強い決意が成立させた法案と言ってもいいだろう。12月31日に成立した「反浸透法」のことだ。  中国から台湾の親中派勢力への資金援助などの選挙介入疑惑は、台湾メディアや日本メディアのみならず、英紙フィナンシャル

タグ: , , , , , , ,

台湾世論の動揺を防ぐ米国の台湾との関係強化策

台湾の選挙に関する世論調査は、中央選挙委員会の規定により投票日10日前、つまり今年は1月11日が投票日なので、1月1日以降は公表禁止となった。  12月30日にTVBS、蘋果日報、31日に緑党が総統選挙に関して最後の世論

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

中国の台湾統一を目指す選挙介入手口の実態  矢板 明夫(産経新聞外信部次長)

台湾の総統選の焦点の一つは「中国の介入」で、12月25日に続いて27日夜に行われた与野党3候補の3回目となる最後の政見放送でも、焦点の一つは、蔡英文政権が年内の立法院通過を目指す中国からの政治介入を防ぐ「反浸透法」だった

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2020年は台湾から目を離してはいけない  ロビン・マック(ロイター通信「Breaking views」コラムニスト)

米国の連邦議会は上院も下院も、台湾との関係強化に賛同する議員が多い。台湾に関係する法案のほとんどすべてが共和党と民主党議員の共同提案だ。  例えば、2018年3月16日にトランプ大統領が署名して法律として成立した「台湾旅

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

李登輝氏、二つの政治的決断  渡辺 利夫(拓殖大学学事顧問)

12月10日、産経新聞が正論大賞(笹川陽平氏)や新風賞(江崎道朗氏)の発表とともに李登輝元総統に正論大賞特別賞を贈ることを発表した。その受賞理由を、下記のように発表している。 <李氏は中国共産党との間で硬軟とり交ぜた政治

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

トランプ大統領が台湾との関係強化などを内容とする2020年度国防権限法に署名

12月20日、トランプ大統領が前年度比2・8%増の総額7380億ドル(約80兆8千億円)にのぼる2020会計年度(2019年10月1日〜2020年9月30日)の国防権限法(NDAA:National Defense Au

タグ: , , , , , ,
Top