台湾の統一地方選挙で与党が苦戦 直轄2市を落とせば馬総統の責任問題

台湾の統一地方選挙で与党が苦戦 直轄2市を落とせば馬総統の責任問題
12月25日に桃園県と桃園市が合併し、行政院の直轄市(人口125万人以上)となる桃園市を含
め、台湾には北から順に、新北市、台北市、桃園市、台中市、台南市、高雄市の6つの直轄市があ
る。

 1週間後に迫った統一地方選挙で、与党の中国国民党が優勢と伝えられるのは、新北市と桃園市
の2つ、民進党など野党が優勢なのは台北市、台中市、台南市、高雄市の4つ。毎日新聞が「政界の
勢力図を塗り替える可能性もある」として、台北市と台中市の選挙状況を伝えているのでご紹介し
たい。

 ところで、一昨日の本誌で中国国民党のホームページから最終世論調査の結果をご紹介した。と
ころが、本誌読者の指摘により、台北市の調査結果がまったく逆だったことが判明した。

 どこが間違っていたかというと、「蘋果日報」による台北市の調査結果だ。中国国民党のホーム
ページでは「連勝文(国民党):40.1%、柯文哲(無所属):28.6%」となっていて、中国国民党
候補者の支持率が高くなっていた。ところが、読者の方に送っていただいた「蘋果日報」11月18日
付の記事を見ると、まったく逆で、無所属候補が優勢だった。

 中国国民党系だといわれる「TVBS」と「聯合報」の調査結果はいずれも中国国民党候補が劣勢
だったので、いぶかしく思いながらも「蘋果日報」の記事を確認せず、そのまま紹介してしまっ
た。お詫びして訂正したい。

 読者の方から送っていただいた「蘋果日報」の記事を見ると、「柯文哲以41.1%支持率,領先國
民黨連勝文的28.6%」となっている。中国国民党のホームページでは「40.1%」。つまり、この数
字も違っていた。併せて訂正したい。

◆【大選】北市封關民調 柯41%連28%[蘋果日報:2014年11月18日]
 http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/politics/20141118/508227/

 本誌を2004年2月4日に創刊して以来、中国国民党のホームページの記事を紹介したのは実は初め
てのことだった。こういうミスは、単なるケアレスミスとは思えない。何とか自党候補者を有利に
見せたいという心情が働いたのかもしれない。今後、本誌で中国国民党のホームページから記事を
紹介することは控えたい。


台湾統一地方選:29日投開票 与党が苦戦 有力地盤・台北、無党派広がる 16年の総統選に影響も
【毎日新聞:2014年11月22日】

 台湾の統一地方選挙は29日の投開票まで1週間。馬英九総統が主席を務める与党・国民党は6直
轄市長選のうち、党の強力な地盤とされてきた台北市や台中市で苦戦し、野党系候補の優勢が伝え
られる。2016年の次期総統選の前哨戦ともなる史上最大規模の地方選の行方は、政界の勢力図を塗
り替える可能性もある。【台北・鈴木玲子】

 台湾は北部が国民党の「青」勢力、南部は野党・民進党の「緑」勢力が強く、2大政党の対決が
続いてきた。特に政権のお膝元である台北市は国民党の有力な地盤だ。長期に及んだ1党独裁で掌
握した政財界に厚い支持基盤を築き上げた。1994年に直接選挙が初めて実施された台北市長選で
は、民主化の勢いとともに国民党系陣営の分裂も重なり、後に総統になった民進党の陳水扁氏が当
選したが、98年に国民党の馬英九氏が奪還してからは4期連続で国民党が市政を握る。

 その市長選で異変が起きている。今回は、行政院長(首相)や副総統などを務めた連戦・国民党
名誉主席の長男で国民党新人の連勝文氏(44)と、無所属新人で台湾大学病院の外科医、柯文哲氏
(55)の事実上の一騎打ち。旧来型の青と緑の対決の構図とはならず、若者を中心に広がる既成政
党への不信感や政争への嫌悪感を背景に柯氏が人気を集めているのだ。

 政財界に広がる連家の人脈や知名度、莫大(ばくだい)な財力を有すると言われる連氏が当初は
優勢との見方が強かった。ところが支持は伸び悩む。連氏は、米コロンビア大で博士号を取得し、
台北市の有力な交通カード関連会社の会長などを務めた。台湾で最も有名な市内の超高級マンショ
ンに自宅を持ち、若者の就職難や低賃金など格差社会が広がる中、華やかな生活ぶりが伝えられ、
特権階級を意味する「権貴」のイメージの払拭(ふっしょく)に躍起だ。連氏は「重要なのは私の
出身ではなく、私が台北のために何をするかだ」と強調する。

 父の連戦氏は野党時代の国民党主席だった2005年に訪中し、中国共産党の胡錦濤総書記(当時)
との間で60年ぶりに国共トップ会談を実現した親中派だ。昨年2月の訪中では勝文氏も同行し、中
国の習近平総書記と面会した。台湾では今春、対中経済協定に反対する学生運動が起き、中国の影
響力が強まることへの住民の警戒心が噴出した。中国の影が色濃い連家に反発する住民も少なくな
い。

 一方、柯氏は有名外科医でも政治経験はない。時には女性蔑視とも受け取られかねない「舌禍」
も相次いだが、率直な物言いで、既成政党による激しい政争に嫌気が差していた有権者の心をつか
んだ。高まる人気に民進党は柯氏に入党を打診したが、柯氏は拒否し、同党と一定の距離を置い
た。同党は6月、独自候補の擁立を見送り、柯氏支持に回った。

 今月7日、両者による初のテレビ討論会は「政治の素人」と「政治の家柄」の対決として関心を
呼び、視聴者は最高時には人口の1割に当たる230万人に上った。16日に台湾紙「聯合報」が実施
した世論調査での支持率は、柯氏(42%)が連氏(28%)を上回り差は14ポイント。ただ態度表明
していない人も26%いる。

 一方、中部の台中市長選は、民進党新人で立法委員(国会議員)の林佳龍氏(50)が国民党現職
の胡志強氏(66)をリードする。台湾の首長の任期は連続2期までだが、胡氏は合併前の台中市長
も務めていたため、在任期間は13年に及ぶ。胡氏が「多選」批判を浴びて苦戦するのに乗じ、民進
党が国民党の牙城である中部切り崩しを狙う。

 「中部台湾の未来のために闘おう」。16日、台中市内の野外会場。民進党の台中市、彰化県、南
投県の各候補が集う大集会で、蔡英文主席が8万人(同党発表)の支持者を前に団結を呼びかけ
た。台北の政治評論家は「直轄2市を国民党が落とせば馬総統の責任問題につながりかねず、次期
総統選にも響く」と話す。

■ことば 台湾の統一地方選

 台北市や高雄市、12月に合併して直轄市に昇格する桃園市を含む6直轄市と16県市の計22自治体
で首長や地方議員を選ぶ。任期はいずれも4年。町内会長に当たる里長なども含め九つの選挙を同
時に実施し、選出対象は計1万1130人で史上最大規模となる。6直轄市では台北、台中以外の新北、
桃園、台南、高雄の4市はいずれも現職リードとみられている。将来の国民党の総統候補の呼び声
も高い新北の朱立倫氏(53)や、高い人気を誇る台南の民進党、頼清徳氏(55)は、いずれも現職
で再選を目指すが、自らの選挙区以外でも候補者の応援演説に引っ張りだことなっている。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●2014年・台湾ポンカンお申し込みフォーム【締切:12月5(金)】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a0mm6tpx6wtx

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

●台湾向け「りんご」お申し込みフォーム【締切:12月10日(水)】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/dn1z3wvoi8ma

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】 *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)*new
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円
・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」*new
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)

● 李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」お申し込み
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,