【地図帳問題】台湾政府が訂正を要求

【地図帳問題】台湾政府が訂正を要求
日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1>>【地図帳問題】 台湾政府が訂正を要求
   台湾の「民視新聞」や「自由時報」が本会の是正活動を紹介

 本会の小田村四郎会長は7月13日、今般の中学校教科書「地図帳」の検定において、本会
からの誤記訂正要望や県議会可決の意見書が反映されていないことを確認し、高木義明・
文部科学大臣、帝国書院、東京書籍にそれぞれ質問と要望書を送達した。

 また、小田村会長は7月20日、梅原克彦・常務理事(前仙台市長)と柚原正敬・事務局長
をともない、昨年7月に続き、地図帳問題の記者会見第2弾として文部科学省において記者
会見を開いた(詳細は本会HP参照)。

 これを受け、7月31日付の台湾の「民視新聞」がいち早く本会の動きを伝え、また8 月2日、
日本との窓口になっている外交部(外務省に相当)傘下の亜東関係協会(彭栄次会長)が
日本に訂正を要求し続けてゆくことを表明した。

 亜東関係協会の日本の出先機関である台北駐日経済文化代表処が機関誌「台湾週報」で
それを伝えているので下記にご紹介したい。また本会の是正活動を伝える「民視新聞」と
「自由時報」の記事も、その原文をご紹介したい。

◆ 民視新聞「日本教科書 列台灣為中國領土」(7月31日)
  http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/110730/11/2w03y.html

◆ 自由時報「教科書將台灣納中國 日不?我抗議」(8月3日)
  http://www.libertytimes.com.tw/2011/new/aug/3/today-p12.htm
—————————————————————————————–
外交部は台湾を中華人民共和国領と表記する日本の教科書の訂正を要求
【台湾週報:2011年8月3日】

 日本で台湾を中華人民共和国領として表記する地図を含む中学校教科書がこのほど日本
文部科学省の検定を通過し、今回の検定済み教科書が2012年から使用される問題に関して、
黄明朗・亜東関係協会秘書長が8月2日、外交部の定例記者会見で説明を行った。

 このなかで黄秘書長は、「この件については昨年7月より、駐日代表処から日本の交流協
会に厳正な懸念を伝達したほか、馮寄台・駐日代表が日本の『毎日新聞』に『教科書の台
湾表記に危惧』と題する寄稿文を発表し、日本側に表記を正すよう呼びかけた。また、外
交部は今年4月に交流協会台北事務所の今井正代表を呼び、抗議を申し入れた。しかしなが
ら現時点まで、日本側からの回答はない」と述べたうえで、外交部が今後も駐日代表処を
通じて日本側との交渉を続けていく方針を説明した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2>>【戸籍問題】 改正を求める声 ネット署名は491人に!

 日本李登輝友の会は7月25日、台湾出身者の戸籍の国籍表記が「中国」とされていること
を改め、「台湾」と表記することを求める署名を開始しました。7月27日からはネット署名
(オンライン署名)も始めています。

 日本李登輝友の会は2009年7月、在日台湾同郷会や在日台湾婦女会などの在日台湾人団体
や、多くの心ある日本の方々のご支援とご協力により、外登証問題を解決しました。

 在日台湾人の外登証の国籍は「中国」とされていましたが、入管法を改正し、平成24年
までに実施される在留カードの「国籍・地域」欄では「台湾」と表記されるようになりま
す。

 戸籍問題も、外登証問題とまったく同じです。外登証問題は法律改正という難しい問題
で、運動開始から改正まで9年もかかりました。しかし、戸籍問題の元凶は50年前の法務省
民事局長通達で、法改正ほど難しくはありません。国民から多くの声が法務省に届けば、
局長通達の出し直しは可能です。

 署名活動を始めるにあたり、ご本人はもちろん、関係者の方々からの「改正を求める声」
を募集します。オンライン署名をする際に書いていただいても結構です。

 戸籍を管掌する法務省民事局にお送りするとともに、日本李登輝友の会の公式メルマガ
『メールマガジン「日台共栄」』でもご紹介します。

◆ 戸籍問題のネット署名【締切:2012年1月31日】
  http://www.shomei.tv/project-1796.html
  *8月5日現在の署名数:491名

◆ 改正を求める声のお送り先
   E-mail:info@ritouki.jp

 ネット署名は本日現在で491名となっています。また、多くの方からネット署名の「コメ
ント欄」に「改正を求める声」を書き添えていただいています。下記に主なコメントを原
文のままご紹介します。ただし、実名を公表されている方も含め、お名前はイニシャルと
させていただきます。
—————————————————————————————–
改正を求める声【2】

● 台湾は中国ではないのだから正しく戻すことは当然のことです。
                             (東京都墨田区 S・K)

● 大いに賛成します。日台友好を!!
                             (長野県長野市 T・H)

● 何故にこれ程までに支那中国に媚びる必要が有るのだろうか?
(新潟県柏崎市 I・M)

● 日本国と精神や国益を共有する台湾国に礼にかなった形に是正せねばなりません。皆で
この動きを広めていきましょう!
(東京都荒川区 K・E)

● 人間性を含め、台湾は中国本土とは全く違います。台湾こそ真の友です。日本人とし
て、台湾を護ることのお手伝いをいたします。
(香港 W・S)

● 毎回、国籍を書くときに違和感を覚えます。中国大陸と政府も体制も違います。台湾の
人々を尊重してください。
(神奈川県横浜市 T・B)

● 妻は台湾人です。私の住む習志野市は今年からやっと(住民基本台帳で)国籍を台湾と
表記するようになりましたが、戸籍は中国と書かれています。私はよりにもよって中国
人なんかと結婚はしていません。配偶者の国籍表記は国民にとって重大な問題な事も多
く、個人的なイデオロギー的にも許せない事です。改正を強く求めます。重ねて言いま
すが、私の妻は台湾人であり中国人ではありません。
(千葉県習志野市 K・T)
―――――――――――――――――――――――――――――――

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,