韓國瑜氏が中国国民党の総統選挙公認候補に決定 郭台銘氏は出馬を模索

韓國瑜氏が中国国民党の総統選挙公認候補に決定 郭台銘氏は出馬を模索
7月28日、中国国民党は党大会を開き、予備選の世論調査で圧勝した韓國瑜氏を総統選挙の公認候補に決定した。この党大会では「現職の総統が党主席を兼任することを定めた党規約を改正した。韓氏が当選しても呉氏が党主席に留任できるようにすることで、党を挙げて総統選を戦える態勢を整えた」(産経新聞)という。

 これでいよいよ総統選挙の幕開けかと思われたが、「二度と経営に戻らない」と宣言して予備選に臨むも惨敗を喫した郭台銘・前鴻海精密工業董事長は、いまだに出馬を模索しているという。

 台北市長の柯文哲氏も出馬も取り沙汰されていて、郭台銘氏とのタッグも予想されているが、日本経済新聞は「柯氏は郭氏本人からの接触は否定しつつ、『まだ(郭氏側は)こちら側の質問に答えていない』とも発言し、連携に向け条件交渉をしていることを示唆した」と伝えている。産経新聞も「郭氏は、9月初めに出馬の是非を判断すると表明している無所属の柯文哲(か・ぶんてつ)台北市長(59)とも連絡を取って」いると報じている。

 7月25日に緑党と三立新聞が発表した世論調査「明日が総統選挙投票日だとすれば誰に投票するか」によれば、民進党の蔡英文氏と中国国民党の韓國瑜氏の一騎打ちでは蔡英文氏に凱歌があがった。

・蔡英文:43.7% 韓國瑜:39.6%

 しかし、柯文哲氏が加わる三すくみ状態と柯文哲氏と郭台銘氏がペアを組んだとすれば、蔡氏と韓氏はまったく同率の上、柯氏と5.4ポイント、柯・郭ペアに至っては2.2ポイントの差しかなく、誤差の範囲まで縮まる結果となっている。11月半ば過ぎに始まる総統選は接戦中の接戦が予想される。

・蔡英文:30.0% 韓國瑜:30.0% 柯文哲:24.6%

・蔡英文:29.5% 韓國瑜:29.5% 柯・郭ペア:27.3%

 韓國瑜氏は党大会後の演説で「中華民国を守るのか、それとも滅ぼすのか」と檄を飛ばしたそうだが、元駐日台湾大使の許世楷氏は「台湾の場合、政権交代は単なる政権交代ではなく、祖国交代につながる」と喝破している。


鴻海の郭氏、台湾総統選 なお出馬模索か 国民党大会を欠席 SNSで存在感アピール【日本経済新聞:2019年7月28日】

 【台北=伊原健作】2020年1月の台湾の次期総統選を巡り、対中融和路線の最大野党・国民党が28日に党大会を開き、韓国瑜・高雄市長を公認候補として正式決定した。独立志向を持つ与党・民主進歩党から再選を目指す蔡英文総統と対決する。ただ予備選で韓氏に敗れた鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘(テリー・ゴウ)前董事長も出馬を模索しているとみられ、国民党陣営には分裂への危機感もにじむ。

 「団結し、無能な蔡政権を引きずり降ろすぞ」。韓氏が北部・新北市内で開いた党大会で気勢を上げると、集まった党員から「当選だ!」と大合唱が起こった。韓氏は公認候補を決める党内予備選の世論調査で、2位の郭氏らに17ポイント以上の大差をつけて圧勝した。「庶民総統」を掲げ、経済格差の拡大に不満を抱く層の支持をテコに民進党からの政権奪取を狙う。

 ただ党大会での党員の演説からは「団結しなければ絶対に勝てない」などと危機感もにじんだ。郭氏が離党して無所属から出馬すれば陣営が分裂し、蔡氏側に有利になる。郭氏は「海外にいる」としてこの日の党大会に姿を見せず、「団結」に向け課題がある現状が鮮明になった。

 郭氏は総統選に集中するため6月に鴻海の経営トップを退き、「二度と経営に戻らない」と宣言した。予備選での敗北後も総統選からの撤退を一切明言せず、SNSでは予備選で掲げた0〜6歳の子どもを「国家負担で養育する」などの自身の政策を訴え続けている。活発な情報発信で存在感を維持し、出馬を模索しているとの見方が強い。

 台湾メディアによると、郭氏の陣営幹部は郭氏が8月上旬に台湾に戻り、今後について態度を表明する可能性があると明らかにした。

 郭氏の出馬に向けては複数のシナリオが浮上する。無所属から出馬すれば陣営分裂で国民党が不利になる。そのため党公認候補の韓氏が選挙戦で失言して人気が低下した際などに、代替の公認候補者になることを狙っているとの見方がある。前回の16年の総統選では、国民党は投開票3カ月前の15年10月に不人気な公認候補者を交代させた経緯がある。

 また、総統選出馬が取り沙汰されている無所属の台北市長、柯文哲氏と連携するとの見方もある。柯氏は郭氏本人からの接触は否定しつつ、「まだ(郭氏側は)こちら側の質問に答えていない」とも発言し、連携に向け条件交渉をしていることを示唆した。

 香港で中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡るデモが拡大し、反中的な感情が高まっているのを受け、台湾でも対中警戒感が広がる。中国と距離を置く民進党の蔡氏に追い風が吹いており、郭氏も自身が出馬することで蔡氏を利する展開は避けたいとみられ、出方を見極めている。総統選の構図が固まるまでには曲折が予想される。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,