東北6県の知事らが力を合わせ8月23日に台湾トップセールスを実施

東北6県の知事らが力を合わせ8月23日に台湾トップセールスを実施
明日(8月23日)、東北6県の首長らが一緒に台湾でトップセールスを行う。これは、東北観光推
進機構が主催する「台湾・日本東北 交流懇談会2016」の呼び掛けに応じたもので、「東北6県及
び新潟県、仙台市と東北観光推進機構及び東北の主な経済団体の代表、観光・旅行団体の代表等、
官民トップが一体となって台湾を訪問し、台湾の観光・旅行団体や航空会社のトップ並びに台湾政
府関係者との交流・懇談を通じて誘客PR活動をおこなうとともに、東日本大震災の支援に対する
感謝を表する」ことを目的として実施されるという。

 参加する知事は、三村申吾・青森県知事、達増拓也・岩手県知事、村井嘉浩・宮城県知事、佐竹
敬久・秋田県知事、吉村美栄子・山形県知事、内堀雅雄・福島県知事の代理として鈴木正晃・副知
事の6人。これに仙台市の奥山恵美子市長と新潟県副知事が加わるという。

 本年4月4日、東北地方の観光活性化策や今後の課題などを話し合う「観光で東北を元気にするシ
ンポジウム」が仙台市青葉区の仙台国際センターで開かれ、宮城県の村井知事から東北6県が一丸
となってのトップセールスが提案された。当日の模様を毎日新聞が下記のように伝えている。

<第2部では、東北6県の知事が観光振興の課題を話し合った。秋田県の佐竹敬久知事は「交通イン
フラの整備と、東北全体で大きなアピールポイントを打ち出すことが重要だ」と強調。山形県の吉
村美栄子知事は「雪を見ると東南アジア人は感動する。東北の夏祭りを巡るツアーは既にあるが、
冬の雪祭りこそ連携すべきだ」と述べた。

 青森県の三村申吾知事は3月に開業した北海道新幹線について触れ、「新幹線や在来線、飛行
機、船などを組み合わせた『立体観光』という考え方で、各県を周遊するモデルを作ろう」と提
案。宮城県の村井嘉浩知事が「7月に民営化する仙台空港の着陸料が下がれば、定期便が増えて
もっと東北に外国人が来る。6県が一緒にPRしていくことを今日誓い合いませんか」と呼びかけ
ると、会場から拍手が起こった。>(2016年4月5日付「毎日新聞」)

 ちなみに、東北観光推進機構会長でJR東日本の清野智(せいの・さとし)取締役会長は一昨年
7月に李登輝元総統が仙台市を訪問したとき、村井嘉浩・宮城県知事とともに歓迎会に参加、高校
の後輩に当たる梅原克彦・元仙台市長の本会常務理事などと親しく歓談している。

 また村井知事も、仙台空港まで李元総統をお見送りし、空港貴賓室で相沢光哉・前宮城県議会議
長や嶋津紀夫・本会宮城県支部長、本会の梅原常務理事などと約1時間にわたって懇談した。

 昨日の本誌で、水戸、宇都宮、前橋、高崎の4市が台湾人観光客向け共通パンフレットを作成す
ることをお伝えしたときに「県単位ではなく北関東という枠組みで行うことは、何とも画期的で素
晴らしい試み」と記したが、東北6県に新潟県を加えた枠組みもまた画期的な試みだ。

 北関東も東北6県+新潟県も、いずれも東北新幹線や北陸新幹線の開業により、グッと距離感が
縮まったからこそ実現できた新しいフレームだが、なにより台湾に目を向けたことに拍手を送りた
い。来日観光客の多さで1位の中国と2位の韓国ではなく、3位の台湾に目をつけたところが慧眼
だ。一時的な誘客ではなく、東北の良さをよく分かって何度でも足を運ぶのが台湾の人々だ。台湾
はこの期待を裏切らないだろう。


〜台湾トップセールス事業〜 「台湾・日本東北 交流懇談会2016」 の実施について
【東北観光推進機構:2016年8月18日】

 東北観光推進機構(会長:清野智・東日本旅客鉄道株式会社 取締役会長)は、下記のとおり、
台湾台北市において、台湾トップセールス事業「台湾・日本東北 交流懇談会2016」を開催いたし
ますのでお知らせいたします。

 当機構は、本年4月4日にJR東日本と共同で開催した「観光で東北を元気にするシンポジウム」の
中で、東北各県知事に御賛同いただきました台湾トップセールス事業について準備を進めて参りま
した。本事業では、台湾と東北地方の双方向交流の更なる拡大を目指し、東北6県及び新潟県、仙
台市と東北観光推進機構及び東北の主な経済団体の代表、観光・旅行団体の代表等、官民トップが
一体となって台湾を訪問し、台湾の観光・旅行団体や航空会社のトップ並びに台湾政府関係者との
交流・懇談を通じて誘客PR活動をおこなうとともに、東日本大震災の支援に対する感謝を表するこ
とを目的として実施いたします。

                      記

(1)名 称

 台湾・日本東北 交流懇談会2016

(2)日 程

 2016年8月23日(火)
  11:00〜13:00 交流懇談会
  13:00〜15:00 昼食会

(3)場 所
 シェラトン・グランデ・タイペイ・ホテル(台北喜來登大飯店)

  交流懇談会 B2F Joyful Ballroom「福廳」
  昼食会   B2F Happiness Room「喜廳」
  住所:台北市忠孝東路一段12号
  TEL:(02)23215511

(4)内 容

 11:00〜13:00
 1)東北観光推進機構会長あいさつ
 2)台湾側代表あいさつ
 3)日本東北PR(プロモーション動画上映)
 4)各県知事、副知事あいさつおよび観光PR
 5)記念品贈呈及び記念撮影
   ※終了後メディア対応

 13:00〜15:00
 昼食会(台湾側、日本東北側出席者双方による懇談)

(5)参加者

【台湾側】
 亜東関係協会幹部、中華民國工商協進会幹部、(公財)交流協会幹部、中華民國交通部民用航空
 局幹部、中華民國交通部観光局幹部、台湾観光協会幹部、中華民國旅行商業同業公會全國聯合會
 幹部、台北市旅行同業公会幹部、航空会社(チャイナエアー、エバー航空、復興航空、タイガー
 エア台湾、日本航空台湾支店、全日空台北支店)幹部(8団体・6社を予定)

【東北側】
 青森県知事、岩手県知事、宮城県知事、秋田県知事、山形県知事、福島県副知事、新潟県副知
 事、仙台市長、東北経済連合会会長、東北六県商工会議所連合会副会長、日本旅行業協会東北支
 部長、日本観光振興協会東北支部長、東北観光推進機構会長、東北観光推進機構専務理事(13団
 体を予定)

(6)台湾政府関係個所への表敬訪問

 昼食会終了後、台湾総統府ならびに台湾立法院を表敬訪問し、台湾と東北6県及び新潟県との相
 互交流の拡大に向けた協力をお願いするとともに、東日本大震災の支援に対する感謝を申し上げ
 ます。

 1)台湾総統府 16:00〜16:30頃を予定
 2)台湾立法院 16:50〜17:20頃を予定

   ※表敬訪問の時間は変更となる場合がございます。

(7)関連実施事業

 1)日本政府観光局(JNTO)事業

   台中・高雄旅行会社向け東北観光セミナー事業(BtoB)

   <台中会場>
   日時:8月23日(火)15:00〜17:00
   場所: 台中市 スプレンダーホテル台中

   <高雄会場>
   日時:8月24日(水)15:00〜17:00
   場所: 高雄市 アンバサダーホテル高雄

   ※旅行会社(合計約50社)を対象に旅行商品造成を促進するためのセミナーを開催

2)東北運輸局と東北観光推進機構の連携事業(ビジットジャパン地方連携事業)

 台中における現地旅行会社と連携した一般のお客様向け東北観光セミナー事業(BtoC)

 日時:8月27日(土)
    1回目 10:30〜12:00
    2回目 13:30〜15:00
 場所: 台中市 スプレンダーホテル台中

 ※一般のお客様(約100名)をお招きし、東北の観光PRを通じて旅行機運の向上を図るためのセ
  ミナーを開催

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*現在、パイナップルケーキの在庫が切れご迷惑をお掛けしております。入荷は9月中旬となる予
 定です。【2016年8月10日】

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,