内田勝久・前「台湾大使」が癌のため7月29日に逝去

内田勝久・前「台湾大使」が癌のため7月29日に逝去
告別式は8月8日午後1時、青山葬儀所で斎行  

 7月29日、台湾大使(財団法人日本交流協会台北事務所長)を務めた内田勝久(うちだ
 かつひさ)氏が前立腺癌のため逝去された。享年69。

 内田大使はイスラエル、シンガポール、カナダの各大使を歴任して外務省を退官。そ
の後、2002年(平成14年)から2005年(同17年)の3年間、日本交流協会台北事務所長と
して台湾に赴任し、歴史に残る日台交流を推し進められた。

 李登輝前総統の来日実現(2004年12月)、天皇誕生日レセプションの開催(2003年12
月)、台湾人への叙勲(2004年4月)、愛知万博における台湾人観光客のノービザ実現
(2005年3月)など挙げれば切がない。交流協会台北事務所に前陸将補の長野陽一氏が主
任として着任したのは2003年1月だったが、日本の自衛隊関係者が台湾に駐在するのは断
交以来初めてのことだった。

 内田大使は台湾が中国の領土の一部ではないことを、具体的な形で次々と実現してい
かれた。その象徴が天皇誕生日レセプションである。これは台湾を「統治の実態」と見
做さなければできない措置である。

 大使として台湾でやってきたことや、日本にとって台湾がいかに大事なところである
かについては、病魔をおして入院先でも執筆した『大丈夫か、日台関係−『台湾大使』
の本音録』(平成18年5月、産経新聞出版)に詳しく書かれている。

 内田大使はその本の「まえがき」で、次のように断言された。

 「私は独断と偏見の謗りを甘んじて受けつつ、政治、経済、文化、人的交流その他あ
らゆる面で台湾が上記三カ国のいずれに較べても『大使』として、勤務しがいのある国
であったことを断言したい」

 台湾から帰国後、さらに日台友好関係を促進させたいと、内田大使は真美子(まみこ)
夫人ともども日本李登輝友の会に正会員として入会された。現在も会員である。帰国直
後の平成17年6月には、機関誌『日台共栄』で「私の『台湾体験』とこれからの日台関係」
と題してインタビューさせていただいた。内田大使の飾らないお人柄を知りえた意味で
も思い出深い出来事だった。

 内田大使は、台湾を「極めつきの親日国家」と述べ、「日台両国は運命共同体と言っ
てよいくらい強い絆で結ばれている」と公言された数少ない外務省出身者であった。日
台関係の基盤は内田大使のご尽力によって磐石とはなったが、国交正常化までに積み上
げていかなければならないことは山ほどある。そのためにも、内田大使には日本全国を
周って日本人を覚醒していただきたいと願っていたが、それももはやできなくなった。
本当に惜しい方を亡くしてしまった。

 内田勝久大使のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福
をお祈りいたします。

 平成19年7月31日

                 日本李登輝友の会常務理事・事務局長 柚原正敬


内田勝久(うちだ かつひさ) 昭和13年(1938年)、東京生まれ。同36年(1961年)、
東京大学法学部卒業後、外務省に入省。ロンドン総領事、経済局次長、防衛庁国際参事
官を経て、イスラエル、シンガポール、カナダ大使として活躍。外務省退官後、2002〜
2005年の3年間、財団法人交流協会台北事務所長を務める。


【7月30日 読売新聞夕刊】
内田勝久氏(うちだ・かつひさ=元カナダ大使)29日、前立腺がんで死去。69歳。告別式
は8月8日午後1時、東京都港区南青山2の33の20青山葬儀所。自宅は世田谷区奥沢1の24の6。
喪主は妻、真美子(まみこ)さん。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,