【誤字のため再配信】台湾地方統一選挙について

【誤字のため再配信】台湾地方統一選挙について
【誤字のため再配信】台湾地方統一選挙について

「台湾の声」編集長 林 建良

11月26日に行われた台湾統一地方選挙。
結論から言うと与党民進党の大敗。
蔡英文政権の支持率は50%を超えていて、
経済も好調。

本来勝てる環境が整っているのに、なぜ与党民進党は大敗したのか。

1.トップダウン人選に対する党内の反発

本来民進党は予備選挙を得てから公認するのだが、今回の人選は実質的に蔡英文総統に一任。
蔡英文は外交と国防の分野ではとても素晴らしいリーダーシップを発揮しているが、
党内の権力分配と地方勢力の権力分配に全く無関心。
それにより民進党は一致団結していない。
民進党内にもおごりと慢心があった。

2.政策論争よりもネガティブキャンペーン

今回の選挙は国民党も民進党もほぼネガティブキャンペーン。
民進党の一番の支持者は台湾の若者。
今回の選挙、若者はほぼ動かなかった。
2020年の総統選挙のように、自分の出身地に戻って投票する動きもなかった。
それは若者がネガティブキャンペーンに嫌気をさしていると同時に、
今回は若者にとってはとても魅力のない選挙であった。

今回の選挙結果、

大きく勝利した国民党は勢いがつく。
外国から見ると親中派が台湾派に勝ったという見方をされる。

今回の選挙後の動きはどうなるか。

1.蔡英文の影響力が低下。

蔡英文の内政面でのレームダック化。ポスト蔡英文が今日からスタート。
蔡英文が民進党党主席を辞任する可能性も。

2.頼清徳が2024年民進党の総統選挙候補になる確率が上がった。

蔡英文は党内での影響力低下により、意中にしていた候補陳建仁前副総統と鄭文燦桃園市長が選ばれる可能性が下がった。

今回の選挙で民進党は一時的に混乱する。
そして国民党は勢いづく。
国民党は勢いがあるうちに24年の総統選挙に臨んでくる。
民進党は内部闘争をする余裕がなく一致団結する可能性が高い。

民進党の今回の大敗は決して悪い結果ではない。
反省をきちんとしているのであれば。


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://m.facebook.com/taiwannokoe?_rdr

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

YouTube『Taiwan Voice』藤井厳喜 x 林建良 
※ぜひチャンネル登録をお願いいたします
https://www.youtube.com/channel/UCTzfqkSSN_86JN2yidU2lhQ

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

タグ: , , , , , , , , ,