タグ: 桐生

【祝】 群馬県と彰化県が「経済友好協力協定」を締結

9月14日、日本を訪問中の魏明谷・彰化県長が群馬県の大澤正明・知事を訪問し、彰化県と群馬 県との経済友好協力協定を締結しました。「台湾週報」の記事を下記に掲載します。  実は、群馬県と彰化県は3年前の2012年12月17

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

日本人最後の台南市長・羽鳥又男─上州人の「義理」台湾で貫く  手島 仁

昨年(2011)年の1月3日から毎週月曜日、東京新聞の群馬版が「手島仁の『群馬学』講 座」を連載しはじめ、それは現在も続く長期連載となっています。  この『群馬学とは』は、文化運動としての「群馬学」を提唱し、そのグランド

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

手島仁氏が東京新聞(群馬版)連載で「台湾図書館の父」「基隆聖人」石坂荘作を紹介

「台湾図書館の父」「基隆聖人」石坂荘作─台湾初、夜間教育機関を創設  労作『群馬学とは』の著者で群馬県立歴史博物館学芸員の手島仁(てしま・ひとし)氏 は、今年の1月3日から毎週月曜日、東京新聞の群馬版に「手島仁の『群馬学

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

手島仁氏が東京新聞(群馬版)連載で「台湾紅茶の父」新井耕吉郎の事績を紹介

台湾紅茶の父・新井耕吉郎─台湾大地震を機に再び脚光  労作『群馬学とは』の著者で群馬県立歴史博物館学芸員の手島仁(てしま・ひとし)氏 は、今年の1月3日から毎週月曜日、東京新聞の群馬版に「手島仁の『群馬学』講座」を連 載

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

手島仁氏が東京新聞(群馬版)連載で羽鳥又男に続き羽鳥重郎の事績を紹介

羽鳥重郎博士と台湾の風土病─熱病研究に生涯ささげる  以前、本誌(昨年8月19日発行、第1234号)で紹介した『群馬学とは』を著した群馬県立 歴史博物館学芸員の手島仁(てしま・ひとし)氏は、今年の1月3日から毎週月曜日、

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【羽鳥又男】日本人最後の台南市長

【羽鳥又男】日本人最後の台南市長 昨年8月30日の本誌で紹介した『群馬学とは』を著した群馬県立歴史博物館学芸員 の手島仁氏は現在、東京新聞の群馬版に「手島仁の『群馬学』講座」を連載して いる。 『群馬学とは』の紹介のとき

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】手島仁著『群馬学とは』

【良書紹介】手島仁著『群馬学とは』 ■著 者:手島 仁 ■書 名:『群馬学とは』 ■版 元:朝日印刷工業 ■体 裁:A5判、並製、280頁 ■発 行:2010年6月8日 ■頒 価:1,800円(税込) ■取扱い:群馬県立

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

良書紹介―手島仁著『群馬学とは』

■著 者:手島 仁 ■書 名:『群馬学とは』 ■版 元:朝日印刷工業 ■体 裁:A5判、並製、280頁 ■発 行:2010年6月8日 ■頒 価:1,800円(税込) ■取扱い:群馬県立歴史博物館ミュージアムショップ 地方

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
Top