タグ: 宮崎

――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(6)上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

【知道中国 1988回】                      一九・十一・念一 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(6) 上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)  宮崎の“異文化体験”は

タグ: , , , , , , , ,

――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(5)上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

【知道中国 1987回】                      一九・十一・仲九 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(5) 上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)  いまから100年前の大

タグ: , , , , , , , , , , ,

静岡県の台湾事務所開設6周年 日台双方にメリットある交流こそ持続

静岡県が台北市内に駐在員事務所「ふじのくに静岡県台湾事務所」を開設したのは、2013年4月22日のことで、都道府県レベル初めてのことでした。昨日でちょうど6年を終え、本日からは7年目に入っています。  同事務所の宮崎悌三

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(12)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1839回】                      一九・一・初六 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(12) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)  諸橋やら宮

タグ: , , , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(11)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1838回】                      一九・一・初四 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(11) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)  諸橋の観察

タグ: , , , , , , ,

【祝】 鳥取県と台中市が昨年10月23日に「観光交流協定」締結

鳥取県と台湾台中市との観光交流協定締結【鳥取県ホームページ:2017年10月24日】http://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/F078807119EB0BE94

タグ: , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(11)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1786回】                       一八・九・初九 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(11) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)  杭州から引き返した上海で、徳富は3人の

タグ: , , , , , , , ,

中国は台湾の世論を理解して政策を練り直せ  宮崎日日新聞「社説」

どこにも炯眼の士はいる。本日の「宮崎日日新聞」の社説を読んでの感想だ。社説は、蔡英文政権がはじまってからの中国による台湾への圧力の事例の数々を挙げ、このような「中国の露骨な手法は台湾の人々の中国離れを加速させるだろう」と

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(14)中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政敎社 大正四年)

【知道中国 1758回】                       一八・七・仲一 ――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(14) 中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政敎社 大正四年)  敢えて言

タグ: , , , , , , , , , , ,

――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(3)中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政�社 大正四年)

【知道中国 1747回】                       一八・六・仲八 ――「支那人は巨人の巨腕に抱き込まるゝを厭はずして・・・」――中野(3) 中野正剛『我が觀たる滿鮮』(政�社 大正四年)  たしかに車

タグ: , , , , , , ,
Top