李登輝元総統の側近から見た「香港」と「台湾」  早川 友久(李登輝元総統秘書)

李登輝元総統の側近から見た「香港」と「台湾」  早川 友久(李登輝元総統秘書)
【WEDGE infinity:2019年7月13日】http://wedge.ismedia.jp/articles/-/16785

 台湾のニュースでは対極的な二つの光景が流されていた。

 ひとつは香港での「反送中デモ」、もうひとつが台湾で起きたエバー航空労組によるストライキだ。

 かたや、刑事事件の容疑者(外国人を含め)を中国へ移送することが可能になる「逃犯条例」(容疑者引渡条例)の可決を阻止するため、すなわち自由と司法の独立を守るために市民が立ち上がったデモであった。

◆民主化がもたらした「自由の苦い味」

 発端は6月9日だった。翌週には「逃犯条例」の改正審議を翌週に控え、香港では大規模デモが起きたのだ。2014年、台湾でのヒマワリ学生運動に感化されたかのように香港で起きた民主化堅持を求める「雨傘運動」は、結果的には警察による強制排除などもあって尻すぼみのような結果に終わってしまったが、今回のデモでは主催者発表で100万人以上が参加する前代未聞の規模だった。

 香港同様、中国が併合の野望を隠さない台湾でも「今日の香港は、明日の台湾」と言われるように、香港が陥落すれば中国は続いて台湾にも魔の手を伸ばしてくるという危機感が強い。そのため、皮膚感覚では、日本での報道に比べ、関心の高さもニュース量も台湾が格段に多いように感じる。大手テレビ局は各局がカメラマンやリポーターを派遣して香港から直接映像を送ってくる。

 翌週、香港の議会にあたる立法会を囲んだ数万人のデモ隊と警察が衝突。警察は催涙スプレーやゴム弾で制圧を進めたため、負傷者が続出した。ゴム弾が顔面にあたり失神したり、目から出血する参加者の姿が台湾のテレビニュースでは大きく流されていた。

 一方、エバー航空のストライキは、台湾社会ではほとんど同情や支持を得られぬまま終結してしまった。会社側も、客室乗務員や地上職員で構成された労組の待遇改善要求をほぼ撥ね付ける姿勢を貫いたため、労組の敗北といってよい結果だった。にもかかわらず、市民から冷たい眼差しを投げかけられるのは、彼女たち(ストライキに参加していたのはほとんど女性従業員)が一般的には、かなり恵まれた給与水準を得ていながら、それでもなおより高い待遇を要求したことが挙げられる。

 台湾の行政院主計総処が公表しているデータを見ると、30代から40代の平均月給は4万元前後(日本円で約14万円)にとどまっているところ、年齢にもよるが、エバー航空の客室乗務員だと搭乗手当などを含めれば倍以上の水準の待遇を得ている場合が多い。そうした客室乗務員は高給、という実情は結構知られているので、私の周囲でもストライキを支持するどころか「まだ欲張るのか」と不快感を示す台湾人が多かった。結果、ほぼ3週間近くにわたるストライキによって多くの便が欠航になり、なんと1440便が欠航。ドル箱といわれる日本線でも多くの欠航が出たようだ。

 私は香港と台湾というこの二つの光景を見比べて、台湾の民主化がもたらした「自由の苦い味」を感じずにはいられない。

◆「公」のために戦った香港の人々

 香港の人々は自由と司法の独立のために戦った。1997年に英国から返還されて以来、少なくとも50年は「一国二制度」のもとで自由が保証されるはずだった。しかし、その繁栄は年を追うごとに中国による締め付けで空手形となり、今や自由や民主、人権が大きく阻害される事態となっている。

 今回問題となっている「逃犯条例」だが、これは外国人だからといって例外ではない。日本人が香港の風景を写真におさめようと、カメラを向けた瞬間、「軍事施設を撮影しましたね」「スパイ行為にあたる」と拘束される事態が起きないと誰が言えるだろう。いったん拘束されたが最後、中国に送致されて中国側の描いたストーリーに則っていわば「人質」にされるのである。

 伊藤忠商事の社員が拘束されいまだに釈放されていないことや、温泉調査を行っていた地質調査会社の社員が「中国の国家機密を窃取し国外に違法に提供した罪」として懲役15年の実刑判決(加えて罰金)を言い渡されたニュースが、まさに香港を訪れる日本人の身に降りかかる可能性さえあるのだ。「中国の国家機密を窃取し国外に違法に提供した罪」と言っても、中国の刑法111条には国家機密が何たるかの例示列挙さえない。つまり、何が罪になるかを決めるのは中国自身だ。まさに「非法治国家」の恐ろしさである。

 電車を待っているとき、ショッピングに夢中になっているとき、あなたのリュックのポケットに禁止薬物の入った袋をそっと放り込むことはたやすいだろう。街角で「ちょっと見せてくださいね、これは何ですか」で、もはや人生が終わりだ。あなたは「知らない、私のではない」と言うだろう。「捕まるとみんなそう言うんですよ」と返され、中国での裁判を待つ身となる。

 そうした状況が刻一刻と近づいていることを香港の人々は敏感に感じ取ったのだろう。この「逃犯条例」改正を通してはならないと立ち上がった。まさに自由や司法の独立といった「公」のためである。流血や暴力などの惨事もあったが、結果的に香港行政のトップである林鄭月娥氏は条例改正の延期を表明した。ただ、香港の人々は「完全撤回」を求め、この原稿を書いている7月11日現在でもデモを続けている。

◆「自由」の意味を履き違えた人々

 対するエバー航空のストライキだが、前述のとおり、こちらも7月11日で収束した。エバー航空の従業員からすれば、確かに会社側に改善を求める大義もあったのだろう。しかし、彼女らが置かれた立場は、台湾社会においては比較的というよりはかなり恵まれた立場であった。そしてストライキのために、多数の便が欠航となり多くの人々がスケジュールを狂わされた。

 チャイナエアラインのストライキのときに繰り返し流された映像に、ある老婆が号泣しながら「初めて孫と海外旅行に行くのを楽しみにしていたんだ。なんとか飛ばしてくれ」と職員に頼み込む姿があった。もちろん労働者としての権利が保障されるべきことは重々承知しているが、ストライキ決行によって多くの人々に迷惑をかけるだけでなく、傷つけることさえあったことを肝に銘じるべきだろう。結局は「私」のために行動し、ストを決行したことが、台湾の人々から不興を買う結果になってしまった。

 LCCも多数就航し、飛行機がもはや一部のビジネスマンや経済的に余裕のある人々が利用するものではなくなった今、航空会社は公共交通機関とほぼ同様の社会的責任を有するようになったことに気づくべきだ。

 台湾は今や完全な民主主義を得たと言っていいだろう。しかし、民主主義イコール恣意的な自由ではない。責任と義務を踏まえてこそ権利と自由を主張する「権利」が生まれるのだ。台湾が民主化されたことは100%称賛すべきことであるが、民主化が定着した現在、「公」ではなく「私」を優先する一部の人々の行為には失望する。

◆李登輝が大切にする「公」の精神

 ここで、その台湾民主化を進めた「張本人」たる李登輝の考えを紹介したい。2014年に「ヒマワリ学生運動」が勃発したとき、私もそばにいて逐一経緯を見守ってきた。日本時代に徹底的な日本精神を身につけ「日本人が理想とした日本人になろうとした」李登輝は、「公」と「私」を厳格に峻別していたが、自身が総統を退任しても、台湾の人々、とくに若者たちが「公」のために尽くすことを大いに称賛してきた。

 2014年3月18日、サービス貿易協定の密室協議に抗議した学生を中心とする若者たちは立法院を占拠した。そして、3月30日には、総統府前でサービス貿易協定締結反対のデモを行った。台湾の歴史上例をみない50万人(主催者発表)という人々が総統府前広場を埋めたのである。

 実はこの日のデモ実施を聞くや、李登輝も「私も参加する」と言い出したことがあった。その気持も分かるものの、ただ、当時は体調が万全ではなかった。そのため、二人の娘と孫娘に「まだ風邪が完全に治ってないでしょう。そのかわり私たちが行くから」と諭され、思いとどまったという経緯があったのだ。体調が悪いのは承知のことながら、「公」のために尽くす人々を見て、自分も居ても立ってもいられなかったのだと思う。

 当時、李登輝はこんなことを言っていた。このヒマワリ学生運動は「国民こそが国家の主人であり、台湾の未来は台湾人によって決められるものだということを若者たちが実践躬行で示した。彼らは台湾の誇りだ」と。

 台湾の民主化が始まって20年以上。ヒマワリ学生運動からも5年が経った。台湾の民主化を守り、かつ台湾が中国とは別個の存在として自由と繁栄を謳歌するならば、いま一度、李登輝が身につけていた「公」の精神を取り戻すべきだろう。

              ◇     ◇     ◇

早川友久(はやかわ・ともひさ)1977年(昭和52年)6月、栃木県足利市生まれ。現在、台湾・台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業後、金美齢事務所の秘書として活動。2008年に台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に3度の李登輝訪日団スタッフとしてメディア対応や撮影スタッフを担当。2012年12月、李登輝元総統の指名により李登輝総統事務所秘書に就任。共著に『誇りあれ、日本よ─李登輝・沖縄訪問全記録』『日本人、台湾を拓く。』など。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

● 2019年:特選台湾産アップルマンゴーお申し込み【締切=7月18日】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/j1nloiu8pdbz

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,