李登輝『「武士道」解題』を読む  阿川弘之VS井尻千男

李登輝『「武士道」解題』を読む  阿川弘之VS井尻千男
上で記しましたように、阿川弘之氏は井尻千男氏と『季刊 日本文化』(第13号、拓殖大学日本
文化研究所、平成15年7月10日発行)で、李登輝元総統の著書『「武士道」解題』をテーマに対談
されています。

 いささか長いのですが、ここに全文をご紹介します。掲載にあたり、漢数字を算用数字に直した
ことをお断りします。


李登輝『「武士道」解題』を読む

阿川 弘之(作家・日本李登輝友の会会長)
井尻 千男(拓殖大学日本文化研究所所長)

◆海軍の基礎教育を台湾で

井尻 阿川さんは、日本李登輝友の会の会長に就任しておられます。その李登輝さんが、最近
 『「武士道」解題』という素晴らしい本を出されました。今日は、この『「武士道」解題』や李
 登輝さんのことについて伺いたいと思います。

  最初に、阿川さんは、もともと台湾とはどういうご縁だったのですか?

阿川 台湾で海軍の基礎教育を受けたんです。

井尻 あ、そうでしたか。

阿川 昭和17年10月初めに、船で台湾へ連れていかれて、いわゆる予備学生として、高雄の少し南
 にある東港の、何というのかな、入江みたいなところがありましてね。そこは海軍が世界に誇る
 飛行艇の基地だったんです。

  ところがその飛行艇が全部ソロモン方面に出払っちゃって、部隊が空き家になっている。それ
 で、僕たちは飛行機の専門じゃないんですけれども、そこで基礎教育を受けることになった。い
 までも東港会というクラス会があるんです。だから、とても懐かしい土地でして。

井尻 李登輝さんは、陸軍少尉で終戦でしたね。

阿川 そう。僕より3つくらいお若いんじゃないかな。

◆「年号は昭和で言わないと分からないよ」

井尻 戦後は?

阿川 ずっと行く機会がなかったんですが、いまから30年近く前、戦後20数年経ってようやく行っ
 たんですよ。戦争中、海軍の少年工だった台湾人ビジネスマンに―今でも付き合いがありますけ
 れども―、アテンドしてもらって、東港にも連れていってもらった。

井尻 懐かしかったでしょう。

阿川 ええ、それはもう、本当に印象深かった。台湾の人たちが日本人の僕に対して、大変な親し
 みを示してくれるんです。

  特に陳さんというそのビジネスマンは、馬公(澎湖島)の工作部の少年工だったのね。利発な
 子供で、海軍士官たちに大変可愛がられた。天長節とかお祝いというとお赤飯が出る。だから70
 になってもお赤飯が大好物でね、うちへ来ると家内が今もお赤飯を出すんです。

  大変な海軍贔屓で、馬公へ入る駆逐艦から何から名前も形も全部知っていた。ところが日本は
 敗けた。失意の時代が来て、山に上がって馬公の港を見ていたら、港に駆逐艦「雪風」そっくり
 の船が入っている。スパイ容疑を受ける危険をおかして、蒋介石政権の軍港の中へ忍び込んでみ
 た。するとやはり、錆が浮かんでいるけれども、まさにほんものの「雪風」なんです。ようする
 に戦後中華民国海軍に渡されたわけですよ。それを知らないからびっくりしちゃってね。「雪風
 の錆は君の涙だ」という詩を作った。そういう大変な日本贔屓のビジネスマンなんですね。

  彼が台湾を案内してくれて、いろいろおかしいことがありましたよ。東港を訪ねて行った時、
 昔この町の小学校長だったおじいさんとめぐりあってね、僕は失礼のないようにと、「民国三十
 三年頃、私、ここにおりまして」と言ったら、「年号は昭和で言わないと分からないよ」って、
 たしなめられた。涙が出そうになりましたよ。

  駅員たちも覚えていて、日本語で「そうか、あんた東港航空隊にいたか。東港航空隊、懐かし
 いねえ。乗りなさい、ひと駅」と言うの。

 「駅、まだ昔のままあるよ」

  それは大鵬という駅なんです。日本海軍が東港線という支線の途中に駅を造っていた。しか
 し、そんなものは旧宗主国が造ったものだから、とっくにないだろうと思っていたら、そのまま
 の名前であるっていう。「タイホウ駅が、まだあるんですか?」と訊いたところ、その駅員は
 「タイホウじゃないよ。おおとりだよ」と言うんです(笑)。

井尻 逆に教えられた。

阿川 陳さんの方は、話の最中、しきりに「敗けたとき、敗けたとき」と言うから、「あなたたち
 にとっては勝ったときなんじゃないの?」と聞いたら、「いいえ私は日本人、支那人 大嫌い」
 (笑)。こういう人たちがいるんですね。ただ、その頃は李登輝さんの名前は知らなかった。

井尻 蒋介石がまだ存命で、戒厳令の頃ですか。

阿川 そうです。観光旅行していても、突然空襲警報が鳴り出して、なんだと思ったら、空襲を受
 けた想定の演習なんですね。

◆大教養人

阿川 僕は文士ですからね、自由にものを言える立場でなければ嫌だということで、李登輝友の会
 の会長も、最初はお断りしたんです。極端に言えば、李登輝前総統を批判する自由だって持って
 いたい。ですから、「理事にはなるけれど、会長は勘弁してくれ」と言ってたんだけれども、蔡
 焜燦さんから電話がかかってきて、「あなた、会長にならなきゃ駄目」と(笑)。

井尻 ははは、蔡焜燦さんから言われたら仕方がないですね。

阿川 鶴の一言で、しょうがない、「わかりました」と承知してしまった(笑)。だから、実務は
 何にもできないし、年だけ食ってる役立たずの不適格会長なんです。

井尻 阿川さんが李登輝さんにお会いになったのはいつごろですか。

阿川 実は一昨年が初めてなんです。それ以前から、間接には存じ上げていましたがね。深田祐介
 さんの書いたものを読んでいたら、昭和の陛下崩御に際して、世界の元首級で李登輝さんほど深
 い哀悼の意を表した人はいないとあって、涙が出てきてね。世界の先進国がすべて帝国主義的な
 傾向を持っていた20世紀の初めから半ばにかけて、昭和天皇がもし本当に台湾人を自分の権力下
 に置いて得々としてる〈EMPEROR〉の感じの方だったら、そういう感情はもたれなかったでしょ
 うね。やはり李登輝さんは皇室の伝統と昭和天皇のお人柄がよく分かっていたんですね。だから
 ああいう涙せんばかりの哀悼の言葉になった。

  10年以上前、国際政治学をやっているうちの長男が、そっちの方専門の連中とわいわい議論し
 ている席に僕が出ていて、台湾の話になり、「李登輝さんというのは、いまアジアで一番優れた
 ステイツマンではないだろうか」と言ったら、一人ニヤッとするのがいやがってね。「アジア
 で? 世界で、と言い直してもらいたいですな」(笑)。

井尻 それは愉快だな。

阿川 そんなことで、李登輝さんにお目にかかってはいなかったけれども、蔡焜燦さんが僕の書い
 たものを読んでいて、「いっぺん台湾へ来なさい」と呼んでくださった。

  それで一昨年、また何十年ぶりかに台湾に行って、そのとき李登輝さんの私邸を訪ねたんで
 す。政治家というより、大教養人という感じがしましたね。

井尻 私は3回お目にかかりましたが、そういう印象でした。最初は総統時代の1997年、現役の時
 代にお会いして、台湾の歴史教育の話になった。蒋介石時代の台湾の歴史教育は、中国大陸の歴
 史しか教えないというんですね。そのことに危機感を抱いておられて、「もっと台湾独自の歴史
 を教えなければいけない」と、李登輝さんが先頭に立って歴史教科書の書き替えを始めた頃でし
 た。

  それで話がだんだん日本にいたころの話になって、京都の話、西田哲学の話、禅の話、次から
 次へと実に話題が豊富で、深いんですね。戦前・戦中の京都学派といいますか、京都哲学といい
 ますか、そのへんの教養の深さが次々と出てきましてね。驚きかつ感激したんです。

  その李登輝さんが、『「武士道」解題』という本を出した。阿川さんも推薦の言葉を書いてお
 られますが、これほど武士道を語るに適任者はないと思いました。もともと李登輝さんの専門は
 農業経済ですね。

阿川 そう。

◆「大和魂」の語り部

井尻 新渡戸も札幌農学校を卒業して母校の教師になっている。台湾の行政官だったときも……。

阿川 そう、農業技師として台湾へ行っていますね。

井尻 それからもう一つ、クリスチャンという共通項もある。

阿川 何しろこの本、内容が充実してて面白いですね。ただ、中身を読まずにふっと見て、武士道
 を大変高く評価してるというと、軍国主義の復活じゃないかと勘繰る向きもあるかもしれません
 が、全く違うんです。大体、新渡戸が英文で書いた『武士道』の副題が「THE SOUL OF JAPN」、
 「日本人の心」という題でしょ。言い換えれば「大和魂」です。その大和魂も、戦争中にいわれ
 たみたいな、ただお国のために突っ込んで死ねばいいという、あの変な大和魂とは違うもので
 ね。厚みと深みのある義と勇と側隠の心、それから礼儀正しさ、昔の日本人のよさを取り返しな
 さい、失わないようにしなさいよということです。

井尻 最良の語り部ですね。

阿川 こんなにあちこち折り込んだり線を引いたりした本は久しぶり……(笑)。

  この本の副題は「ノーブレス・オブリージュとは」と付けられていますが、これも特権階級の
 精神性という意味ではなくて、恵まれた環境と恵まれた家庭に生まれ育った者は、公儀に尽くす
 義務があるということですね。それを実際李登輝さんは実践している。李登輝著『「武士道」解
 題―ノーブレス・オブリージユとは─』は、新渡戸稲造の『武士道―THE SOUL OF JAPN―」が基
 礎にはなっているけれども、ある意味では李登輝さんの読書遍歴と言えますね。

井尻 李登輝さんご自身の知的遍歴がうかがえる。

阿川 哲学的な分野の読書遍歴が実に興味深いんです。それも旧制高等学校時代にかなり集約され
 ている。旧制高校というものも、一種のノーブレス・オブリージュを持たなければならない立場
 の人たちの教育機関だった。戦後のアメリカによる教育改革で旧制高校がなくなってしまったの
 は、惜しいですよ。

井尻 そうですね。

◆武士道を体現されていた昭和天皇

阿川 旧制高等学校を卒業しないと、原則として帝国大学へは進めなかった。僕なんかは文学部だ
 から、殆ど無試験みたいな東大入学ですが、それでも高等学校の卒業資格をもっていないと、東
 大や京大へは原則としていけなかったんです。自分がエリートぶるわけではないけれども、その
 分だけやはりノーブレス・オブリージュみたいなものが要求されると思う。

  台湾の人たちもそうですね。台北高等学校があって、そこへ進学した李登輝さんが何に悩み、
 何を読んだかというのは、僕は同世代だから、たいへん親近感を持ちますね。それからクリス
 チャンになられるわけです。もっと前からその傾向はあったと思いますけれども。

井尻 ゲーテや倉田百三、トマス・カーライルなどを通じて、人間いかに生くべきかということ
 を、思い詰めている。

阿川 うん、そう。のちに台北市長になったとき、何百万の人を治める立場だから、ついついはや
 る気持になるのを、「そうはやるな」と自分に言い聞かせたというのも、それこそ武士道という
 か大和魂のいい面を活かそうとされたんでしょ。

井尻 それから、先帝陛下の御製の……。

阿川 ええ、

  ふりつもるみ雪にたへていろかへぬ
  松ぞををしき人もかくあれ

 という有名なお歌に、深い感銘を受けておられますね。「勇と義が止揚されてさらなる高い次元
 まで到達している」「昭和天皇は武士道を最もよく体現されていた存在」と絶賛しています。

井尻 「そうでなければ、あのマッカーサーを立ちどころに心服させることなど到底不可能であっ
 たでしょう」とも指摘しています。もともと阿川さんが、『文藝春秋』の巻頭随筆でこの御製を
 紹介されて、かつ李登輝さんの話を繋げて書いておられましたが、それが、この『「武士道」解
 題』にまた出てきたわけです。

阿川 心服させる下心があったら誰も心服しやしない。昭和天皇は、無私の、全く天衣無縫の方で
 したからね、マッカーサーも心を打たれたんでしょ。

◆日本の総理大臣になってほしい

阿川 陳さんというビジネスマンのことを言いましたが、彼は、自分の息子に「峯松」と名前
 (号)を付けた。昭和天皇のあの御製からとったんです。

  李登輝さんは、「自分は台湾の人間であり、台湾の政治家として生きてきたのだから、台湾の
 ために終生尽くす。しかし昭和20年の夏までは日本人だった。日本も励ましたいんだ」というこ
 とを言っておられますが、ありがたい話ですよね。そんなことを言う指導者が、世界中ほかに誰
 かいますか。

井尻 日本の和歌に関する感受性も非常に鋭敏に表現されているし、それから禅への関心も深い。
 西田哲学の本質に迫っている。ところが、戦後の京都学派には急速に左翼の方に変節していった
 人が何人もいますね。われわれは日本に住んでいると、京都学派の知識人が戦後崩壊して左翼の
 方に走っていった姿を見てしまったわけです。

  これに対して李登輝さんは終戦まもなくして台湾に戻って、京都学派の崩壊を感じてはいたで
 しょうけれども、目の当たりにしなかった。それはある意味で幸福なことではなかったのか、そ
 んな気もしました。戦後の知識人が自ら崩れてしまった屈辱的な一時期を経験していないだけ
 に、このように素直に日本的な価値体系を評価できたんじゃないでしょうか。

阿川 そうかもしれないけれど、いわゆる外省人たちが入ってきたときの苦労は大変なものだった
 でしょう。命がけでした。そうして、しかも国民党の中から頭角を現し、自由化を実現し、台湾
 を繁栄させたというのは凄いことです。

  「日本の総理大臣になってほしい」と言う人がいるそうだけれど、まったく、そう言いたくも
 なりますよね。

井尻 もし総理になってくださったら、日本も変わるでしょうね。

阿川 一変しますよ。

井尻 もう一つは、李登輝さんがクリスチャンになったということですね。新渡戸もクリスチャン
 だったわけですが、クリスチャンになったことと、ヨーロッパの教養というものを上手に組み合
 わせて、新渡戸の『武士道』を解題している。もちろん中国の儒教や道教、その他の中国古典に
 関する素養はたっぷりあるわけですから、日本と中国と西洋、この3つの教養の蓄積が次々に繰
 り出されてくる。その知的な広さと平明な語り口が、実に読んでいてすがすがしい。新渡戸を語
 りながら李登輝さんの人格の奥行きみたいなものが伝わってくる。

阿川 新渡戸稲造の『武士道』を語りながら、ご自分の政治哲学とか政治上の信念、人生観という
 ものを、はっきり出しておられます。

井尻 本居宣長の、

  敷島の大和心を人とはば
  朝日に匂ふ山桜花

 あるいは吉田松陰の、
  かくすればかくなるものと知りながら
  やむにやまれぬ大和魂

 などを引きながら、武士道と大和魂の神髄に迫っています。和歌に対する感受性というか素養
 は、大変なものがありますね。

阿川 平成8年に菊池寛賞を受賞した『台湾萬葉集』(孤蓬萬里編著)というのがありますが、和
 歌一般というより万葉集を、戦前日本人の先生に教わって、非常に感銘を受けた人たちが大勢い
 て、その裾野が広がって、『台湾萬葉集』をつくった。台湾には和歌の伝統が受け継がれている
 わけですね。それから、最近『台湾俳句歳時記』(黄霊芝著)というのも出た。

井尻 それは面白いなあ。確かに風土が違うわけだから、歳時記も台湾風に修正しなくてはならな
 い。

阿川 季語も台湾の食べ物だったり台湾の花だったりする。俳句の中に台湾語が入ってくるわけで
 す。そういう文化のつながりというか、日本のいいものがそういうふうにして残っているという
 ことに、感銘を受けた。

井尻 台湾には「日本語を愛する会」というのがあって、70代ぐらいの日本語世代から、それ以下
 の若い世代の会員まで含めて、日本語の文学鑑賞をしているんです。

阿川 ほう。

井尻 きっと阿川さんの作品も取り上げられていると思いますが、文学作品を取り上げて、それを
 まずアナウンサーが美事に朗読する。それから、その言葉の解釈と、台湾の言葉に置き換えると
 どういう表現になるのかという勉強会をしているグループなんです。感動しましたね。

  彼らは今日の日本語が乱れている事態を本気で嘆いていました。それはやはり、李登輝さんの
 存在と無縁ではない。韓国の李承晩のように、いち早く強烈な反日教育をしてしまうと、そうい
 う人たちも絶えてしまっていただろうけれども、幸い台湾では日本語を愛する勉強会があり、和
 歌や俳句まで自分のものにして楽しんでいる。

◆日本人よ、自信を持て

井尻 李登輝さんが政治の現役を退いたとき、キリスト者として山にでも入って、常民というか、
 普通の台湾人のお世話をしたいということをおっしゃっております。もちろんキリスト者として
 の文脈で話しているんですが、日本的に置き換えますと、隠棲する、あるいは隠遁するという感
 受性ともダブっているのかなと思ったんです。李登輝さんが、かねて「奥の細道」を歩いてみた
 いと表明されているお気持と連続しているような気がしました。

阿川 それにしても、なぜその程度のことが実現させてあげられないのか。日本の政府は何をして
 いるのかと思うね、僕は。

井尻 とにかく健康であられるうちに、日本でお迎えして、「奥の細道」のいちばんいいところ
 を、お好きなようにご案内する。そういうことを早く実現したいと思うんです。

阿川 この本にこういう件りがあります。

 <日本の方々にも言いたいのです。
 「もっと自信を持って、自らの意志で、決然と立っていてもよいのではないですか? なぜな
 ら、あなたがたこそ、『日本の魂』(つまり武士道)の真の継承者なのだから」>

  そう言って日本を励ましてくれているわけですね。李登輝さんをお迎えするくらいのことは、
 「自らの意志で、決然と」実行すればいいんです。

◆文武両道の体現者

井尻 『武士道』とともに『奥の細道』にも思い入れがつよいようですね。日本に行ったらぜひ
 「奥の細道」、芭蕉の後を追ってみたいという気持を持っておられる。まさに文武両道ですね。
 日本の政治家にはちょっと期待すべくもない世界ですね。

阿川 それから、台湾独立を望むのかどうかということについても、随分はっきり語っています
 ね。中華人民共和国なんて言っているけれども、言っていることとやっていることは違うじゃな
 いか。自分は台湾を独立させようなんて一言も言っていない。向こうがせめて台湾並に民主主義
 や自由主義を成熟させてくれるのを待っているんだ、と。

井尻 一刻も早く台湾のレベルに追いついてほしい、根気よくそれを待つのは、自分の「側隠の
 情」である、と。

阿川 さっきも言ったけれど、こういった感性というか教養は、だいたい高等学校のころに基礎が
 出来上がっているんですね。

井尻 鈴木大拙や西田幾多郎に惹かれたのもその頃でした。

阿川 だから日本の悪いところもみておられるだろうけれど、いいところをたっぷりとっている。

井尻 反日感情がわだかまっていると、どうしても悪いところを語りたくなるものですが、李登輝
 さんの場合、そういう底意地の悪さとは無縁ですね。そこに人格を感じさせられます。

阿川 「総統という立場に置かれていた12年間、新渡戸精神というものが自分の言動や政治哲学を
 強く支配していた」というんだから、これにはあらためて驚きを感じますね。日本人として、誇
 らしく思うというか、感謝するというか、そういう人がいてくれたということは、救いであり、
 ほんとに大きな励ましになる。

◆「大和魂」は大人の思慮分別

井尻 李登輝さんは、ものごとを考えているとき、日本語で考えているんでしょうか。李登輝さん
 のことは分からないけれども、実業家の許文龍さんは、「自分は殆ど日本語で考えている」と
 おっしゃっていました。

阿川 そうですか。許文龍さんもほぼ李登輝さんと同世代でしょ。言葉の問題はともかく、あの
 方々がやはり大和魂の持ち主なんだろうな。

  ただ、それは戦時中のヒステリックなものとは違うんでね。大和魂というのは、『今昔物語』
 か『宇治拾遺』か何か、平安時代あたりの説話集の中にある話だけれど、家に泥棒が入って、勝
 手にものを持ち出していくのをみていて、腹に据えかねて、隠れていたのが最後に何か罵った。
 それで泥棒が引き返してきて殺されてしまう。これについて、大和魂なきためにこういう目に
 遭ったんだと諭しているわけです。つまり大和魂というのは大人の思慮分別なんですね。感情に
 まかせて余計なことを言ったりはしないという心構えのようなものなんです。

井尻 「『武士道』は勇気だなどと短絡して、何でもかでも遮二無二、猪突猛進すればいいという
 ものではありません」、「死に値せざる事のために死するは、『犬死』である」と、李登輝さん
 は断言しています。

  それから、こんな件りもあります。
 
 <私の総統時代、中共から絶えず激しい挑発を受けました。すると、台湾の国民も大きく動揺
 して、「とにかく恭順の意を表しておこう」という者や、「いや、徹底的に戦って相手を屈服さ
 せよう」という者など、さまざまな人々からさまざまな反応が出てきます。こういうときにこ
 そ、もっと大局的な視座からもっと大きな判断を打ち出すのが、民の上に立つ者の務めだと痛感
 しました。>

  文攻武嚇と称して、北京は台湾近海にミサイルまで打ち込んできたわけですが、李登輝さんは
 動じなかった。

阿川 「慌てんでいい」と、泰然としていた。

井尻 日本の政治家だったら、どうなりましたか。あれは想像を絶する試練だったでしょうね。

阿川 ミサイルでぐらつくほど「『新台湾』はひ弱ではありません」と、大変な自信を示していま
 す。指導者たる者、こうでなくっちゃ。

井尻 こうも言っています。

 <日本は、北朝鮮のミサイルのことをすごく怖がっているように思えますが、いたずらに我を失
 うようなことをしてはいけません。何もやみくもに怖がることなどないはずです。>

阿川 ほんとに、日本の総理大臣になってもらいたいねぇ。(笑)無理な注文だろうけど。

井尻 あの中国の露骨な文攻武嚇。言葉で攻め、武力で脅しても屈せずに対処してきたという、こ
 の実績は凄いことです。アジア周辺諸国の中で燦然と輝いている。

阿川 それを言うなら、「アジア」と言わずに「世界」と言ってほしい……ですよ。(笑)

◆北京に怯える日本政府

井尻 それにしても日本の政治家や外務省が李登輝さんの訪日を認めないのはとんでもないことで
 す。

阿川 北京が何を言ってこようと、「それとこれとは別だ」と言えばいいじゃないですか。

井尻 しかもいまは全くの私人ですからね。そのビザを発給しない。怯えている。

阿川 もし今後もビザを発給しないということだと、世界的な信義の問題で、日本は独立国家とし
 ての誇りも自信も持っていない国家ということになる。

井尻 それと同時に、国内でも「主権国家としてそれはいかにもだらしない、情けない」という世
 論が出てくると思いますよ。

阿川 ある意味ではわれわれも試されているということです。おそらく、アジア諸国の中でも、日
 本が一番臆病でしょう、中国・北京に対して。

阿川 「日本人、もう少し胸を張りなさい。しっかりしなさい」と励ましてもらっているんだから
 ね。

井尻 聖徳太子が随の揚帝に「日出づる処の天子、日没する処の天子に書を致す。恙なきや」と
 言って、日本が大陸から離れて、独自の国造りを始めた。あれから大宝律令その他が整理される
 までに約100年かかっているんですね。つまり大陸との関係を平等にしてから国内体制を整える
 までに約100年かかった。台湾も、蒋介石が台湾に来てから50数年経っている。フランスのノル
 マンディ―地方からイギリスヘ渡った人々が独立してイギリスという国をつくるわけですが、こ
 れがまた100年戦争をしています。だから結局大陸周辺の島が国になるには100年ぐらいの年月が
 必要なんです。

  さすがに現在は時間の流れが速いから、かつての100年は現在の50十年に匹敵するとも考えら
 れる。そろそろ、結論が出る時期のように思うんです。

阿川 日本の戦後を見てみると、50年ではまだ駄目ですね。日本がちゃんとした国になるには100
 年かかるのかなと僕は思っています。経済面は30年から40年でここまで回復したけれど。

◆経済は国家の中心軸たり得るか

井尻 ところが、その経済が素晴らしくなるということが、いかに難しい問題をもたらすか、気を
 つけねばならないんです。

  最近は台湾の大陸投資が急速に進んでいますが、李登輝さんは、「一番の問題は、台湾の製造
 業がどんどん大陸に行ってしまうことだ」と嘆いていました。工場を移転して、安い人件費でも
 のを造る。まさに日本がやってきたのと同じことをいま台湾がやっているんですね。やはり経済
 というのは魔物です。と言うのは、ほんの一部の例外は別として、経済人には武士道がないんで
 す。

阿川 利益に群がって、公に尽くさない?

井尻 結局のところ、大局観を欠いた企業の私利私欲。

阿川 これはしかしある意味ではしょうがない。経済というのはそういうものなんだろうから。

井尻 しかしそれは経済というものが国家の中心軸たり得るかどうかという問題だと思うんです。
 李登輝さんは経済人の「人間の格」を問うているように私は見ました。明治の人たちの富国強
 兵、殖産興業というんですか、国を興していく志。国という大きな枠組の中で、国民経済という
 ことを大事にしてきたわけですけれども、ここまでボーダレス現象がすすんでしまうと、難しい
 ことになってくる。

阿川 その通りですね。

井尻 本日は、ありがとうございました。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

*本会取扱いの書籍やDVDはお届けまでに1週間ほどかかります。また、4月1日から送料が変わ
 りました。お急ぎの場合はお申し込みの際にその旨をお書き添え下さい。その場合、送料が変わ
 ることもあることをご承知おき願います。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*現在、台湾ビール(缶)の在庫が切れています。入荷は未定です。台湾ビール(瓶)と台湾フ
 ルーツビールの在庫は大丈夫です。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・手島仁著『手島仁の「群馬学」講座』
・李登輝著『新・台湾の主張
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,