日台初の「日台与党版2+2(外務・防衛担当者協議)」は8月27日に開催!

日台初の「日台与党版2+2(外務・防衛担当者協議)」は8月27日に開催!

 本誌8月19日号で、日台の与党である自民党と民進党にとって初の取り組みとなる「日台与党版2+2(外務・防衛担当者協議)」のオンラインによる開催が8月27日に決まったそうです。

 日本側の出席者は、自民党外交部会長で台湾政策検討プロジェクトチーム座長でもある元外務副大臣の佐藤正久・参議院議員と安倍内閣で財務副大臣や内閣府副大臣をつとめた国防部会長の大塚拓・衆議院議員。

 台湾側は、民進党本部国際部主任で安全保障問題にも造詣が深い羅致政(ら・ちせい)立法委員と立法院の外交・国防委員会委員を長期にわたり務めてきた蔡適応(さいてきおう)立法委員だそうです。

 すでに本誌では何度も日本と台湾の安全保障対話の早期実現について取り上げてきているが、ようやく与党間で実現の運びとなりました。下記に紹介する中央通信社は「会談では外交や安全保障、地域の安全、台日の今後の協力の方向性を焦点とし、中国問題にも触れる見通し」と報じています。対話の成果に大いに期待するとともに、継続して行われることを望んでいます。 —————————————————————————————–民進党と自民党のリモート会談、27日開催へ 地域の安全保障を議論【中央通信社:2021年8月25日】

 (台北中央社)日本メディアで報じられた台日の与党議員によるオンライン会談について、台湾の与党・民進党からは羅致政(らちせい)立法委員(国会議員)と蔡適応(さいてきおう)立法委員が出席することが分かった。会談は27日に開催される予定。消息筋が明らかにした。

 自民党からは佐藤正久外交部会長と大塚拓国防部会長が出席する。消息筋によると、台湾側は羅氏が外交分野、蔡氏が国防分野の代表としてそれぞれ出席する。羅氏は民進党本部の国際部主任。蔡氏は立法院(国会)外交・国防委員会の委員を長期にわたり務めてきた。

 会談では外交や安全保障、地域の安全、台日の今後の協力の方向性を焦点とし、中国問題にも触れる見通し。会談後にどのようにしてメディアの取材に応じるかについては、台日双方で詳細を話し合っている最中だという。

(王揚宇、蘇龍麒/編集:名切千絵)

※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , ,