天皇皇后両陛下遥拝  傳田 晴久

【台湾通信(第135回):2019年3月26日】

◆はじめに

 昨年(2018年)3月27日〜29日に行われた天皇皇后両陛下沖縄県行幸啓に特別な思いを寄せられる台湾の方々がおられました。両陛下は初めて日本の最西端の地「与那国島」を訪ねられ、西崎(いりざき)にある「日本最西端の碑」をご覧になられましたが、その同時刻、海を隔てた目と鼻の先の地で、両陛下を遥拝された方々です。心打つものがあり、今回報告させて頂きます。

 この原稿は昨年5月に完成させましたが、いろいろ事情があり、発行をお待ちいたしておりました。しかし、光陰矢のごとし、御代替わりの時期が迫って参りました。平成の御代のうちに発行したいとの思いで、敢えて発行させていただきます。

◆台湾歌壇4月度月例会

 短歌を楽しむ会「台湾歌壇」については何時か詳しくご紹介したいと思いますが、昨年(2018年)4月22日に行われた月例会で、びっくりするようなことが起こりました。

 月例会は毎月第4日曜日に台北市内にある国王大飯店のレストランを会場にしてとりおこなわれます。事前に会員の皆様作成の短歌の一覧表が配布され、昼食を取りながら選歌、昼食後選歌並びに歌評の発表がなされますが、この日の出席者は34名、寄せられた短歌は62首でした。ざっと目を通しますと、明らかにこの度の天皇皇后両陛下行幸啓を詠ったものが3首もありました。

 食事が一通り済み、いよいよ歌会を始めようとした時、歌会の事務局長さんが、「メンバーの李英茂さんから、先日の天皇皇后両陛下の沖縄県行幸啓についてのご報告があります」とのご紹介がありました。

◆李英茂さんの日記

 李英茂さんは正面に天皇皇后両陛下の御写真を飾り、その前で「私のその日の日記」を読み上げられました。

<3月28日水曜日・晴時々薄曇り

 一昨日からNHKは連日天皇皇后両陛下の沖縄訪問を報道しておりました。今回は日本最西端の与那国島をもご訪問なさるそうです。海の向う僅か110Km先には台湾東北部の南方澳漁港があり、ここ蘇澳鎮は石垣島と姉妹締結がある。天気の良い日には新高山だけでなく、宜蘭の太平山も見えるとか。日本最果てなる与那国島、その石碑の前に立ち、両陛下は海の向こうを見つめ、連合国による激しい空襲もあった台湾への思ひもお持ちではないだろうか。

 今朝はいつもより早く目が覚め、先ず前日に準備した資料をチエックする。それは天皇皇后両陛下の御写真(昔は御真影と呼んだ)、次に陛下の皇太子時代にご活躍なされた乗馬姿(明石元紹の著作による〈今上天皇 つくらざる尊厳〉)、それから12年前交流協会池田大使の特別招待を受けて天皇陛下お誕生日のレセプションに参加した台北国賓大飯店国際ホールで撮った家内の写真。隣に立つ松下道子は曾て皇居新年の会で皇后様からお言葉を頂いたことがあったとか。

 午前10時ころから今か今かと電話が鳴るのを待ち、11時近くにようやく張文芳氏から台北をバスで出発したと知らせが入る。正装して羅東バスターミナルへ行くと、間もなく氏が到着。日本の友人吉田と徳光二方の同行である。徳光は台湾の婿だとか。バスを乗り換え、更に1時間かけて南方澳へ着いた。海の守護神馬祖廟の3階へ上がり、金媽祖を拝し振り返って窓外を見れば、あいにく海は建築物に遮られて見えない。これでは駄目だ。仕方なく下へ降りてタクシーを呼び山の上にある小学校へ急いだ。時間はもうギリギリだ。

 校長先生のご協力で、早速屋上の展望台へ上がる。眼下に広がる青い海原!早速双眼鏡で水平線の一點与那国島を探したが、かすんでいて有るようで無いようで、でも有る事にした。学校から美術用の脚立を借りて、両陛下の御写真を奉掲した。やがて午後3時20分、両陛下の島御到着の時間に合わせて、私たち4人は直立遥拝、君が代を奉唱し、萬歳を三唱した。胸中にこみ上げるものを感じつつ・・・・・。

 思へば十七歳まで日本教育を受けたが、太平洋戦争で軍事訓練・学徒出陣からとうとう終戦。青春は正に戦争と動乱の最中でした。その後も苦難は続いて今に至るも台湾の運命はまだ定かではない。

 山道を下り、私たち以外にも今日同じくここ台湾から海の向こうを見つめているお方は何人いるだろうか、と考えながら帰途につく。こうして慌ただしい一日が終わった。>

 以上が李英茂さんのその日の日記ですが、李英茂さんは次のような歌を詠まれました。

  海はるか与那国島の一点のかしこきあたりわれ遥拝す

◆与那国島の位置

 与那国島と台湾との位置関係を表示しようとネットでいろいろ調べていましたら、手ごろな地図が目につきましたので、引用させていただきました。正確な地図かどうかわかりませんが、位置、距離感覚が分かります。ある資料では与那国島から石垣島まで127キロ、台湾まで110キロと書かれています。

 実は与那国島、台湾の位置関係を調べているとき、たまたま新聞に「6人の小さな船乗りが黒潮に挑戦し、帆船で石垣島へ向かう」という記事が出ていました(2018.05.02自由時報)。女の子1人を含む6人の小学生が、艇長60呎(約18メートル)の大型ヨット「光?號」を操船し、宜蘭県の蘇澳港から250キロ先の石垣島に、23時間かけていくということです。

 次頁の地図を見ますと、左側の台湾と右側の石垣島の中間に与那国島があります。与那国島の周りの海流は強い黒潮で、新聞の記事のタイトルは「帆を揚げ勇躍黒潮を渡り、小さな船乗りたちは追い風に乗り波をけって進む」とあり、小さな子供達の大冒険を讃えています。とはいえ、石垣島まで250キロ、子供達がヨットで行ける距離です。与那国島はその距離の半分、110キロの近くにあるのです。そのくらい与那国島と台湾は近いということです。

◆李英茂さん達はその時

 「眼と鼻の先」に天皇皇后両陛下がおいでになるということで、李英茂さん達は宜蘭県の南方澳漁港目指してこられたということですが、李英茂さんは宜蘭の方ですが、それでもお住まいの近くからさらにバスで1時間かけられました。他の3人の方は台北からということですから、台北から羅東までは1.5時間はかかりそうですから、矢張り大変な時間をかけたことになります。

 しかも正装して、与那国島に最も近い場所に行かれ、両陛下が西方に眼を向けて下さっているであろうその時刻に、直立遥拝、君が代を奉唱、萬歳三唱されたというのですから、日本人にとりまして誠に有り難く、嬉しいことでした。

 李英茂さんが詠まれた短歌の「かしこきあたり」という言葉は慣用句で、「恐れ多い場所。宮中・皇室などを婉曲に言う」(デジタル大辞泉)という意味ですが、このような慣用句をさらりとお使いになる台湾の方には脱帽です。

◆おわりに

 昨年4月の歌会で「天皇皇后両陛下沖縄県行幸啓」のご報告をお聞きし、このような台湾の方がおられるということを日本の皆様にお伝えしようと考えていた矢先、5月11日の新聞にとんでもない記事が載りました。「台湾の領土主権は日本天皇に属し云々」と主張し、「台湾民政府」を名乗る集団の幹部たちが詐欺集団として告発されたという記事です。

 天皇陛下の名をかたり、詐欺行為を働く輩がいる一方、近隣の地に行幸啓される天皇皇后両陛下を遥拝しようという、しかも正装で君が代を歌い、万歳三唱してくださる方もおられるという。このことを日本の方々に知っていただきたいとの思いで、『台湾通信』を書かせていただきました。

◆追記

 原稿を書き上げた後、思いもよらない噂が耳に入って参りました。日本人である私にとりましては、素晴らしいお話ですが、台湾の人々の中には、このお話を良しとしない方がおられるということを知りました。台湾人のくせになんで日本の天皇に対して・・・・・ということのようです。この『台湾通信』に登場された方々にご迷惑が及んではいけないと考え、実名を伏せて書きなおしました。

 しかし、天皇皇后両陛下行幸啓を遥拝された台湾の方がおられたということは素晴らしいことで、日本人にお伝えすることは決して悪いことではないとのご意見もあり、矢張り実名で書かせていただきました。

             ◇     ◇     ◇

 今上陛下の学習院初等科のクラスメートには、台湾出身の方がおられる。2016年3月に東京都内で開かれたクラス会で、陛下はその同級生に「台湾の人たちは、日本をどう思っているのか」としきりに尋ねられていたという。

 東日本大震災の翌年(2012年)4月に開かれた陛下ご主催の園遊会に、初めて台湾代表を招かれ、陛下から直々に「台湾ありがとう」とお言葉をかけられたこともある。

 皇室と台湾のゆかりは深い。日清戦争で日本に割譲された台湾に、近衛師団長として赴かれるもマラリアに冒され、10月28日に台南で薨去された北白川宮能久親王(きたしらかわのみや よしひさしんのう)をはじめ、1908年10月、台中公園で行われた「台湾縦貫鉄道全線開通記念式典」には閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんのう)が臨席されている。大正12年(1923年)4月には、摂政宮として12日間も台湾を訪問されたのは陛下のご尊父で、後に昭和天皇に即かれる皇太子殿下の裕仁親王殿下だった。その他にも、秩父宮や高松宮など多くの皇族方が台湾を訪問されている。

 昨年3月、宮内庁は3月27日〜29日の日程で陛下が皇后陛下を伴われて沖縄県を訪問し、与那国島(よなぐじじま)にも初めて赴かれると発表した際、「両陛下が与那国島を訪れるのは、長年続けてきた離島訪問の一環で、台湾が望めることとは関係ない」と報じたが、同時に、宮内庁幹部の「一目見ることができれば喜ばれることだろう」という発言も付け加えて報じた。

 日本に住む台湾出身の人々は「おそらく陛下は台湾を訪問されたいのだろうが、せめて一番近い与那国島から台湾を望まれようとしているのではないか」としきりに話していた。

 傳田氏が伝えた「台湾歌壇」の李英茂さんや「友愛会」代表の張文芳さんも、同じ思いから、与那国島を望む南方澳まで駆けつけ、「午後3時20分、両陛下の島御到着の時間に合わせて、私たち4人は直立遥拝、君が代を奉唱し、萬歳を三唱した」のだろう。

 台湾には今上陛下の行幸を望む声がいまも根強い。編集子の知り合いで、戦後生まれの台湾の方は「譲位されたらどこでも自由に訪問できるのだから、ぜひ台湾を訪問し、お父上の足跡をお訪ねいただきたい」と熱く語っている。(メルマガ編集部)

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*台湾の高級調味料XO醤は在庫切れのためお申し込みを中止しています。悪しからずご了承のほ
 どお願いします。入荷予定が分かり次第、本誌やホームページでお伝えします。(2019年1月9日)

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキ・マンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「鳳梨酥」「芒果酥」 2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと1・2』*new
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,