台湾訪問の米国議員団が来日して岸田文雄首相と朝食会

台湾訪問の米国議員団が来日して岸田文雄首相と朝食会

 本誌前号で、4月14日に訪台していた「スウェーデン議会と欧州議会の議員による合同台湾訪問団」一行11人が帰途についたのと入れ替わりに、米国のリンゼー・グラム上院議員(共和党)を団長としロバート・メネンデス上院外交委員長(民主党)らが参加する超党派議員団6人が訪台したことをお伝えした。

 なんとその米国議員団はその足で日本を訪問し、4月16日に岸田文雄首相との朝食会に出席していた。

 ジェトロの「ビジネス短信」は「中国やロシア、北朝鮮に対抗する民主主義勢力の連帯強化などを目的」として訪日したと報じている。要は、腰の重い日本に釘を刺しに来たということのようだ。

 米国やヨーロッパの議員団は、中国から台湾訪問中止を強く求める書簡を受け取っていたが、その圧力を振り切り、訪台の決意がより強固になったと台湾を訪問している。

 米国やヨーロッパの議員団が中国からの圧力を撥ね返して台湾を訪問して関係を強化しようとしているにもかかわらず、日本の国会議員が台湾を訪問しないというのはどういうことなのだろう。5月3日から7日まで自民党青年局(小倉將信局長)一行が訪台するようだが、日台関係を担う重鎮議員が訪台することは寡聞にして知らない。

—————————————————————————————–米超党派の連邦議員団、日本と台湾を訪問【ジェトロ・ビジネス短信:2022年4月18日】https://www.jetro.go.jp/biznews/2022/04/5645ff6ad983478b.html

 訪日した米国共和党のリンゼイ・グレアム上院議員(サウスカロライナ州)を団長とする超党派の連邦議員団6人は4月16日、岸田文雄首相との朝食会に出席した。6人はグレアム氏のほか、ロバート・メネンデス上院議員(民主、ニュージャージー州)、リチャード・バー上院議員(共和、ノースカロライナ州)、ロブ・ポートマン(共和、オハイオ州)、ベン・サッス上院議員(共和、ネブラスカ州)、ロニー・ジャクソン下院議員(共和、テキサス州)。唯一の民主党議員で、上院外交委員長を務めるメネンデス議員は、中国などに厳しい態度を取ることで知られている。岸田首相と参加議員は日米同盟の重要性を確認した上で、ロシアによるウクライナ侵攻、中国や北朝鮮をめぐる情勢などに関して意見交換を行った。

 また、連邦議員団は前日の15日、台湾で蔡英文総統と会談した。蔡総統は、ジョー・バイデン大統領が打ち出したインド太平洋戦略(2022年2月14日記事参照)について、台湾が積極的な役割を果たしたいと述べた。グレアム議員は「台湾を見捨てることは、民主主義と自由を放棄することを意味する。それは人類にとって最悪なことだ」と語り、台湾への支持を明確にした。

 4月12日には、前駐日大使のウィリアム・ハガティ上院議員(共和、テネシー州)とベンジャミン・カーディン上院議員(民主、メリーランド州)、ジョン・コーニン上院議員(共和、テキサス州)が東京と大阪、名古屋を訪問し、岸田首相との会談では、16日の議員団と同様に、ロシアによるウクライナ侵攻や、中国と北朝鮮に関する議論を行った。

 もともと、4月9〜10日にナンシー・ペロシ下院議長(民主、カリフォルニア州)が率いる議員団の日本と台湾訪問が予定されていたが、同議長の新型コロナウイルス感染により延期となった。中国やロシア、北朝鮮に対抗する民主主義勢力の連帯強化などを目的として、米国の連邦議員による日本と台湾への訪問が相次いでいる。(片岡一生)

※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,