今年も「日光日台親善協会」が台湾留学生を招待

今年も「日光日台親善協会」が台湾留学生を招待
台湾の人々は日光が好きだ。戦前から多くの人々が訪れている。台湾人として初めて帝
展に入選した石膏坐像「蕃童」や、台湾農村の情緒あふれる風景を描いた遺作レリーフ「水
牛群像」などで知られる天才彫刻家・黄土水(こう・どすい)も妻を連れて訪れたことが
ある。2007年には「奥の細道」探訪で李登輝元総統も訪れている。

 李元総統が日光を訪ねたとき、歓迎会を開いたのが日光東照宮の近くにある石造りの洋
館レストラン「明治の館」だ。この「明治の館」を経営するのが、日光日台親善協会の会
長で、本会理事もつとめる宇井肇(うい・はじめ)氏だ。

 数年前から毎年、台湾人留学生を招待して焼肉パーティーなどを開いて親睦の交流を重
ねている。今年も「日光けっこうフェスティバル・日光秋の花火大会」が行われた10月8日
と翌9日、1泊2日で留学生を招待し、宇井氏は同会事務局長の宇井貴彦(うい・たかひこ)
氏や在日台湾同郷会の方々とともにお世話をしたという。下野新聞がそのことを報じてい
るのでご紹介したい。

 なお、「明治の館」には、李元総統が2007年に訪れたときお手植えされた河津桜もある。
また「明治の館」は日本における蓄音機の父、アメリカの貿易商F.W.ホーンの別荘と
して建造された縁で、宇井氏は蓄音機を蒐集、ギャラリーを開いている。

 ちなみに、本誌でも伝えたように、6月11日、日光市と2009年1月に「観光友好都市協定」
を結んだ台南市の頼清徳市長が300人もの大観光団を率いて日光市の鬼怒川温泉を訪れた。
これは、東日本大震災で外国人観光客が激減したため、斎藤文夫・日光市長が5月に台南市
に出向いて要請し、それに応えたもの。この日光市と台南市との交流を発案し「観光友好
都市」の協定締結まで尽力したのが宇井氏だ。

 日光はいま紅葉の見頃。折しも日光東照宮秋季例大祭が16日と17日の2日間にわたって開
催され、16日には流鏑馬(やぶさめ)神事、17日には徳川家康の神霊を駿府久能山から日
光へ改葬した当時の行列を再現した「百物揃(ひゃくものぞろえ)千人武者行列」が行わ
れる。今年は台湾からの観光客も少なくないという。

◆明治の館
  http://www.meiji-yakata.com/index.shtml


台湾留学生が秋の日光満喫 親善協会が交流
【下野新聞:2011年10月13日】
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/north/nikko/news/20111013/634086

【日光】台湾から日本の大学などに留学している学生が8、9の両日、市内を訪れ、市民ら
と交流した。

 市内の民間人を中心につくる日光日台親善協会(宇井肇会長)が、日光のPRや親睦を
深める目的で毎年開催している。

 参加したのは、首都圏の大学や日本語学校に通う留学生や同郷会のメンバーなど29人。
初日は紅葉シーズンを迎えた奥日光や世界遺産の二社一寺を見学したほか、秋の花火大会
を楽しんだ。

 その後の交流会では、学生が台湾出身のテレサ・テンさんの歌などを披露した。2日目
は足尾を見て回った。

 筑波大修士課程の李秋宜さん(24)は「震災の影響で観光客が減っていると聞きました
が、すてきな場所なのでみなさんに来てもらいたいです」と流ちょうな日本語で話してい
た。

[RelationPost]


● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● 野口健講演「台湾からの再出発」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 映画「海角七号」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0069.reg

● 映画「台湾人生」DVDお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0064.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                    (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,