中国が8月1日から台湾への個人旅行停止と異例の発表

中国の文化観光省は8月31日、47都市の住民に認めていた台湾への個人旅行を8月1日から「「当面の両岸関係に鑑み」一時停止すると発表した。中国が個人旅行を停止するのは初めてのことだそうで、ほとんどのメディアは「個人旅行の停止を公表するのは異例」と報じ、その狙いを「総統選をにらんだ蔡英文政権への圧力」としている。

 昨年は107万人の個人旅行者が訪れたというから、ホテルや飲食業など観光産業には大きな痛手で、読売新聞は「台湾経済は深刻な打撃を受けることになる」と伝えている。

 ただし、観光産業が痛手を受けるのは必至であることは誰にも予測がつくが、台湾経済は果たして「深刻な打撃」を受けるのだろうか。深刻とはどれほどの数値なのか。数値を出さなければ単なるあおり記事に終わり、説得力にとぼしい。

 その点で、日本経済新聞は「台湾の行政院(内閣)による過去の試算を基にすると、8月以降に中国大陸からの個人旅行者がゼロになっても、年間の実質経済成長率を約0.1%下押しする程度にとどまる」と、独自調査による数値を出して記事に深みを加えている。

 また、総統選挙と関連する圧力とするなら、中国が総統選挙にどう対応しようとしているのかにも触れないわけにはいかないが、日経の記事は「中国は蔡氏に圧力をかける一方、韓氏を側面支援して台湾に親中的な政権が誕生するのを期待する」と、きちんと総統選への中国の意向にも言及し、背景がかなり明瞭になる。

 さらに、日経記事は「蔡政権への露骨な圧力はかえって中国への反感を引き起こしかねず、逆効果になる可能性もある」と、台湾が反発する可能性にも触れて記事を締めくくっている。下記にその記事を紹介したい。

 別途、中国国防白書「新時代の中国国防」について、陸上自衛隊の東部方面総監で陸将だった日本戦略研究フォーラム政策委員の渡部悦和(わたなべ・よしかず)氏が詳しく分析しているのでご紹介する。中国が台湾をどうとらえているのか、今回の個人旅行停止に至る中国の基本認識は軍事的な観点からの方がよく分かるようだ。

—————————————————————————————–中国、台湾への個人旅行を当面停止 蔡英文政権に圧力【日本経済新聞:2019年7月31日】

 【北京=高橋哲史、台北=伊原健作】中国は31日、中国大陸から台湾への個人旅行を8月1日から当面の間、停止すると発表した。中国からの旅行客に頼る台湾の観光業に打撃となる可能性が高い。2020年1月の台湾総統選をにらみ、「一つの中国」原則を認めずに米国と軍事的なつながりを強める蔡英文政権に圧力をかける狙いがあるとみられる。

 中国当局は過去にも旅行会社への締め付けなどを通じて対立する国への団体旅行の制限を試みたことがあったとされるが、個人旅行の停止を公表するのは異例だ。

 個人旅行を停止する理由について、中国の海峡両岸旅遊交流協会は31日の発表文で「最近の両岸(中台)関係をかんがみて」とだけ説明した。いつまで停止するかや、団体旅行の扱いには言及していない。個人旅行客が増える夏休みや、10月1日からの国慶節(建国記念日)の大型連休を狙った可能性がある。台湾で対中政策を所管する大陸委員会は「旅行による正常な交流に政治干渉すべきではない」と抗議するコメントを発表した。

 現在、中国大陸から台湾への個人旅行は北京や上海など全国の主な47都市の住民に限って認められている。台湾側の統計によると18年の中国大陸からの観光客は205万人で、うち107万人が個人。総数で2位の日本(144万人)を引き離している。

 台湾の行政院(内閣)による過去の試算を基にすると、8月以降に中国大陸からの個人旅行者がゼロになっても、年間の実質経済成長率を約0.1%下押しする程度にとどまる。ただ100万人規模が従事するとされるホテルや飲食、運輸など観光関連産業が打撃を受けるのは必至だ。

 台湾では2008年に発足した対中融和路線の国民党・馬英九前政権が、中国大陸からの観光客受け入れを段階的に開放した。14、15年は300万人を上回り、全観光客の4割超を占めた。だが中国大陸と台湾が1つの国に属するという「一つの中国」原則を認めない蔡政権が発足した16年以降は減少傾向にあった。

 独立志向を持つ台湾の蔡英文政権は、安全保障面で米国に接近している。米国は台湾海峡に艦船を派遣するほか、7月上旬には台湾への戦車や地対空ミサイルなど総額22億ドル(約2400億円)相当の武器売却も決めた。反発する中国は28日から8月2日にかけて台湾に近い浙江省と広東省の2カ所の海域を航行禁止区域に指定し、軍事演習を実施しているもようだ。

 20年1月の総統選に最大野党の国民党から出馬する韓国瑜・高雄市長は中国との経済関係を強めて台湾を豊かにすべきだと訴える。中国は蔡氏に圧力をかける一方、韓氏を側面支援して台湾に親中的な政権が誕生するのを期待する。

 ただ、蔡政権への露骨な圧力はかえって中国への反感を引き起こしかねず、逆効果になる可能性もある。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

● 台湾土産の定番パイナップルケーキとマンゴーケーキのお申し込み【常時受付】
  2,900円+送料600円(共に税込、常温便)[同一先へお届けの場合、10箱まで600円]
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/2018pineapplecake/

● 最高級珍味 台湾産天然カラスミのご案内【常時受付】
  4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)[同一先へお届けの場合、10枚まで700円]
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/
 *詳細は本会HP ⇒ http://www.ritouki.jp/index.php/info/20160427karasumi/

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・松本洽盛編著『むかし「日本人」いま「台湾人」』 *new
・浅野和生編著『日台関係を繋いだ台湾の人びと(1)・(2)』
・劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』 *在庫僅少
・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』
・呉密察(故宮博物院長)監修『台湾史小事典』(第三版)  *在庫僅少
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』
・『台湾萬歳』
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』*在庫僅少
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『台湾人生

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問(2018年6月23日・24日)*new
・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,