にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

蔡英文政権の経済運営は正当に評価されるべき  山本 秀也(フジサンケイビジネスアイ編集長)

蔡英文総統は2016年5月25日の総統就任式に臨み、第一に「経済構造の転換」を挙げ、台湾経済発展の新しいモデルを構築するとして「従来の単一市場に依存し過ぎた現象と決別」すると宣言した。

 それが、輸出入とも最大の比率を占める中国ファクターの低減であり、同時に新南向政策を推進することだった。政権発足より2年目を迎え、その政策は確実に前進しているようだ。

 本誌では、台湾経済が復調しているのかどうか、失業率や経済成長率、株価、輸出入額、実質賃金など様々な経済指標を紹介してきているが、昨年の経済成長率は2.6%、輸出受注は過去最高の4828億米ドル、輸出額も過去7年で最大の伸び率の3174億米ドルと改善していることを紹介し、失業率も行政院主計総処が2月26日に発表した1月の失業率は3.63%で、これは2001年1月の3.35%以来のほぼ17年ぶりの低さとなったことも紹介してきた。台湾経済が回復傾向にあることはもはや疑えない。

 やはりそのポイントは、蔡英文政権で国策顧問をつとめる元第一銀行頭取の黄天麟(こう・てんりん)氏が指摘しているように中国との関係で、「中国との関係を断ち切りさえすれば、台湾は自由な経済体として飛躍することができる」と指摘していることも紹介したことがある。

 産経新聞の元台北支局長やワシントン支局長を歴任し、現在、フジサンケイビジネスアイ編集長をつとめる山本秀也(やまもと・ひでや)氏も「蔡政権の経済運営は、堅調な回復に復帰したことで正当に評価されるべきだろう」と指摘している。

 そして、日本の対応について「日台の企業連携は意義を失ったのか。むしろ、中国での労働力不足や習政権下のカントリーリスクを前に、日本は新南向政策と同じ方向をみているように思われる。日台の企業連携の可能性は、新たなステージを迎えたのではないだろうか」と、日本企業は台湾企業と連携して共に「新南向政策」に協力し、新たな日台経済協力を構築してはどうかと提案している。

 時宜を得た提案だろう。日本も台湾と同じように「中国との関係を断ち切りさえすれば、自由な経済体として飛躍することができる」のではないだろうか。

 なお、記事の見出しは「台湾経済と『新南向政策』 新たな日台協力の構築を」だったが、「蔡英文政権の経済運営は正当に評価されるべき」としたことをお断りしたい。

—————————————————————————————–台湾経済と「新南向政策」 新たな日台協力の構築をフジサンケイビジネスアイ編集長 山本秀也【産経新聞:2018年3月4日「日曜経済講座」】http://www.sankei.com/premium/news/180304/prm1803040021-n1.html

 戦後の台湾史を振り返ると、経済成長の維持は台湾海峡の安全を支える重要なファクターであった。1990年代以降、貿易・投資を含む中台交流が広がる中で、台湾の政権は大国化した中国との「距離感」を軸に政策のかじを取っている。ここでは蔡英文政権(民主進歩党)の経済運営を検討し、併せて日台の経済連携を考えたい。

 まずは概況をみよう。行政院(内閣)主計総処は、今年の実質域内総生産(GDP)が前年比2.42%増に達するとの見通しを示した。昨年11月の予想(2.29%)を0.13ポイント上方修正する内容だ。

 むろん、これはGDPの伸びが5〜10%に達した10年ほど前の状況と比較できる水準にはない。だが、中国との協調路線を強めた馬英九前政権(中国国民党)は、政権末期の2015年に1%を割り込む低成長に陥っていた。

 この「惨状」を引き継いで、16年に発足した蔡政権の経済運営は、堅調な回復に復帰したことで正当に評価されるべきだろう。蔡政権を「台湾独立派」とみて、中国が団体観光客の訪台抑制など台湾の足を引っ張った事実を踏まえればなおさらだ。

 では、その成長の中身はどうか。まず内需だ。主計総処の示す民間消費は蔡政権下で2%水準を維持。蔡氏が総統就任から「雇用情勢の改善」を訴えてきた結果、17年の失業率が01年以来の低水準となる3.76%にとどまったことも消費のプラス要因だ。

 消費とともに内需の柱となる投資については、半導体分野などで民間の設備投資が弱含みとみられている。

 行政院は17年3月に「前瞻(ぜんせん)基礎建設計画」と呼ばれる社会基盤(インフラ)の大規模整備計画を承認し、計画傘下のプロジェクトに民間投資を呼び込む構えだ。計画は、かつて蒋経国総統が主導した「十大建設」などのインフラ整備に匹敵するとされる。

 ここまで台湾経済の堅調な回復を支える基礎部分をみてきた。18年の展望として台湾当局は内需主導の成長を期待しているが、足元の実績である17年については、明らかに世界経済の回復を受けた外需の貢献が大きかった。

 戦後の台湾経済は、中国大陸と隔絶された環境で、日米を主な貿易相手に成長を遂げてきた。安全保障と相まって、これまで外需依存は台湾経済の基礎的要件でもあった。

 今日の問題は、政治的に対立する中国が輸出入とも最大のパートナーであるという矛盾に尽きる。その比率はグラフに示した通りだ。蔡政権との対話を中国の習近平政権が拒む緊張状態でも、17年の輸出では中国が28%を占めて相変わらず1位である。

 台湾海峡の「現状維持」を掲げる蔡氏が、台湾経済に占める中国ファクターの低減を図ったことは、当然の判断だった。内需拡大に加え、貿易・投資の軸足を中国から東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国などに分散する政策を早期に打ち出した。「新南向政策」である。

 同様の着想に基づく「南向政策」は、中国と距離を置こうとした李登輝、陳水扁の両政権が既にとってきた。蔡政権での新味は、ASEANからインド、オーストラリアなど政策対象を18カ国に拡大した点などにある。

 国民党系の政策専門家は、「大陸(中国)でのリスクヘッジを図る南向政策なら国民党が先にやった話だ」と語る。中国政府は「経済発展の規律に反する単純な政治判断だ」とはね付けている。

 過去の南向政策が、台湾経済をどれだけ中国の「引力」から切り離す政策効果を生んだのかは、結果として疑問だ。蔡政権では、総統府で政策の旗振り役だった部署が今年看板を下ろし、他の部局に業務を引き継いでいる。

 それでも、政策は「アジア太平洋の台湾」というアイデンティティーを模索する蔡政権にとり、経済政策の枠組みを越えた意味を含む。

 翻って、日本の対応はどうだろう。良好とされる日台関係だが、貿易・投資の推移からは00年代半ばを境に日台の経済関係が「縮小傾向に転じた」と専門家は指摘する。

 他方、日本企業には、中国進出のため言語や文化に通じた台湾企業と提携する動きがこれまで出ていた。それも中国の賃金上昇などで、日本企業の対中進出意欲が後退する状況に見舞われている。

 では、日台の企業連携は意義を失ったのか。むしろ、中国での労働力不足や習政権下のカントリーリスクを前に、日本は新南向政策と同じ方向をみているように思われる。日台の企業連携の可能性は、新たなステージを迎えたのではないだろうか。


【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 児玉神社社殿修復事業へのご寄付のお願い
  http://www.ritouki.jp/index.php/info/20170611/

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

● 美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【常時受付】
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、宅配便の都合により、恐縮ですが1件につき
 1,000円(税込)を別途ご負担いただきます。【2014年11月14日】

*パイナップルケーキとマンゴーケーキを同一先へ一緒にお届けの場合、送料は10箱まで600円。

・奇美食品の「マンゴーケーキ(芒果酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」2,900円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

● 書籍お申し込みフォーム
  https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・渡辺利夫著『決定版・脱亜論─今こそ明治維新のリアリズムに学べ』*new
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』 *在庫僅少
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版) *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』 *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』 *在庫僅少
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』 *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

● 映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『海の彼方』(予約受付中!) *new
・『台湾萬歳』(予約受付中!) *new
・『湾生回家』
・『KANO 1931海の向こうの甲子園』 *現在「在庫切れ」(2018年1月25日)
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

● 講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日)
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:00110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


ランキングに参加しています。
↓一日一クリックの応援お願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,