【産経記事】王明理・日台交流基本法制定を

【産経記事】王明理・日台交流基本法制定を
【産経記事】王明理・日台交流基本法制定を

【産経新聞:2019年8月26日】
https://www.sankei.com/region/news/190826/rgn1908260013-n1.html

 台湾の民主化を目指し、日本に亡命した台湾人青年の王育徳氏(1924~85年)が日本で進めた台
湾独立運動をテーマにしたシンポジウム「昭和を生きた台湾青年王育徳-日本で育まれた台湾の民
主化運動」が25日、山形市の山形大で開かれ、県内外から約80人が参加した。

 王育徳氏の次女で台湾独立建国連盟日本本部委員長の王明理氏が、台湾と日本との関係史を紹介
した上で「中国国民党の一党独裁政治下で弾圧された台湾人が独立するため、父の育徳は1960年、
『台湾青年社』を日本で創設。それが米国、ヨーロッパにも広がり、台湾独立連盟(現・台湾独立
建国連盟)になった」と説明した。

 日本のあり方として、米国が1979年に中国と国交を樹立した際、台湾を守るため「台湾関係法」
を策定した事例を挙げ、王氏は「日台関係のよりどころとなる日台交流基本法をつくり、民間レベ
ルでの交流を進めてほしい」と訴えた。


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://www.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=pYeGDPO0NUWPiscVReTya/RT845m4Tx6kiaJplmM4L/RhX6i/pOCNI5qjVXnRVCv

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , ,