【台湾紀行】台湾の国鳥 令和2年9月14日(台湾の声配信) 西 豊穣 <プロローグ> 現在流通している新台湾千元札の裏側には、玉山北峰(日本時代「北山」、標高3,845メートル)(註1)から望んだ玉山主峰(日本時代「新高 …

【台湾紀行】台湾の国鳥 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

「台湾の声」【主張】台湾を紹介する人にもう一度考えてほしい台湾の言語事情 多田恵 2020.8.31  先ほど、『台湾の声』で、“KAKEIの『Taiwan・ビジネス』”というYoutubeチャンネルから、「屋台から75 …

【主張】台湾を紹介する人にもう一度考えてほしい台湾の言語事情 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , ,

【知道中国 2124回】                       二〇・八・念九 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港6)  喧嘩は売られても買わないが、アルコールが目の前に現れたらゼッタイに逃げない。拒否 …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港6) 続きを読む »

タグ: , , , , , , ,

【阿彰の台湾写真紀行】No. 20 便當(piān-tong:ペントン)  台北でそれなりにボリュームもあって、値段も高くない食事を一人だけでしようと思ったら、円卓が並べてあるようなレストランには行かず、食堂風のたたずま …

【阿彰の台湾写真紀行】便當(piān-tong:ペントン) 続きを読む »

タグ: , , , , , , ,

【知道中国 2120回】                       二〇・八・念一 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港2)  中学生の頃に中国に興味を持ち、いずれ将来は中国と関わった人生を送ることになるだろ …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港2) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , ,

【阿彰の台湾写真紀行】No. 19 赤いソース 台湾の屋台や食堂で乾麺(ta-mī :タァミィ=汁なしの和え麺)や甜不辣(thiăn-pú-lah:テンプゥラァッ=台湾風おでん)、肉圓(bah-oân:バァオアン=インデ …

【阿彰の台湾写真紀行】赤いソース 続きを読む »

タグ: , , , , , , ,

【阿彰の台湾写真紀行】No. 18 オーテェ(ô-te:蚵炱、蚵嗲)そして揚げ物類  小さな食堂や屋台で提供されるオーテェ(ô-te:蚵炱、蚵嗲) と呼ばれる軽食は、オーアー(ô-á:蚵仔=牡蠣)が入った円盤状の揚げ物で …

【阿彰の台湾写真紀行】オーテェ(ô-te:蚵炱、蚵嗲)そして揚げ物類 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , ,

【知道中国 2044回】                       二〇・三・仲一 ――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘5) 橘樸「中國を識るの途」(大正13年/『橘樸著作集第一巻』(勁草書房 昭和41年) …

――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘5)橘樸「中國を識るの途」(大正13年/『橘樸著作集第一巻』(勁草書房 昭和41年) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , ,

【知道中国 2039回】                       二〇・三・初一 ――「理屈に拘泥せざる支那人の心境を、余は面白しと感じたり」――遲塚(5/5) 遲塚金太郎『新入蜀記』(大阪屋號書店 大正15年) 重 …

――「理屈に拘泥せざる支那人の心境を、余は面白しと感じたり」――遲塚(5/5)遲塚金太郎『新入蜀記』(大阪屋號書店 大正15年) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , ,

【知道中国 2035回】                       二〇・二・念二 ――「理屈に拘泥せざる支那人の心境を、余は面白しと感じたり」――遲塚(1/5) 遲塚金太郎『新入蜀記』(大阪屋號書店 大正15年) 遲 …

――「理屈に拘泥せざる支那人の心境を、余は面白しと感じたり」――遲塚(1/5)遲塚金太郎『新入蜀記』(大阪屋號書店 大正15年) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,