【知道中国 2280回】                       二一・九・念六 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港162)  時代はやや下って、日本軍が破れた後の中国である。どのようにして新たな中国を打 …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港162) 続きを読む »

タグ: , ,

武漢発、悲劇の「謎」解明! 門田隆将氏が新著でコロナ検証 20日先行発売『疫病2020』【夕刊フジ:2020年6月22日】  世界全体ですでに44万人以上の犠牲者を出している新型コロナウイルスについて、各国で検証作業が進 …

門田隆将氏のノンフィクション『疫病2020』(産経新聞出版)が6月30日に発売 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , ,

【夕刊フジ:2020年5月11日】  新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)が続くなか、世界保健機関(WHO)の年次総会が18日、開催される。ドナルド・トランプ米政権は、世界全体で28万人以上もの死者(米ジョン …

コロナ禍に動く中国の“軍事謀略” 河添 恵子(ノンフィクション作家) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【JBpress:2020年1月2日】 あけましておめでとうございます。  2019年は「逢九必乱」の年のジンクス通り、香港を中心に中華圏は大きな「乱」に見舞われた1年だった。おそらく1989年以来、外交上、最も厳しい局 …

2020年の香港問題、どう転んでも習近平は窮地に  福島 香織(ジャーナリスト) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , ,

【産経記事】「今日の香港は明日の台湾、明後日の沖縄」 蔡英文後援会、日本で来月発足 趙中正会長、中国の脅威に警鐘 【産経新聞3面:2019年8月30日】 https://special.sankei.com/a/inte …

【産経記事】「今日の香港は明日の台湾、明後日の沖縄」 蔡英文後援会、日本で来月発足 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

9月1日、台湾出身で日本に在住する人々が中心になり「日本蔡英文総統後援会」が設立される。その会長に全日本台湾連合会会長で本会常務理事をつとめる実業家の趙中正(ちょう・ちゅうせい)氏が就任する。  産経新聞の矢板明夫・外信 …

台湾との付き合い方を明記の法制定と蔡英文氏の訪日実現を  趙 中正(全日本台湾連合会会長) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【産経主張】ウルムチ暴動10年 中国の弾圧強化を許すな 2019.7.9 産経新聞  中国の新疆ウイグル自治区で、民族衝突が流血の惨劇となった2009年7月のウルムチ暴動から10年がたった。  この間、事件の真相は不明確 …

【産経主張】ウルムチ暴動10年 中国の弾圧強化を許すな 続きを読む »

タグ: , , ,

【宮崎正弘】孟宏偉(インターポール総裁)の拘束は「第二の王立軍」を想起 宮崎正弘の国際ニュース・早読みより転載 孟宏偉(インターポール総裁)の拘束は「第二の王立軍」を想起 中国公安部の高層部、すべて入れ換えていた事態が意 …

【宮崎正弘】孟宏偉(インターポール総裁)の拘束は「第二の王立軍」を想起 続きを読む »

タグ: , , , , , ,

【宮崎正弘】孟宏偉(インターポール総裁)の拘束は「第二の王立軍」を想起 宮崎正弘の国際ニュース・早読みより転載 孟宏偉(インターポール総裁)の拘束は「第二の王立軍」を想起 中国公安部の高層部、すべて入れ換えていた事態が意 …

【宮崎正弘】孟宏偉(インターポール総裁)の拘束は「第二の王立軍」を想起 続きを読む »

タグ: , , , , , ,

国際刑事警察機構(ICPO=インターポール)総裁の孟宏偉氏が9月末から行方不明になっていたが、10月7日、中国共産党の汚職摘発機関である中央規律検査委員会は「孟宏偉を違法行為の疑いで目下、国家監察委員会が監察・調査してい …

国際刑事警察機構総裁を収賄で拘束した習近平政権の異常性と異質性 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , ,