【知道中国 2183回】                      二一・一・仲一 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港65)   いわば香港をめぐる中国とイギリスの立場は、1世紀半ほどの後には完全に逆転してい …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港65) 続きを読む »

タグ: , , , ,

【知道中国 2180回】                      二一・一・初五 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港62)   香港で角突き合わせる日本の両組織の手打ちの条件の1つが「九州、上海から出発する …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港62) 続きを読む »

タグ: , , , , , ,

【知道中国 2041回】                       二〇・三・初五 ――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘2) 橘樸「中國を識るの途」(大正13年/『橘樸著作集第一巻』(勁草書房 昭和41年) …

――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘2)橘樸「中國を識るの途」(大正13年/『橘樸著作集第一巻』(勁草書房 昭和41年) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , ,

【知道中国 2029回】                       二〇・二・十 ――「彼等の中心は正義でもなく、皇室でもない、只自己本位でゐる」服部(11/16) 服部源次郎『一商人の支那の旅』(東光會 大正14年) …

――「彼等の中心は正義でもなく、皇室でもない、只自己本位でゐる」服部(11/16)服部源次郎『一商人の支那の旅』(東光會 大正14年) 続きを読む »

タグ: , , , , , , ,

【知道中国 1905回】                       一九・六・初五 ――「彼等の行動は生意氣の一語に盡きる」――石井(2) 石井柏亭『繪の旅 朝鮮支那の巻』(日本評論社出版部 大正10年)  画家である …

――「彼等の行動は生意氣の一語に盡きる」――石井(2)石井柏亭『繪の旅 朝鮮支那の巻』(日本評論社出版部 大正10年) 続きを読む »

タグ: , , , , ,

【傳田晴久の臺灣通信】「反核災食品公投」 1. はじめに 大分時が過ぎてしまいましたが、昨年11月24日に行われた公民投票、その中でも「核災食品輸入規制継続の可否を問う」第9案について書かせていただきます。私は日本人とし …

【傳田晴久の臺灣通信】「反核災食品公投」 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【台湾通信(第134回):2019年2月5日】*原題は「反核災食品公投」でしたが、掲載に当たって改めたことをお断りします。 ◆はじめに  大分時が過ぎてしまいましたが、昨年11月24日に行われた公民投票、その中でも「核災 …

なぜ「反核災食品公投」は成立したのか  傳田 晴久 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

富山マラソンは2015年11月が第1回というから、今年で4回目というまだ新しいマラソン大会だ。びわ湖毎日マラソン(1946年)や 福岡国際マラソン(1947年)、別府大分毎日マラソン(1952年)、大阪国際女子マラソン( …

【祝】 富山マラソンと澎湖の菊島澎湖離島横断マラソンが「姉妹レース」を提携 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , ,

【知道中国 1713回】                       一八・四・初七 ――「支那人の終局の目的は金をためることである」――廣島高師(2) 『大陸修學旅行記』(廣島高等師範學校 大正3年) 若者たちは郊外電 …

――「支那人の終局の目的は金をためることである」――廣島高師(2)『大陸修學旅行記』(廣島高等師範學校 大正3年) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , ,

【知道中国 1710回】                       一八・三・念八 ――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(17) 内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)  財政基盤が脆弱である以 …

――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(17)内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , ,