【知道中国 2274回】                       二一・九・十 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港156) 第六劇場を常打ち小屋として京劇を演じていた童伶(こどもやくしゃ)は、春秋戯劇学校 …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港156) 続きを読む »

タグ: , , , , ,

【知道中国 2259回】                       二一・八・初一 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港141)  サッチャー首相が持ち出したイギリス側の要望は鄧小平に鼻先であしらわれ、完膚な …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港141) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , ,

【知道中国 2191回】                       二一・一・卅 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港73)   いまさら桑原や仁井田のダメさ加減を嘲笑したところで詮無いこと。ただ、戦後日本の …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港73) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

【知道中国 2182回】                      二一・一・初九 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港64)   大橋が香港を訪れた1900(明治33)年は、イギリスが新界を99年期限で租借し …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港64) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

【知道中国 2173回】                      二〇・十二・廿 ――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港55)   マクレホース総督を殊更にヨイショする心算はないが、やはり“あの頃”から香港は香 …

――英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港55) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , ,

 かつて台湾の檜は、橿原神宮の神門と外拝殿、明治神宮の鳥居、東大寺大仏殿の垂木、靖國神社の神門など日本を代表する寺社仏閣で使われてきた。  産経新聞文化部編集委員の喜多由浩(きた・よしひろ)氏は同紙に連載している「台湾日 …

社寺を支えた阿里山の巨木  喜多 由浩(産経新聞文化部編集委員) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」:2020年7月15日】*小見出しは、読者の便を考慮して編集部が付していることをお断りします。 ◆日台の絆に水を差す中国国民党政治家  台湾の「鉄道の父」は日本人 …

「台湾鉄道の父」を日本人から中国人に変えようとする姑息な動き  黄 文雄(文明史家) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【知道中国 2100回】                       二〇・七・十 ――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘60) 「孫文の東洋文化觀及び日本觀」(大正14年/『橘樸著作集第一巻』勁草書房)  こ …

――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘60)「孫文の東洋文化觀及び日本觀」(大正14年/『橘樸著作集第一巻』勁草書房) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

【知道中国 2099回】                       二〇・七・初八 ――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘59) 「孫文の東洋文化觀及び日本觀」(大正14年/『橘樸著作集第一巻』勁草書房)  …

――「ポケット論語をストーブに焼べて・・・」(橘59)「孫文の東洋文化觀及び日本觀」(大正14年/『橘樸著作集第一巻』勁草書房) 続きを読む »

タグ: , , , , , , , ,

【台湾紀行】南蕃騷擾殉職警官碑 令和2年5月19日 西 豊穣 <プロローグ> 今年の三月、東京在住のM氏より突然メールを頂いた。筆者の『台湾古道』ブログ中、パイワン族「大亀文王国」に関する記事の中で紹介した、一基の慰霊碑 …

【台湾紀行】南蕃騷擾殉職警官碑 続きを読む »

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,