タグ: フェイス

1月6日の民進党主席選挙に卓栄泰・行政院秘書長と游盈隆・台湾民意基金会董事長が立候補

先の統一地方選挙で大敗した民進党は、大敗の原因は外交や対外関係ではなく内政にあったと分析し、内政の軌道修正を図りつつあるという。  敗戦の責任を取って主席を辞任した蔡英文氏の後任の主席選挙は1月6日に行われ、卓栄泰・行政

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【黄 文雄】統一地方選挙は国民党が勝利したのか

【黄 文雄】統一地方選挙は国民党が勝利したのか           黄 文雄(文明史家) 【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」より転載 ◆政権党の民進党はなぜこれほど大敗してしまったのか  台湾の統

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

統一地方選挙は国民党が勝利したのか  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」第263号:2018年11月28日】http://www.mag2.com/m/0001617134.html*読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付したこ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

大阪駐在の台湾外交官の死から、日本人が学ぶべきこと 栖来ひかり(台湾在住ライター)

昨日発行の本誌で、台北駐大阪経済文化弁事処の蘇啓誠・処長を自死に追い込んだフェイクニュースがなぜ生まれたのか、東洋経済新報記者の劉彦甫氏の記事がもっとも詳しく伝え、真相に迫っているのではないかとご紹介した。  記事は2本

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

蔡英文総統が陳菊秘書長と李登輝元総統を訪問

台湾ではお正月(春節)や端午の節句(端午節)などとともに、十五夜のお月見(中秋節)がとても大切にされている。いずれも新暦ではなく旧暦でお祝いし、祝日となっている。  今年の中秋節は9月24日(新暦の8月15日)。それに先

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社)

【良書紹介】『吉田茂という反省』(自由社) 阿羅健一・杉原誠四郎 対談 歴史戦、憲法改正に関わる重要文献の紹介です。 阿羅健一・杉原誠四郎共著『吉田茂という反省-憲法改正をしても、吉田茂の反省がなければ何も変わらない』(

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , ,