NHK偏向報道 「客観的判断」台湾人は怒る

NHK偏向報道 「客観的判断」台湾人は怒る
【10月6日 産経新聞 21面】
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/091006/biz0910060133004-n1.htm

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」の番組内容
に偏向・歪曲(わいきょく)があったと批判が相次いでいる問題は、国内だけでなく台湾
人社会でも批判が広がっている。彼らは何に怒り、なぜ怒りが収まらないのか。

■要人も批判

 番組への批判は台湾要人からも相次いでいる。

 「制作者に問題がある。NHK全体の問題か、制作者本人の曲がった考えに根ざすのか。
いずれにしても彼らの手にかかると曲解された形で放送されてしまう。報道に携わる人間
のあるべき態度ではない」

 訪日した台湾の李登輝元総統は離日直前の9月9日、記者会見で番組をこう批判した。

 駐日大使館にあたる台北駐日経済文化代表処の元代表、許世楷(きょ・せいかい)氏も
TV局「チャンネル桜」のインタビューで「営々と築きあげた両国の関係を壊す番組。台
湾統治に限らず、歴史事象には一様に明暗があり、取り上げ方が重要。この番組はネガテ
ィブな要素ばかりをクローズアップしている」と指摘。「番組制作者が一体どこまで作為
的だったのか。とても気になった」と憂慮する。

 「出演者の発言は普段の言動と全く違う発言だった」。こんな違和感も台湾人から多く
聞かれる。

 さらに台湾人の怒りを増幅させているのがNHK側の対応だ。

 ≪パイワン族の人たち自身が当時どう受け止め、感じたかということは、「人間動物園」
の事実を左右するものではありません。こうしたことは台湾の方々にとっても心地よいこ
とでないことはもちろんですが、番組は当時の状況の中でおきた事実としてあくまでも客
観的に伝えたものです≫(NHKのHPから)

■「人間動物園」

 NHKは、1910(明治43)年の日英博覧会のパイワン族の写真に、「人間動物園」の文
字をかぶせ、ナレーションで≪イギリスやフランスは博覧会などで植民地の人々を盛んに
見せ物にしていました。人を展示する「人間動物園」と呼ばれました≫と放送した。

 英仏の動物園では植民地の人間を見せ物にすることがあり平成になって仏人学者が「人
間動物園」と称した。NHKはこの学説などを根拠に、パイワン族の展示も「人間動物園」
にあたるとした。しかし、自分たちを世界に知らしめた栄誉な機会と今でも考え、美しい
記憶として伝えてきた台湾南部の高士村の多くの人は収まらない。パイワン族からは「N
HKに聞きたい。日本政府が当時、『人間動物園』などという言い方をしていたのか。あ
の展示が『人間動物園』と呼ばれること自体、パイワン族の尊厳を傷つける番組で、私た
ちには理解できない」と怒る。

■「民族差別的だ」

 日本李登輝友の会の柚原正敬事務局長は「NHKは学者に依拠して客観的というが、そ
れが紛れもない客観的事実だと判断したのは他ならぬNHKなのです」と指摘。「パイワ
ン族が当時、どう思ったかは事実認定を左右するものではない、というのも民族差別的な
意識をNHKに感じ、人権侵害と感じている」と現地の思いを代弁する。

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , ,