頼清徳台湾行政院長の誕生  澁谷 司(拓殖大学海外事情研究所教授)

【日本戦略研究フォーラム「澁谷司の『チャイナ・ウォッチ』?243」:2017年9月13日】http://www.jfss.gr.jp/home/index/article/id/470

*読みやすさを考慮し、小見出しは本誌編集部で付したことをお断りします。

◆政権支持率浮揚を企図して「切札」の頼清徳・台南市長を行政院長に指名

 今年(2017年)9月8日、台湾では新内閣が発足した。蔡英文総統が、頼清徳台南市長を行政院長(首相)に指名したのである。

 台湾はフランスの政治体制(半大統領制)と似ていて、総統(大統領)が自ら組閣するのではない。総統が首相を指名し、総統と首相が共同で組閣する。

 元来、医師であった頼清徳は、民主進歩党(以下、民進党)の「切札」的存在である。今年半ばの各種世論調査でも、2020年の総統選挙において、民進党候補では頼清徳が蔡英文を抑えてトップである(例:今年6月『時報周刊』では、頼清徳27.9%の支持で、蔡英文の支持20%を上回る)。従って、民進党は頼清徳を次期総統候補として、“温存”する手も考えられた。

 実は、蔡英文は総統就任以来、支持率(正確には満足度)は、右肩下がりとなっていた。他方、不支持率(同、不満足度)は、右肩上がりである。林全行政院長(外省人官僚)の政権運営が上手くいかなかったためとも言えよう。

 そこで、蔡英文総統は、政権の支持率浮揚を企図して、頼清徳台南市長を行政院長に担ぎ出したのである。頼新首相は、「経済再生」を目指している。そして、頼は大部分の大臣を留任させた。

 9月に入って行われた台湾での世論調査でも、頼清徳新首相に期待する台湾住民は過半数に達している(例:『中国時報』では50.2%)。期待が6割にのぼる調査(例:「臺電視Next TV世論調査センター」60.2%)もある。

◆楽観は許されない頼清徳新首相の航海

 もし、頼新首相が見事な政治手腕を発揮して、台湾の景気を十分に回復させたとしよう。

 その場合、2020年の総統選挙では、民進党は頼清徳が総統候補でも、また「蔡総統・頼副総統」ペアでも勝利する公算が大きい。

 しかし、逆に頼清徳首相が実績を残せなかった時には、総統候補の目がなくなるかも知れない。今度の人事はその危険性を孕む。

 周知のように、台湾の「少子化」は、韓国やシンガポールと並んで世界でもトップクラスである。おそらく、今年も台湾のGDPは2%成長台がやっとではないか(行政院主計総処のデータでは、上半期の成長率2.39%、通年では2.11%)。3〜4%伸びれば賞賛に値しよう。

 かつて台湾は、世界一中国への貿易依存度が高かった。馬英九政権が「中国一辺倒」政策を実施したからである。

 中国経済が好調の時は、それでも良かった。だが、2015年・2016年、中国は明らかに不況だったので、台湾経済はその影響をもろに受けた。

 そこで、昨2016年5月、蔡英文は総統就任以後、すぐさま「新南向」政策を打ち出した。

 民進党政権は、中国共産党との関係が微妙である。蔡英文総統は、未だ「92年コンセンサス」(「一中各表」=「一つの中国。中国側は中華人民共和国を『中国』とし、台湾側は中華民国を『中国』とする」)を認めていない。そこで、習近平政権は、台湾経済へ打撃を与えようとして、中国人観光客の訪台を制限している。

 以上のように、頼清徳新首相の航海は、決して楽観は許されないだろう。

◆柯文哲・台北市長の高まる名声と政権復帰は難しい中国国民党

 ところで、目下、柯文哲台北市長(無所属。民進党に近い)も人気が高く、台湾政治では侮れない存在となっている。

 今年8月下旬に台北市で開催されたユニバーシアードでは、台湾チーム(中華隊)は、金メダル数においても日本、韓国に次いで、第3位だった。また、メダル総数においても台湾チームは、日本、ロシアに次いで第3位と大健闘した。

 2017年台北ユニバーシアードは成功裏に終わり、柯文哲市長の名声は更に高まっている。

 仮に、2020年の総統選挙を見据え、柯文哲市長が自ら新党を立ち上げるか、或いは(民進党に近い)「時代力量」に合流すると、与党・民進党にとっては脅威になるかも知れない。

 他方、最大野党・中国国民党(以下、国民党)は、「中台統一」の看板を下ろし「台湾国民党」(国民党の更なる“台湾化”)へ脱却しない限り、2度と政権へ復帰するのは難しいだろう。

 その最大の理由は、SNSの発達で、「自分の故郷が大好き」な若い有権者が増大したためである。今の若者に対して、かつて国民党の十八番だった旧メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等)を駆使した台湾住民への“洗脳”が出来なくなった。

 今後も彼らは、中国大陸からやって来た“外来政権”である国民党には決して親近感を覚える事はないだろう。

             ◇     ◇     ◇

澁谷司(しぶや つかさ) 拓殖大学海外事情研究所教授、日本戦略研究フォーラム政策提言委員

1953年、東京生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。同大学院「地域研究」研究科修了。関東学院大学、亜細亜大学、青山学院大学東京外国語大学等で非常勤講師を歴任。2004〜05年、台湾の明道管理学院(現、明道大学)で教鞭をとる。2011〜2014年、拓殖大学海外事情研究所附属華僑研究センター長。現在、同大学海外事情研究所教授。

専門は、現代中国政治、中台関係論、東アジア国際関係論。主な著書に『戦略を持たない日本』『中国高官が祖国を捨てる日』『人が死滅する中国汚染大陸 超複合汚染の恐怖』(経済界)等多数。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

*台湾ビール(缶)は在庫が少なく、お申し込みの受付は卸元に在庫を確認してからご連絡しますの
 で、お振り込みは確認後にお願いします。【2016年12月8日】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 [同一先へお届けの場合、10箱まで600円]

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 [同一先へお届けの場合、10枚まで700円]

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・門田隆将著『汝、ふたつの故国に殉ず
・藤井厳喜著『トランプ革命で復活するアメリカ
・呉密察(國史館館長)監修『台湾史小事典』(第三版)
・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟』  *在庫僅少
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)  *在庫僅少
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』  *在庫僅少
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』  *在庫僅少
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr
*第1号〜第15号(最新刊)まですべてそろいました。【2017年6月8日】

●酒井充子監督作品、映画「台湾萬歳」全国共通鑑賞券お申し込み
https://goo.gl/pfgzB4

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『湾生回家』 *new
・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』 *現在「在庫切れ」(2017年8月31日)
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・2014年 李登輝元総統ご来日(2014年9月19日〜25日) *new
・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1
 Twitter:https://twitter.com/jritouki

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,