犯罪白書を報道する新聞記事は中国と台湾の区別なし

犯罪白書を報道する新聞記事は中国と台湾の区別なし
新聞は警察庁発表通り中国人と台湾人を区別して表記すべきだ

 平成16年 外国人犯罪 新聞記事について
                             新潟 横木英夫

 先頃、メールマガジン「台湾の声」でNHK札幌放送局の台湾観光客問題に関
する一連の記事と経過を読んで、日頃何気なく聞いているアナウンサーの一言に
も裏にこれだけの深い意味が有ることを知って感心するとともに、こういった細
かい点も見逃さないで抗議していくことが、台湾問題に及び腰のマスコミの意識
改革につながるのかと感じいった次第です。
 そんな目で見ると、私も先日発表された警察庁の16年版犯罪白書の新聞記事
を読んで気になったことがあります。それは外国人犯罪の記事で、国籍別検挙数
を只単に中国と表記してあった点です。
 台湾人の犯罪件数が少ないことは貴誌(メールマガジン「日台共栄」)を読ん
でいれば分かることで、念のためネットで「外国人犯罪」で検索して出てきた「
来日外国人犯罪の現状(平成15年上半期)」の、統計から見る来日外国人犯罪
の特徴では国籍等別検挙状況で 中国(台湾、香港等を除く。以下同じ。)とは
っきりと台湾人は中国人とは別個に統計を取っていて、台湾人は検挙件数が少な
いのでその他の外国人にカウントされています。(16年版は確認しておりませ
んが、多分台湾 香港は中国とは別に統計を取っていると思います)
 ところが、新聞では「台湾、香港等を除く。以下同じ」とするカッコ書きが無
く、これでは一般の人々は検挙件数の多い中国人と少ない台湾人を混同する恐れ
が多分に有ると思います。
 これははっきりと新聞社に抗議して警察庁の発表通りカッコ書きをつけて、出
稼ぎ犯罪国民の中国人と、台湾人は全く別個の国民であることを、購読者に理解
できるよう表記するように要求すべきと思いますが、いかがでしょうか。
 中国からいつもの通りイチャモンが来ても事実は事実であり、新聞社は警察庁
の発表通り記事にしているわけですから、新聞社が抗議を恐れる理由は全くない
と思います。
 ちなみに私は2月24日付の「読売新聞」のネット記事と2月25日付の地元「新
潟日報」で見ました。


外国人犯罪、過去最多 中国人4割超に
【読売新聞 2月24日】

 昨年1年間に全国の警察が摘発した外国人は2万1842人で、一昨年より9
・2%増加し、過去最多を更新したことが、警察庁のまとめで分かった。
 外国人が容疑者となった事件の摘発数も、16・0%増の4万7124件で、
同じく過去最多だった。
 摘発数を1989年(平成元年)と比べると、東京都内の増加率が2・2倍で
、近畿は7・4倍。これに対し、中部は57・6倍、四国は51倍に上るなど、
外国人犯罪の地方拡散傾向が強まっている。
 摘発した外国人の国籍別では、中国の9257人(一昨年比2・9%増)が全
体の42・4%を占め、韓国2065人(同15・2%増)、フィリピン163
8人(同22・9%増)、ブラジル1321人(同7・9%増)と続いた。
 凶悪犯(殺人、強盗、放火、強姦=ごうかん=)に限っても、中国が45・8
%(193人)を占め、2番目に多いブラジル(109人)や、3番目の韓国(
19人)などと比較して突出ぶりが目立った。
 また、不法滞在者は、半数を超える1万2306人だったが、残る正規滞在者
の26・6%(2538人)を留学生・就学生が占めた。
 偽造旅券による不法入国事件は1720件で、一昨年より52・3%増加し、
過去最多だった。
 警察庁では、旅券の偽造のほか、偽装結婚のあっせんや海外への違法送金など
が、外国人犯罪者による不法入国や長期滞在を助長していると分析、「その一掃
を目指し、情報収集や取り締まりを強化したい」としている。


◇第2回台湾李登輝学校研修団で訪台するため、3月12日(土)から16日(水)
 まで、日本李登輝友の会の事務所を閉めます。悪しからずご了承ください。

◇現在、本会ホームページ管理者の都合によりホームページが更新されていませ
 んが、近々、更新いたしますのでもうしばらくお待ちください。

◇李登輝前総統も激賞のDVD映画「跳舞時代」(日本語字幕付)、好評頒布中!
■頒布価格 会員:3,500円 一般:3,980円
■詳細はホームページ(2004年12月16日の項)に掲載

◇会員になって李登輝さんと台湾を応援しよう!!
■日本に在住あるいは勤務する方で、日台共栄を目的とする本会の趣旨に賛同さ
 れる方であれば、どなたでも入会できます。
■台湾など海外在住の方も「賛助会員」として入会できます。
■詳しい入会案内はホームページに掲載


◇ご購読ありがとうございます。お知り合いの方にもご購読をお勧め下さい。
●お申し込み・バックナンバー・退会はこちらから
 http://www.melma.com/mag/57/m00100557/
●ご意見・ご感想はこちらにお寄せ下さい。
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp
●ホームページはこちらから
 http://www.ritouki.jp/


マガジン名:メールマガジン「日台共栄」
発 行 日:毎週配信(ほぼ毎日)
発   行:日本李登輝友の会・メールマガジン「日台共栄」編集部


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , ,