李登輝前総統の「週刊東洋経済」連載「長老の智慧」(3)

李登輝前総統の「週刊東洋経済」連載「長老の智慧」(3)
アジアでは米中の覇権争い 日本は自信を持って行動を

 李登輝前総統が「週刊東洋経済」(東洋経済新報社発行)誌の「長老の智慧」という1
ページコラムに、12月3日発売の12月8日号から5回にわたる連載を始められた。

 12月25日発売の「2007年12月29・2008年1月5日迎春合併特大号」特別定価700円(税込)
で4回目となる。この号では「有能な人間を特別部局に、試験だけに強い人材は無用」
と題して寄稿されている。

 先に見逃した読者のため第1回目(12月19日発行、第664号)と2回目(12月23日発行、
第668号)をご紹介したが、ここに第3回目掲載分をご紹介したい。また、第1回から第4
回までの見出しをご参考まで下記に掲載する。              (編集部)

■週刊 東洋経済 2007年12月29・2008年1月5日迎春合併特大号(12月25日発売)
 http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/
・その1 台湾の基礎を築いた後藤新平 独自の精神性にこそ惹かれる
・その2 現実と仮想との混乱を憂う 最も重要なのは信仰心
・その3 アジアでは米中の覇権争い 日本は自信を持って行動を
・その4 有能な人間を特別部局に 試験だけに強い人材は無用


【「週刊東洋経済」12月22日号(12月17日発売)掲載「長老の智慧」】

李登輝 その3【全5回】

複雑な国際政治の渦中にいた老練な指導者は、アジアでの米中覇権競争を予見する。日
本は今こそ自信を持って国際舞台で存在感を示してほしいと、期待の言葉を投げかける。

■李登輝 り・とうき
●1923年台湾生まれ。京大農学部を経て49年台湾大卒。米コーネル大博士。72年に政界
入り。88年蒋経国・総統死去により副総統から総統に就く。96年には直接選挙制による
初の総統に。2000年退任。台湾の民主化を指導した。

アジアでは米中の覇権争い
日本は自信を持って行動を

 台湾にとって、アメリカは重要な友好国です。正式な国交はありませんが、米国には
「台湾関係法」という法律があって、台湾の現状維持と安全保障に関与することを定め
ています。つまり、もし台湾海峡に何かが起こった場合には、米国は台湾を守ることに
なっているのです。

 ただし現在の米国はイラク、イランをはじめとする中東問題に縛られてしまっており、
東アジアでは何もできない状態になっています。

 ロシアにとってそれは好ましいことです。大胆なことをいえば、ロシアは中東で反米
的な動きに関与しているかもしれない。米国が中東問題から抜け出ることができない状
態は、中国と並んで将来の世界のリーダーになりたいロシアにとって好都合です。

 米議会では民主党が優勢になっており、ブッシュ大統領が指導力を発揮しにくくなっ
ています。加えて任期切れを控えており、一層、不利な立場にあります。米国が外交の
失敗から立ち直るのは、選挙後の2009年以降ということになるでしょう。こうした米国
の影響力低下に乗じて、強権政治の国で米国に挑戦的な国──それはベネズエラから北
朝鮮まで──が、より侵略的な行動に出ることが予想されます。

 東アジアでは米国の影響力が一時低下している間に、中国がその勢力を増してくるで
しょう。だが、そうはいっても米国には世界一の軍事力があります。ブッシュ後の新大
統領が体勢を立て直し、新たな政治周期に入り影響力を取り戻したとき、東アジアでは
中国との激しい権力競争が繰り広げられることになる。東アジアは米中の太平洋争奪時
代に突入するということです。

 私の総統時代、台湾を威嚇するため中国は1995年と96年にミサイルを発射しました。
中国は今も800発のミサイルを台湾に向けています。しかし、今後、簡単に撃つかといえ
ばそれはない。国家指導者が江沢民から胡錦濤に替わっていますし、撃ったら大変なこ
とになることは彼らもよく知っています。

 私は日本にはもっと主体的に行動し、東アジアの政治を主導する国になってほしいと
考えています。軍国主義は問題外ですが、東アジアの安全保障にもっと関与してよいで
しょう。

 日本は経済では長い不況を克服しました。経済協力でも日本の役割は大きなものがあ
ります。いろいろな分野でもっと自信を持ち、堂々と行動に移すことを期待しています。
                                   (つづく)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――   2>> 本日午後2時、櫻井よしこさんを講師に「日台共栄の夕べ」【当日受付可】
   演題は「日本と台湾の大切な関係」、第2部では来日時の模様を上映

 本日午後2時30分より開かれる、今年の「日台共栄の夕べ」には、金美齢・前総統府国
策顧問、小池百合子・衆議院議員、中條高徳・アサヒビール!)名誉顧問、梅原克彦・仙
台市長、園田天光光・育桜会名誉会長、廖經邦・台湾駐日代表処顧問、新井弘一・国策
研究会理事長、園田逸夫・台湾教会会長、齋藤毅・台湾教会理事長、易錦銓・日本長昌
友之会代表委員、何康夫・在日台湾同郷会会長、樺山卓司・都議会自民党日台友好議員
連盟会長、小磯明・都議会自民党日台友好議員連盟幹事長、宮元陸氏・石川県議会日台
友好議員連盟幹事長、古田島洋介・日台交流教育会会長など、日頃より日台交流に尽力
される方々が数多く参加されます。

 第1部、櫻井よしこさんの「日本と台湾の大切な関係」と題したご講演の後に、質疑
応答のコーナーも設けましたので、櫻井さんにどしどしご質問ください。

 また、第2部の「大忘年会」では、李登輝前総統の来日時の模様を上映し、また「正名
運動」についても都議会での動きについてお話しいただきます。もちろん、台湾往復チ
ケットなど豪華景品も当たるお楽しみ抽選会もあります。

 会員以外の方でも台湾にご縁のある方々ならどなたでも大歓迎です。当日受付も可で
すので、ふるってご参加ください。                  (編集部)


平成19年 日台共栄の夕べ

■日 時  平成19年12月24日(休・月) 午後2時30分〜(受付開始:2時)

■会 場  アルカディア市ヶ谷
      〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL:03-3261-9921
      【交通】JR総武線・市ヶ谷駅 徒歩2分
          地下鉄有楽町線・南北線・市ヶ谷駅(A1-1)出口 徒歩2分
          地下鉄新宿線・市ヶ谷駅(A1-1、A4)出口 徒歩2分
          http://www.jps.gr.jp/news/20020411map.htm

  第1部:講 演 会 櫻井よしこ先生「日本と台湾の大切な関係」
      2時30分〜4時 3F 富士の間

  第2部:大忘年会(各界スピーチ、上映会、お楽しみ抽選会など)
      4時30分〜7時 3F 富士の間

■参加費  正会員以上:5,000円 普通会員:6,000円 学生会員:5,000円
      一般:8,000円

      *参加費は第1部・第2部を含みます。第1部のみ参加は一律1,000円
      *当日入会者も会員扱いと致します。

■申込み  FAXかメールで日本李登輝友の会まで【当日受付可】
      FAX: 03-5211-8810 E-mail: ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp

■お問い合せ・主催
 日本李登輝友の会[会長 小田村四郎]
 〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
 TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810 
 E-mail ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


■「平成19年 日台共栄の夕べ」申込書(いずれかに○をつけて下さい)

ご氏名:          (会員・一般)

電話:

講演会:ご出席・ご欠席

懇親会:ご出席・ご欠席

*会員の方及び会員希望の方は会員種別に○をつけてください。
 賛助(04) 正(03) 普通(02) 学生(01)

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,