李登輝元総統が「月刊「正論」11月号で民主党政権の失態と外交史上の汚点を指摘

李登輝元総統が「月刊「正論」11月号で民主党政権の失態と外交史上の汚点を指摘
これほど強い調子で日本の政府や政治家をたしなめる李登輝元総統の発言は、恐らく初
めてではないだろうか。寡聞にして知らない。

 李元総統は月刊「正論」11月号(10月1日発売)に「最高指導者の条件」と題した論考を
寄稿されている。「最高指導者の条件」とは、3年前にPHP研究所から出版された単行本
のタイトルと同じだ。その焼き直しかなと思いつつ読んでみたら、まったく違う印象だった。
強い調子で民主党政権のリーダーシップを問い詰めている。

 まず野田佳彦総理について、最高指導者の資質を備えているかもしれないが、「それが
発揮されなければ意味がありません」とのっけから厳しい。

 さらに厳しいのは鳩山由紀夫・菅直人政権の外交についてだ。「民主党が掲げる『主体
的』とはあまりにもかけ離れていた」として、普天間飛行場の迷走ぶりを指摘し「対米追
従一辺倒になってしまった」と嘆き、菅政権のときの中国漁船衝突事件において船長を釈
放したことを「法治国家としてあるまじき失態」と憤っている。「外交史上に汚点を残し
た責任はあまりにも重い」とさえ述べる。

 では、どうして日本には強力なリーダーシップを持った優れた政治指導者が少なくなっ
たのかというと、李元総統は後藤新平と吉田茂を取り上げて「傑出した最高指導者」と評
し、強力なリーダーシップを発揮できたのは「やはり、信仰を持っていたからでしょう」
と喝破している。

 これまで李元総統は最高指導者の条件として「孤独を支える信仰」を第一義として、自
らのキリスト教への入信状況などの具体例を説くのが常だったが、月刊「正論」ではさら
に踏み込んで「ご先祖様でもいいし、国家でもいい。何か絶対的な存在を、心の中に持つ
べき」と説き、さらに後藤や吉田は「国家や天皇という、絶対的な信仰を」持っていた
と、日本という国柄に即した説き方をする。

 そして「戦後の日本は、敗戦によるトラウマからか『国家のために』とか『天皇のため
に』という意識を時代錯誤と決めつけ、自ら捨て去ってしまいました」と、公に尽くす大
事の源泉を失っている元凶を剔抉(てっけつ)する。まさに至言と言ってよい。日本への
愛情に満ちあふれたアドバイスだ。

 それをさらに日本的に演繹すれば、靖國神社への参拝ということになるだろう。鳩山・
菅時代、靖國神社への閣僚参拝は禁止された。だが、野田総理にとっては靖國神社参拝が
一つの踏絵となる。いみじくも月刊「正論」の同号で、西村眞悟・前衆議院議員が、野田
総理の踏み出すべき「貴重な着手点」として靖國神社参拝を勧めている。併せて味読され
たい。

◆月刊「正論」
  http://www.sankei.co.jp/seiron/

[RelationPost]


● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg

● DVD「野口健講演:台湾からの再出発」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0088.reg

● 増補改訂版 『台湾史小事典』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0076.reg

● 友愛グループ機関誌『友愛』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0082.reg

● 廖継思著『いつも一年生』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0075.reg

● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                    (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
       〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
       TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
       E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , ,