日本懐古ブームに見る台湾の「戦後からの脱却」  黄 文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」:2016年11月29日】

 台湾のドキュメンタリー映画『湾生回家』が東京で上映されています。台湾では、ドキュメンタ
リー映画にしては異例のヒット作となり、金馬奨にノミネートされるなど話題を呼びました。

 注目すべきは、この映画の支持層が若者だということです。日本統治時代を描いた台湾映画は、
近年何かと話題になっています。その発端は、2009年に日本でも公開された『海角七号〜君思う国
境の南〜』でした。この映画は、台湾で大ヒットし、当時の台湾では『タイタニック』に次ぐ人気
映画としてランクインされたほどです。

 その後も、『海角七号』の監督による霧社事件を描いた『セデック・バレ』、戦前に甲子園に準
優勝した台湾の野球チームを描いた『KANO 1931 海の向こうの甲子園』、日本統治時代にタイム
スリップした大学生を描いたコメディ映画『大稲埕』などが次々と公開されました。

 これらの映画で注目を浴びた俳優は女優もいました。『海角七号』では、台湾で活躍する日本人
女優の田中千絵が、この映画をきっかけとして中華圏で名を馳せました。『KANO』は、日本側の俳
優陣も豪華に揃え、永瀬正敏や大沢たかお、坂井真紀などが出演しています。

 なぜ、日本統治時代を描いた映画が続けて台湾でヒットするのか。そして、これらのヒット作を
支えているのは、なぜ日本統治時代を知らない若者たちなのか。答えは簡単です。

 台湾人は蔡政権を迎えて、アイデンティティーの見直しを迫られました。自分たちは中国人なの
か台湾人なのか。「92共識」を受け入れていない蔡政権を支持すべきかどうか。その答えを探すた
めには、日本統治時代は避けて通れない道だったのです。

 私もこれまで多くの著書で述べてきましたが、日本統治時代、日本は数え切れないほどの恩恵を
台湾にもたらしました。それは、いわゆる植民地統治とは一線を画すものです。

 メルマガの読者の皆様には、今更言うまでもありませんが、日本は台湾に教育、衛生、医療、イ
ンフラなど、近代社会として不可欠なものをすべて揃えました。その中で、台湾人と日本人との素
晴らしい交流も数知れず生まれました。

 日本時代を消極的に評価する人は、日本が去った後に来た国民党があまりにひどい統治をしたか
ら、日本統治時代が美化されていると言いますが、それは違います。日本は台湾を植民地としてで
はなく、内地同様に扱い統治したのです。

 そして今回、当時を知る生き証人たちにスポットが当てられたのが『湾生回家』でした。台湾生
まれの日本人が、終戦とともに日本に引き揚げたけれど、故郷は台湾との思いを持っている人々。
離れ離れになった台湾の友人をいつまでも気にかけていた台湾生まれの日本人たち。そうした人々
にスポットを当てて、彼らの交流と人生に思いを馳せる映画。

 その映画を、台湾の若者が見て、彼らは日本統治時代へと思いを馳せるというわけです。湾生た
ちが高齢ながらも、自らの体験を語れる今のうちに、こうした映画が登場したことは本当にいいこ
とだと思います。歴史的な証言として、後世に残すことができます。

 こうした歴史を再検証するムードは大歓迎です。台湾人は、台湾の歴史を再認識して自信を持っ
て「台湾人」を名乗って頂きたい。そうすれば、その後の選択も自ずと決まってくるからです。

 私は11月1日から5日まで、ロスアンゼルスの日本人会と2つの台湾人会で「蔡英文政権と日米中
関係」をテーマに講演をしました。その際、『湾生回家』を見たという方がとても多かったのが印
象的でした。

 かつて、私は台湾で『海角七号』をはじめとするヒット作を手掛けた魏徳聖監督兼プロデュー
サーを訪ね、ヒット作の製作過程について聞いたことがあります。『セデック・バレ』の製作費用
の捻出に苦しんだけれど、企業界で資金援助を得ることができたとの苦労話も聞きました。

 1903年、第19回帝国会議での桂太郎の発言をめぐって、第21回、第22回の帝国議会で、台湾は植
民地かどうかの大論争が起こりました。議論は帝国議会の枠を越え、あらゆる分野に波及し、憲法
論争にまで発展したのです。

 「法的」な見解としては、台湾は「臨時立法」の時限法としての「六三法」において、台湾の第
8代総督であった田健治郎は「植民地」であることを否定しました。第18代総督の長谷川清海軍大
将は、帝国議会の衆議院選挙を台湾でも開催することを予定し、台湾の内地化を促進しようとして
いました。1945年、第19代総督の安藤利吉の代で終戦を迎え、その後の中国軍の進駐で台湾の日本
時代は終わったのです。

 そして、今なぜ「懐日」「慕日」映画がヒットしているのかということですが、台湾の50年に及
ぶ日本統治時代は、日本時代を知らない若者層にとっても「よき時代」というイメージが強いから
です。

 戦後の日本は、戦前の「大日本帝国」を教育やマスメディアが率先して悪魔のように扱ってきた
ため、極悪非道なイメージが作られてしまいましたが、台湾では「明るい」イメージが強く残って
います。

 もちろん台湾でも国民党独裁時代は、日本時代を「非道」とする教育がなされてきました。しか
し、日本時代を経験した人々から下の世代へと「真実」が受け継がれ、台湾人の日本に対する親愛
の情が醸成されたのです。

 台湾で日本時代が「昔は良かった」と憧れを持って言われることについては、政治的な解釈より
も台湾人の「日常生活」に視点を移すことで理解できるのです。

 日本でもいま、憲法論議をはじめとして「戦後からの脱却」が重要なテーマとなっていますが、
台湾でも蔡英文政権のもとで、戦後の国民党支配からの脱却、そして「ひとつの中国」からの脱却
が進んでいるのです。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 映画「湾生回家」全国共通鑑賞券のお申し込み【1,400円+送料】
https://goo.gl/pfgzB4

*岩波ホールでの一般券(当日券)は一般が1,800円、シニア・学生は1,500円です。

*ローソンチケット等でも1,500円で鑑賞券の取り扱いがございますが、岩波ホールのみ鑑賞可能
 な単館券になり、12月9日(金)までの販売です。

*岩波ホールは、障害者の方は1,400円、小・中・高校生は1,200円、上映最終回(月〜金19:00/
 土日祝18:30 )に限に限り大学・大学院・専門学校生の方も1,200円です。

*チケットは、理由の如何を問わず、取替、変更、キャンセルはお受けできませんのでご了承のほ
 どお願いします。

● 映画「湾生回家」劇場情報【2016年12月1日現在】 http://www.wansei.com/theater/

・東 京:11月12日〜 岩波ホール(03-3262-5252)
・福 井:11月22日〜 メトロ劇場(0776-22-1772)*終了
・大 阪:11月26日〜 シネ・リーブル梅田(06-6440-5930)
・奈 良:11月26日〜 ユナイテッド・シネマ橿原(0744-26-2501)
・徳 島:11月26日〜 ufotable CINEMA(088-678-9113)
・福 岡:12月10日〜 KBCシネマ(092-751-4268)
・青 森:12月10日〜 シネマ・ディクト (017-722-2068)
・京 都:12月17日〜 京都シネマ(075-353-4723)
・宮 城:12月24日〜 フォーラム仙台(022-728-7866)
・愛 知:12月25日〜 名古屋シネマテーク(052-733-3959)
・静 岡:01月07日〜 静岡シネ・ギャラリー(054-273-7450)
・鹿児島:01月14日〜 ガーデンズシネマ(099-222-8746)
・兵 庫:01月21日〜 元町映画館(078-366-2636)
・岡 山:01月28日〜 シネマ・クレール丸の内(086-231-0019)
・岩 手:02月04日〜 盛岡ルミエール(019-625-7117)
・岐 阜:02月04日〜 CINEX(058-264-7151)

*近日公開予定館
 静岡:CINEMAera、新潟:新潟シネ・ウインド、広島:サロンシネマ、沖縄:桜坂劇場

● 台湾フルーツビール・台湾ビールお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

*沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・奇美食品の「パイナップルケーキ(鳳梨酥)」 2,910円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

・最高級珍味「台湾産天然カラスミ」 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝・浜田宏一著『日台IoT同盟─第四次産業革命は東アジアで爆発する』 *new
・李登輝著『熱誠憂国─日本人に伝えたいこと』 *new
・王育徳著『台湾─苦悶するその歴史』(英訳版)
・浅野和生編著『1895-1945 日本統治下の台湾
・片倉佳史著『古写真が語る 台湾 日本統治時代の50年
・王明理著『詩集・故郷のひまわり』
・李登輝著『新・台湾の主張
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム *第14号が入荷!
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『KANO 1931海の向こうの甲子園
・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

・入会案内:http://www.ritouki.jp/index.php/guidance/
・入会申し込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(渡辺利夫会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,