台湾教育の礎築いた「六氏先生」 数馬の功績、脚光再び

台湾教育の礎築いた「六氏先生」 数馬の功績、脚光再び
明日(2月1日)、芝山巌事件で犠牲となった六氏(士)先生の一人、平井数馬命の慰霊祭・顕彰会
が地元の熊本市で開催される。

 主催する平井数馬先生顕彰会代表で前熊本県立大津高校校長の白濱裕(しらはま・ひろし)氏に
産経新聞が取材、白濱氏と平井数馬命の顕彰碑が建立されている熊本市中央区の小峯墓地を訪れ記
事にした。下記に紹介したい。

 六氏先生の一人で、愛知県西尾市出身の関口長太郎命の慰霊顕彰祭も、4年前の平成23(2011)
年から執り行われている。これは、愛知の教育を考える会の杉田謙一(すぎた・けんいち)事務局
長が中心となって生誕150年を機に「関口長太郎先生のご生誕を祝う会」を設立、11月11日に行っ
たのが嚆矢だ。

 記事にもあるように、李登輝元総統は平成21年(2009年)9月7日に熊本を訪問されたとき、翌8
日、平井数馬命のお墓と顕彰碑に参拝されている。白濱氏は、その日の夜に行われた李元総統の講
演会に出席している。

 白濱氏はその後、関口長太郎命の慰霊顕彰祭が行われていることを知って杉田氏と連絡を取り、
郷土熊本の偉人の記憶を消したくないと発起、さらには「国家百年の計たる教育の再生に向けて、
『芝山巌精神』に学ぶべく」今回の慰霊祭・顕彰会を企画したという。

 慰霊祭の祭主は、白濱氏の友人でもある、前熊本県神社庁参事の湯治道男(ゆじ・みちお)大江
神社宮司がつとめられるという。


台湾教育の礎築いた「六氏先生」 数馬の功績、脚光再び 熊本
【産経新聞:2015年1月31日】

http://www.sankei.com/region/news/150131/rgn1501310040-n1.html
写真:熊本芝山巌会が建立した顕彰碑の前に立つ元高校校長の白濱裕氏=熊本市中央区の小峯墓地
   平井数馬

 台湾の近代教育の礎を築いた6人の日本人教育者「六氏先生」の1人で、熊本出身の平井数馬を顕
彰する活動を、熊本県の元高校校長らが再開した。日清戦争後の台湾統治下で抗日ゲリラの襲撃に
遭い、17歳で非命に倒れた。元校長らは「数馬ら六氏先生の功績を語り継ぎたい」と2月1日に慰霊
祭を営む。(谷田智恒)

                   ◇

 平井数馬は明治11年7月に松橋町(現・宇城市)に生まれ、名門・済々黌(現済々黌高校)を卒
業した。中国語にたけており、28年8月に台湾総督府通訳官に任じられ、台湾へ渡った。

 数馬は台湾で最初に設立された学校「芝山巌学堂(しざんがんがくどう)」に住み込み、住民の
教育活動に当たった。長州藩出身で初代群馬県令を務めた楫取(かとり)素彦の次男、楫取道明ら
5人の日本人教育者が同僚だった。数馬は「日台会話集」など語学書の編集にも携わった。

 しかし、当時の台湾は政情不安だった。日本による統治が始まったばかりで、日本人を敵視する
「土匪」と呼ばれる抗日ゲリラも多数いた。明治29年元日。数馬ら6人の日本人教師は、新年あい
さつで総督府に向かう途中で襲撃された。数馬も奮戦したが殉職した。17歳だった。

 「六氏先生」の教育活動は1年にも満たなかったが、日本の教育界からは、彼らの遺志を継承し
ようという声が沸き起こる。有志が続々と台湾へ渡り、献身的に教育に従事した。元熊本県立大教
授の弘谷多喜夫氏の調査では、熊本からも延べ2千人を超える教師が台湾へ赴いた。大正時代後半
には台湾の小学校教員のほぼ1割を熊本出身者が占めたという。

 こうした熊本県出身者が「熊本芝山巌会」をつくり、数馬の功績を語り継ごうと活動を始めた。
昭和47年には、熊本市中央区の小峯墓地にある平井家墓所に顕彰碑を建立した。平井家墓所には平
成21年、台湾の李登輝元総統も参った。

 戦前まで台湾芝山巌神社での祭事にちなんで、毎年2月1日に数馬を顕彰する「英魂祭」を催して
きた。だが、熊本芝山巌会は会員の高齢化、減少により十数年前から自然消滅状態となった。

 「このままでは郷土の偉人の記憶が消えてしまう」

 17歳で早世した数馬については文書や資料も乏しい。危機感を抱いた県立大津高校の元校長、白
濱裕氏や日台友好団体の関係者ら30人が昨年10月、「平井数馬先生顕彰会」を新たに発足し、数馬
の顕彰活動を受け継ぐことにした。

 白濱氏は大津高校長時代、熊本の高校で初めて台湾への修学旅行を実現させた。

 顕彰会では顕彰活動の第1弾として2月1日、墓前慰霊祭を十数年ぶりに執り行う。

 白濱氏は「数馬ら六氏先生に関する研究を深めながら、台湾の近代化に尽くした熊本出身者を発
掘し、顕彰する活動にも取り組みたい」と語った。

【用語解説】六氏先生

 明治28年、日本の台湾統治後に初めて開校された学校「芝山巌学堂」に赴任したが、抗日ゲリラ
に襲われ殉職した6人の日本人教師。楫取道明(山口県、38歳)▽関口長太郎(愛知県、37歳)▽
中島長吉(群馬県、25歳)▽桂金太郎(東京都、27歳)▽井原順之助(山口県、23歳)▽平井数馬
(熊本県、17歳)。芝山巌学堂跡は、李登輝総統時代に「教育の聖地」として公園化も進んだ。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/
ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

●パイナップルケーキの入荷再開まで案内を中止します!
台湾で起きている食品安全問題で、台湾からの輸入食品全般に対する日本の税関の検査が厳しく
なった関係で入荷がストップしています。入荷再開まで案内を中止します。

●台湾ビール&フルーツビールが在庫切れのため案内を一時中止します!
入荷は1月から始まる予定です。詳細が分かり次第ご案内いたします。

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

★沖縄県や伊豆諸島を含む一部離島への送料は、1件につき1,000円(税込)を別途ご負担いただ
 きます。【2014年11月14日】

・台湾点心セット 2,650円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝著『新・台湾の主張』 *new
・漫画版『 KANO 1931海の向こうの甲子園』 *new
・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

●台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,