台湾・新竹市で岡山市の物産展 7月中にも開催

台湾・新竹市で岡山市の物産展 7月中にも開催
【1月18日 岡山日日新聞】

 岡山市・新竹市友好都市議員連盟(会長・安井聰岡山市議)は17日、国際友好交流都
市、台湾・新竹市と特産品の販路拡大を目的とした物産展を相互に開催することで合意
したと発表した。新竹市での物産展は、早ければ7月中にも開催される見込みで、岡山
市の特産品をアピールする。

 林政則新竹市長が昨年12月に来岡した際、安井会長が提案して実現。同議員連盟は、
8日から11日まで新竹市に訪問団を派遣し、協議書に9日調印した。同市議会の議員連
盟が、具体的な交流事業で調印したのは今回が初めて。調印式は新竹市内のホテルで、
同訪問団の20人、林市長や新竹市議ら約20人が参加し、宮武博議長が立会人となり行わ
れた。

 今夏、新竹市で開催予定の物産展では、モモ、マスカットなど岡山の旬のものをPR
し、秋季にも開催。岡山市で開く物産展では、ビーフンやガラス工芸品など新竹市の特
産品を紹介するという。両物産展とも、開催地や開催時期などは今後検討する。両市と
も実現に向けて協力し、経済や教育など、多様な分野での実質的な交流を促進させるよ
うに取り組むという。

 また、岡山県は昨年、台北(台湾)、香港(中国)などでアンテナショップを展開し、
県産農畜産物の輸出に取り組んでいるが、同議員連盟は将来的に県との連携も考えてい
きたいという。安井会長は「大きな成果がありうれしい。政令市になると市議会も役割
が増える時代。国際交流に限らず、市の発展のために努めていく」と意気込んでいる。


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , ,