台湾の高校生の第2外国語の選択率は日本語がトップ

台湾の高校生の第2外国語の選択率は日本語がトップ
韓国の高校生の第2外国語選択率でも日本語は断トツのトップ

 台湾の教育部(文部科学省に相当)は12月7日、2011年度1学期における第2外国語のクラ
ス数や選択した外国語の履修率について発表した。それによると、何と日本語を選択した
高校生は約70%で断トツの人気だった。

 台湾では第1外国語は英語だが、李登輝総統時代の1996年、高校における「第2外国語教
育推進実験計画」に基づき、普通高校における自由選択科目として第2外国語教育が設けら
れ、フランス語、ドイツ語、スペイン語、日本語の4カ国語が導入されている。

 教育部の発表によると、第2外国語クラスを設けた高校は233校で、前年比で8校増え、ク
ラスも1585クラスで257クラス増加し、学んだ学生は8,104人増の5万4,658人となっている
という。外国語の数は10カ国に増え、その選択率は下記のようになる。

1)日本語:37,988人(69.5%) 2)フランス語:7,276人(13.3%) 3)スペイン
語:3,639人(6.7%) 4)ドイツ語:3,194人(5.8%) 5)韓国語:2,033人(3.7%)
6)ベトナム語:243人(0.44%) 7)イタリア語:170人(0.31%) 8)ラテン語:
81人(0.15%) 9)インドネシア語:27人(0.05%) 10)ロシア語:7人(0.01%)

*台湾における学年度は毎年8月から翌年の7月で、1学期は8月から翌年1月、2学期は翌年2
 月から7月。

 先に本誌で、金車教育基金会が「地球村公民国際アンケート」の結果を記者会見で発表、
その結果、「台湾に最も友好的な国はどこか」の回答では3回連続で日本がトップ(56%)
となったことを紹介したが、第2外国語の選択率でもそれを証明する結果となっている。

 実は、韓国の高校生の第2外国語選択率でも日本語は断トツのトップだ。いささか古いニ
ュースだが、「聯合ニュース」が今年の9月21日に伝えるところでは、下記の結果となって
いる。対象高校は1,561校だそうだ。

1)日本語:62.5% 2)中国語:26.7% 3)ドイツ語:4.9% 4)フランス語:4.8%
5)スペイン語:0.9% 6)ロシア語:0.2%

◆「台湾に最も友好的な国」は日本がトップ─金車教育基金会アンケート[2011/11/24]   http://melma.com/backnumber_100557_5345772/

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0091.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)
      *年末年始:12月28日〜1月4日は休み


タグ: , , ,