台湾の人びとの心とらえる桜と日本文化

台湾の人びとの心とらえる桜と日本文化
【AFPBB News:2012年3月27日】
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2867897/8696769?ctm_campaign=txt_topics

 台湾人は桜の花が大好きだ。言うなれば、台湾の人びとは日本の物なら、ほとんど何で
も好きなのだ。かつて台湾を50年にわたって統治し、ときに圧政を敷いたにも関わらず、
日本は非常に好意的な印象を台湾に残した。

 桜は旧植民地に現在も残る日本の「ソフトパワー」の勝利といえるかもしれない。台湾
でも毎春、大勢の人々が桜の花を楽しむ。その姿は日本で見られるものと同じだ。

 「桜の花を見ると、まるで日本にいるような気持ちになる」。台北(Taipei)郊外の北
投(Beitou)区で白やピンクの桜が咲き誇る丘を歩きながら、スーザン・ウーさん(50)
は語った。

 花見の習慣は、この2〜3年で特に人気が急増。台湾の人々は激しい交通渋滞にとらわれ
る危険をおかしてでも、郊外の花見スポットに殺到している。

 花見客の間で特に人気が高いのが北投の山々だ。北投では、区当局が桜の植林を呼び掛
け400世帯が桜を植えたことから、桜の名所となった。桜並木地区を担当する当局者は、
「以前はあまり知られた場所ではなかったが、桜との関連で今は有名になった」と語る。

 こうした桜の流行を、他の自治体も見逃してはいない。

 台北郊外の三芝(Sanchih)では、農家に助成金を出して桜の植林を奨励。今では年間60
万本の桜の木を市場に供給している。三芝農協の職員によれば「多くの桜農家が桜人気の
恩恵に預かっている」という。

■植民地時代に持ち込まれた日本文化

 日本文化を象徴する桜への愛着について、台湾における日本文化の絶大な影響力を示す
ものだと、専門家らは指摘する。

 「日本の影響力はとても大きい。その範囲も、インフラから人びとの考え方や態度まで
幅広い」と、国立台北教育大学(National Taipei University of Education)の李筱峰
(Lee Shiao-feng)教授は語る。

 1895年、日清戦争で日本に敗れた清朝は台湾を日本に割譲した。以降、第二次世界大戦
で日本が敗戦する1945年まで、台湾は日本の統治下に置かれた。

 日本統治の初期にあたる20世紀初めごろには、台湾各地で激しい抵抗が発生。日本も厳
しい弾圧で臨んだ。しかし、その後、軍政から民政統治に移行すると日本は積極的に台湾
の経済開発を推進する。台湾南北をつなぐ鉄道を敷設し、港や発電所を建設。伝染病の駆
逐に務め、識字率を大幅に高めた。また野球など日本文化や習慣を台湾に伝えた。

 李教授は「日本の開発計画が、近代前の社会入りする台湾の基礎を築いた」と指摘す
る。「その過程で、台湾の人びとは統治側の人々の習慣を真似ながら、徐々に野球を覚
え、桜を愛で、温泉を楽しむようになった」

■愛着はあっても真の理解は難しい

 李教授によれば、日本の影響は1945年以降も、ほとんど衰えることなく台湾に生き続け
ている。今では台湾の若い世代が日本のドラマやポップス、観光地やレストランを紹介す
るテレビ番組を楽しみ、日本文化を受け入れている。

 こうした現象は朝鮮半島と完全に異なる。1910年から45年まで日本統治下にあった朝鮮
半島(現韓国・北朝鮮)では、日章旗のもとでの日々がいかに残忍で過酷だったかの記憶
が、現在も語り継がれている。

 日本は朝鮮半島にも桜の木を持ち込んだ。花見の文化は韓国でも受け入れられている
が、日本時代の桜は現地産のものに植え替えられた。台湾と韓国の違いは明白だ。

 だが研究者たちも、日本文化において桜が持つ哲学的な含意を、台湾の桜愛好家たちが
会得するには、まだ時間がかかるだろうと指摘する。

 「台湾人が桜を楽しむとき、彼らは単に花の美しさを堪能しているだけだ」と、台北の
淡江大学(Tamkang University)日本語文学部の馬耀輝(Maa Yaw-huei)学部長は言う。
「だが、日本人の目には、桜のはかない美しさの中に哀しみの感覚が見えている。あれほ
ど美しい花が散っていくのを眺めながら、死を思い起こしてもいるのだ」

 台湾の人びとが日本人のように振る舞うことはあっても、日本人のように思考すること
はないだろうと指摘する声もある。

 300年以上も前に初めて台湾に持ち込まれた中国文化は、日本が台湾の人びとを「日本人
化」する皇民化政策を行った植民地時代にも台湾で生き残った。「日本は台湾に新たな文
化の要素を加えた。だが、中国文化の骨格が損なわれることはないだろう」と李教授は語
った。

                              (C)AFP/Benjamin Yeh

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

● 台湾「飲茶5袋セット」のお申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0111.reg

● 月刊「正論」年間購読お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0113.reg

● 伊藤哲夫著『教育勅語の真実』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0102.reg

● 「ありがとう台湾オリジナルTシャツ」お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0097.reg

● 黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点』お申し込み
  http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0095.reg


◆ 日本李登輝友の会「入会のご案内」

  入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html
  入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg


◆ メールマガジン「日台共栄」

  日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の
  会の活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

● 発 行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/

● 事務局:午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)


タグ: , , , , , , , , , ,