今井正・交流協会台北事務所代表らが台湾に感謝の意を表明

今井正・交流協会台北事務所代表らが台湾に感謝の意を表明
4月11日、(財)交流協会台北事務所(駐台日本大使館に相当)の今井正代表は、馬英九総
統、呉敦義・行政院長(首相に相当)、楊進添・外交部長(外務大臣に相当))にそれぞ
れ書簡を送り、菅直人首相から台湾へ寄せられた公開書簡の内容を伝えた。

 また同日、交流協会台北事務所において記者会見を開き、今般の台湾からの多大な支援
に対して感謝の意を表した。それを「台湾週報」が伝えているので下記にご紹介したい。


台湾の東日本大震災への支援活動に対し、日本交流協会台北事務所の今井正・代表らが感
謝の意を表明
【台湾週報:2011年4月12日】

 東日本大震災発生から1カ月を迎えた4月11日午後、「日本交流協会台北事務所」の今井
正・代表は、「台湾日本人会」の草野浩一郎・理事長、「台北市日本工商会」の岸本恭
太・理事長代行と共に、日本交流協会において記者会見を開き、日本の震災に対し、友好
的な支援を行ってくれた台湾の人々に感謝の意を表明した。

 記者会見の会場には、台湾の各年齢層の児童生徒から送られてきた励ましのカードも披
露され、数多くのカードには励ましの言葉と絵がぎっしり書き込まれ、その多くが直接日
本語で書かれたものだった。

 今井・代表はあいさつの中で、「台湾の皆様が日本の震災発生後、ただちにさまざまな
方法で支援を行っていただいた。馬英九総統も自ら慈善の募金活動に参加されると共に、
緊急救難救助隊および義援金や支援物資の提供もしていただき、台湾にいる日本人は深く
心を打たれた。このような温かい支援の下で、日本人は必ずや一致団結し、全力を尽くし
て、復興再建の道を邁進していくものである。今後も台日間の密接で、深い関係がより一
層強靭なものになるよう努力していく」と感謝の意を表した。

 また、今井・代表は、「台湾各界は幼稚園児から80代の年配の方までが、励ましのカー
ドを交流協会に送ってこられ、深く感動した。私はこの感激を心に銘記しておく。日本は
現在、厳しい試練に直面しているが、かつて災難に遭った際にも、一つ一つ克服してきて
いる。今後、各界の大きな励ましの下で、この難関を乗り越えていくものと確信してい

[RelationPost]


● 日本李登輝友の会「入会のご案内」
  文化交流を主とした「日本の生命線」台湾との交流を深める本会活動にご参加いただ
  ける方は、ご入会を! 下記の「入会お申し込みフォーム」からですと、お手軽にお
  申し込みできます。                (日本李登輝友の会事務局)

■ 入会お申し込みフォーム http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0005.reg
■ 入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の
活動情報とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガです。

● 発行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
      〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
      TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
      E-mail:info@ritouki.jp ホームページ:http://www.ritouki.jp/


タグ: , , , , , , , , , , , ,