【良書紹介】モラルは完全に中国で死滅した─陳破空著『品性下劣な中国人』 宮崎正弘

【良書紹介】モラルは完全に中国で死滅した─陳破空著『品性下劣な中国人』 宮崎正弘
中国や中国人の本質をえぐる本が次々と出版され、日本ではいずれも好評だ。ついに中国人まで
が「時として、私は中国人であることを恥ずかしく思う」と、その書名も『品性下劣な中国人』と
名付けて出版した。天安門事件のリーダーだった陳破空氏の最新作だ。

 宮崎正弘氏が「凄まじい批判だが、本質であり、中国人である陳氏が中国の本質をえぐった、そ
のペンの勇気を称えたい。訳文も歯切れ良く、テンポが速く、洗練されている」と讃えている。下
記に紹介したい。

 陳氏は昨年11月の『赤い中国消滅』(扶桑社)を出版して以来、『日米中アジア開戦 』(文春新
書)、『赤い中国の黒い権力者たち』 (幻冬舎)、そして本書が4冊目となる。精力的だ。いずれも
邦訳はジャーナリストとしても活躍する山田智美さん。宮崎氏も訳文に言及したように、4冊とも
日本語としてこなれていてリズム感があると評価が高い。

 なお、転載にあたり、タイトルを「モラルは完全に中国で死滅した」と付したことをお断りしま
す。

                  ◇   ◇   ◇

陳破空著、山田智美訳『品性下劣な中国人』(扶桑社)

いったい何が作用して中国人から道徳心を奪ったのか
忠義、至誠、仁義が喪失され、おそろしく動物的な最低の民に成り下がった理由は
【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:平成26(2014)年11月5日号】

 朝起きてから寝るまで、生まれてから死ぬまで嘘をつくのが中国人のDNA、泥棒の現行犯で
も、「いやオレは盗んでいない。この品物が勝手にオレの手の中に飛び込んできたのだ」と平然と
言う。

 或る電線工場。痩せた工員が帰りがけに太っているので訝しんだ係官が裸にして調べたらコイル
を躰に巻き付けていた。とがめると「いや、これは勝手にオレの躰に絡みついてきたんだ」と嘯い
た。

 「嘘」という漢字こそあるが、中国語のそれは、日本語の『嘘』の意味がない。発音は『シー』
である。意味は『静寂に』である。

 では、日本語の言う『嘘』に該当する中国は何か? それは「詐話」か「詭話」と表現する。つ
まり全員が嘘つきのなかで、飛び抜けて嘘をつく人を指し、こういう人種があつまって競争を繰り
広げているのが中国共産党である。

 なぜ道徳、モラル、義侠心が失われたのだろう? 深い謎であるが、本書を読むと一刀両断、不
可解千万の中国人とはいったい何か、よく分かる。

 三世紀に漢王朝が滅亡して、魏呉蜀の三国志時代に多少はモラルが回復した時代がある、と陳氏
は指摘している。

「義侠心あふれる人物や忠義を示す物語が次々と再現された。今も人々に愛読される『三国志演
義』は中国人最後の美徳を記録したものといえる。劉備の仁義と慈悲、関羽の忠義、張飛の勇敢
さ、趙雲の胆力と知謀、諸葛亮の智恵と忠誠は代々語り継がれ、読み継がれ、永遠の傑作」(25
p)だが、日本人の誤解は、この価値観が現代中国にまだ生きているという錯覚である。

 とうに道徳は死に絶え、「中国の歴史は正義が悪に勝つことはなく、最後はいつも悪が正義に勝
ち、腹黒さが忠義に勝るのである」。

 つまり『三国志演義』は「中国人最後の美徳記録」でしかない。(しかしついでに書くと三国志
演義は小説であり、史実ではない)。

 そして最悪の共産党が天下をとって、モラルは完全に中国で死滅した。

 そう、「完全に」である。

 「富貴不能淫、貧賤不能移、威武不能屈、此之謂大丈夫」(富有になっても正常であり、貧して
も姿勢を貫き、暴力に屈せず、権力にひざまずかない。こういう人を大丈夫という)と孟子は教え
た。

 だが現代中国には、こうした「精神が、破壊され尽くした。中国人は徹底的に敗北し、まったく
違う民族に入れ替わった。徐々に勇気と鋭気、独立した思想や想像力を喪失していっただけでな
く、さらに独りよがり冷酷非情、魂を失い、目先の私利だけを求める民族に落ちぶれた」のであ
る。(205p)

 著者の陳氏は天安門事件の指導者、投獄歴二回。その後、米国へ亡命した。本年6月4日の『天安
門事件25周年東京集会』には米国から駆けつけ、石平氏とともに記念講演をした。凄まじい批判だ
が、本質であり、中国人である陳氏が中国の本質をえぐった、そのペンの勇気を称えたい。

 訳文も歯切れ良く、テンポが速く、洗練されている。

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex

・台湾産天然カラスミ 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px

・李登輝元総統特別寄稿掲載の別冊「正論」22号「大解剖『靖國神社』」*new
・李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , ,