「偽」から「真」へ切り替える日本 [西村 眞悟]

「偽」から「真」へ切り替える日本 [西村 眞悟]
衆議院議員の西村眞悟氏が本日発行した「西村真悟の時事通信」(!)323)で、「偽」
をテーマに与野党の党首会談と国連中心主義という政界の「偽装」について触れたつい
でに、福田首相の訪中について記している。台湾の国連加盟の住民投票について、まこ
とに正鵠を射た発言である。

 全文はかなり長いものなので、ここでは関係箇所のみを抜粋してご紹介したい。全文
は下記をクリックしてください。

 なお、本文の中に「正論」2月号(12月25日発売)に掲載の西村氏が寄稿した「一衣帯
水の友邦を見失ってはならない」が出てくるが、この2月号では宮崎正弘氏の「終極統一
か独立か、台湾立法院選挙の行方」も掲載されている。併せて読まれることをお勧めし
たい。                                (編集部)

■西村真悟の時事通信
 http://www.emaga.com/bn/?2007120079386960009332.shingo

■正論2月号
 http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0801/mokji.html


「偽」から「真」へ切り替える日本

                                   西村 眞悟

 我が国の首相は、この年末に未だ中国にいる。そして日中関係に「春が来た」と実態
から遊離した歯の浮くようなことを言っている。

 このような折り、今発売中の月刊誌「正論」に投稿した私の台湾に関する「一衣帯水
の友邦を見失ってはならない」と題した一文にありがたい反響が寄せられてきた。その
なかに、会津若松の方からの親書があった。ご自分のお父上が台湾で小学校の先生をさ
れており、今の駐日代表の許先生の奥様が教え子であったと書かれてあった。そして台
湾に対する親愛の思いが書かれていた。このお手紙を拝読したとき、私は日本と台湾の
両国国民の深く暖かい繋がりを感じることができた。

 福田総理は、中国首脳から、台湾が台湾という名で国連加盟申請をすることに対して
反対の意見表明を求められ、「支持しない」と述べたと言うが、

「それは台湾の方々が決められることです。私がとやかく申すことではありません。そ
れが民主主義国家というものです。」

 と何故あっさりと言えないのか。

 私の「正論」誌に書いた一文の副題は「中国詣では愚の骨頂」というのであるが、な
るほど、この度の野党の大集団の訪中と首相の中国での発言は愚の骨頂だ。

 首相の中国滞在も長すぎる。もう三日目ではないか。訪問を二十四時間以内で済ませ
たワシントンDC滞在以下の時間にすべきである。アメリカと中国と日本は、「正三角
形」の関係ではないのだから。

 諸兄姉とご家族の、ご多幸を心よりお祈りもうしあげます。

 祖国への愛と誇りと希望をもって新しい年を迎えましょう。

 そして、友邦台湾の総統に民進党の謝長廷氏の当選を切に祈る。


●メルマガのお申し込み・バックナンバーはホームページから
 http://www.ritouki.jp/
●投稿はこちらに
 ritouki-japan@jeans.ocn.ne.jp


日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会
の活動情報とともに配信するメールマガジン。
●マガジン名:メルマガ「日台共栄」
●発   行:日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
●編集発行人:柚原正敬


[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , , ,