月別: 2005年10月

台湾は10月25日に「祖国」へ復帰したのか

日本は台湾を中国へ「返還」していない  中国と台湾との統一を掲げる台湾の新党が10月22日、10月25日の「光復節」60周年を記 念する夕べを開いた際、中国国民党の馬英九主席は「50年間にわたる日本の植民地支配に よって

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

小田村四郎会長の巻頭言が台湾紙「自由時報」に掲載[再掲]

台湾の急務は「中国人意識」の一掃  昨日の本誌で、10月23日付の台湾紙「自由時報」が『日台共栄』10月号掲載の小田村四 郎会長(前拓殖大学総長)の巻頭言「台湾はいつ日本と戦争したのか」を掲載したことを ご案内いたしまし

タグ: , , , , , , , , ,

11月13日、宮崎正弘氏を講師に平河総合戦略研究所が講演会

テーマは「石油戦争の舞台裏−石油暴騰の元凶は中国のパラノイア的資源戦略」 平河総合戦略研究所講演会 ■日 時  11月13日(日曜日)午後12時半より3時まで ■テーマ  石油戦争の舞台裏−石油暴騰の元凶は中国のパラノイ

タグ: , , , , ,

小田村四郎会長の巻頭言が台湾紙「自由時報」に掲載

台湾の急務は「中国人意識」の一掃  『日台共栄』10月号から新たな企画として、表紙のすぐ裏(表2)に「巻頭言」を設け ました。記念すべき第1回は小田村四郎会長(前拓殖大学総長)に「台湾はいつ日本と戦争 したのか」と題して

タグ: , , , , , , , , , ,

第3回台湾李登輝学校研修団の日程と豪華講師陣が確定!

許世楷代表が茶話会で講話  第3回台湾李登輝学校研修団がいよいよこの29日から始まりますが、先週末、主催する 群策会から最終的な日程表をお送りいただいた。  この台湾の李登輝学校はご存じのように群策会理事長でもある李登輝

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

11月12日、宮崎正弘氏を講師に台湾研究フォーラムが定例会

テーマは「日本・台湾、そして中国」 台湾研究フォーラム 第79回定例会 ■講 師  宮崎正弘氏(評論家・作家) ■演 題  日本・台湾、そして中国 歴史教科書、靖国などで日本の内政に露骨に介入する一方で、東シナ海からはガ

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【地図帳問題】練馬区教育委員会に質問書【空花正人】

「全国の皆様に同様の声をあげ、行動をとっていただきたい」と要請  先に「教科書を採択するのは、各都道府県の教育委員会や市区町村の教育委員会と法律 で定められています。採択権限を持つ教育委員会に住民の声をぜひお届けください

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

李登輝前総統がワシントンで講演

台湾人のさらなるアイデンティティー確立を強調 【10月21日付「台湾週報」】  米国を訪問中の李登輝・前総統は10月20日、ワシントンのナショナルプレス・クラブで 「台湾の民主主義への道」と題した講演をおこない、台湾人の

タグ: , , , , , , , , ,

明日午後2時、新潟李登輝友の会が林建良氏を講師に講演会

テーマは「台湾は中国ではない」  平成15年4月、本会の第1号支部として発足以来、毎年、李登輝前総統を表敬訪問したり 、講演会や李登輝杯ゴルフコンペなどを開いて活発に活動しているのが、李登輝前総統と 台北高等学校同級生の

タグ: , , , , , , , , , , ,

【地図帳問題】読者の声

文部科学省は内線「2396」でつながる【東京 森】  今日(10月12日9は会社なので援護射撃を!と思い、昼休みを利用して文部科学省に電 話をしましたが、担当者が会議中で電話にでられないそうです。  担当の名前を教えて欲

タグ: , , , , , , , , , , , ,
Top