タグ: 北方

――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(1)關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)

【知道中国 1817回】                       一八・十一・十 ――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(1) 關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)  關和知(明治3=18

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(36)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1811回】                      一八・十・念九 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(36) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) ■「(六九)何故に支那文明の同化力は宏大な

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(25)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1800回】                      一八・十・初七 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(25) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) ■「(二八)今猶ほ古の如し」 徳富は「現時

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , , , , , ,

9月15日、大阪で日台時局シンポジウム「台湾は、いま、なぜ南進・南向へ」

南進と南向の連結と対照は、ある意味で植民地主義の拡張の歴史を表している一方、「南向政策」は、前總統李登輝時代から現蔡英文政府まで台湾政府の一貫した政治経済戦略です。  南方、これは東南アジアや南アジアを指し示すものだと言

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(8)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1783回】                       一八・九・初三 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(8) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) 次が馮国璋である。「質素なる一小室」に入る

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(7)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1782回】                       一八・九・初一 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(7) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) 次が馮国璋である。「質素なる一小室」に入る

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , , ,

【9月15日】日台時局シンポジウム「台湾は、いま、なぜ南進・南向へ」

日台時局シンポジウムの案内 テーマ:「台湾は、いま、なぜ南進・南向へ」(通訳付き) 内容と趣旨:    南進と南向の連結と対照は、ある意味で植民地主義の拡張の歴史を表している一方、「南向政策」は、前總統李登輝時代から現蔡

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

9月15日、大阪で日台時局シンポジウム「台湾は、いま、なぜ南進・南向へ」

南進と南向の連結と対照は、ある意味で植民地主義の拡張の歴史を表している一方、「南向政策」は、前總統李登輝時代から現蔡英文政府まで台湾政府の一貫した政治経済戦略です。  南方、これは東南アジアや南アジアを指し示すものだと言

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(2)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1777回】                       一八・八・仲八 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(2) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)  奉天は「今春以降、頓に活氣を加へつゝあり

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , ,

【阿彰の台湾写真紀行】排骨飯、排骨麵、排骨湯

【阿彰の台湾写真紀行】 No.8 排骨飯、排骨麵、排骨湯  日本でよく知られている日本式中華料理の定番に排骨飯、排骨麵というものがある。排骨とは豚の骨付きあばら肉に卵と小麦粉の衣を付けて油で揚げた中華風の肉料理だ。台湾の

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , ,