タグ: クリントン

ボルトン元国連大使の大統領補佐官起用が意味すること 宮崎 正弘(作家・評論家)

トランプ米大統領は3月22日、米国の外交・安全保障政策の要となる国家安全保障問題を担当するマクマスター大統領補佐官を更迭し、その後任に大統領首席補佐官や財務長官、国務次官などを歴任した共和党重鎮のジョン・ボルトン元国連大

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

トランプ大統領のシュライバー氏起用とアジア太平洋戦略  古森 義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)

米国のトランプ政権には軍人出身者が多いのがその特徴の一つだ。ホワイトハウスは昨年10月27日、トランプ大統領がアジア太平洋担当の国防次官補という実務の最高責任者に海軍士官出身のランディ・シュライバー氏を指名したと発表した

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

【古森義久のあめりかノート】米中関係が険悪になると二階氏が訪中…その裏に潜む危険

【古森義久のあめりかノート】米中関係が険悪になると二階氏が訪中…その裏に潜む危険    2018.1.14 産経新聞より  ワシントン駐在客員特派員・古森義久 記念撮影を終え中国の習近平国家主席(右)と握手する自民党の二

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , ,

米中関係が険悪になると二階氏が訪中  古森 義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員)

産経新聞ワシントン駐在客員特派員の古森義久氏の観察眼には敬服することが少なくない。この記事もたいへん興味深く読んだ。自民党の二階俊博・幹事長が5月に引き続きいて12月28日に習近平・国家主席と面会したことについて、200

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , ,

【藤井厳喜のニュース解説】次々と暴かれるクリントン・ファミリーの闇

【藤井厳喜のニュース解説】次々と暴かれるクリントン・ファミリーの闇 藤井厳喜のニュース解説(期間限定動画配信) 【11月19日(日)までの限定 無料公開】 [図解]次々と暴かれるクリントン・ファミリーの闇: FBI、ロシ

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , ,

アメリカ歴史前代未聞の大事件「ウラニウム・ワン疑獄」  アンディ・チャン

【AC通信(No.665)「ウラニウム・ワン疑獄」Andy Chang:2017年10月24日】  ウラニウム(ウラン)は原子爆弾の原料である。国家安全に関わるからアメリカで産出されたウランを外国に売ることは禁止されてい

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , ,

米軍のシリア攻撃に習近平主席が「異例の理解」 民主・共和もトランプ決断を支持

米国のトランプ大統領は、シリアが「罪もない市民に化学兵器攻撃を行った」として、化学兵器 空爆の拠点としたシャイラト空軍基地へ59発の巡航ミサイル「トマホーク」を撃ち込んで空軍基地 をほぼ壊滅させ、世界を驚かせた。  フロ

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , ,

藤井厳喜氏の新著『日米対等─トランプで変わる日本の国防・外交・経済』

日本と台湾にとって、アメリカにトランプ政権が誕生したことは歓迎すべきで、僥倖とさえ言え るかもしれない。この感触は、トランプ・習近平の電話会談と安倍総理の訪米でますます強まった。  アメリカの大統領選挙で日米メディアの大

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , ,

【黄文雄】日本の外食産業が「グルメ天国」台湾で愛される理由

【黄文雄】日本の外食産業が「グルメ天国」台湾で愛される理由 メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』より転載 ● 王将フードサービス/台湾に焼餃子を展開する子会社設立 「餃子の王将」が台湾進出

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【本日、藤井厳喜氏講師の台湾セミナ講演会】「トランプ新政権と日台関係」【当日受付可】

【本日、藤井厳喜氏講師の台湾セミナ講演会】「トランプ新政権と日台関係」【当日受付可】 日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載 *本日(1月28日)は、台湾の春節(旧正月)です。この佳日、台湾セミナーを開きます

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,