作者別: 愛知李登輝友の会

【読者の声】 先日の習近平発言について

突然のお便り、失礼します。先日の習近平発言を聞きまして、矢も楯も止まらずメールをしている次第です。  新年早々、不穏な発言がありましたが、あの発言の本意はどこにあるのか? 習近平の求心力を高めるためか、それとも揺さぶりか

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , ,

蒋介石に感謝する必要はない  上田 真弓

【稲毛新聞「論壇」:2018年1月11日】  少し前のことだが、9月4日の産経新聞に「蒋介石氏の恩情を忘れない」と題する投書が載っていた。「終戦直後、蒋氏は国内外へ向けたラジオ演説で以徳報怨(徳をもって怨みに報いる)と話

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , ,

習近平演説と何雷発言に現れた中華思想に基づく中国共産党政権の本質

1月2日年頭の習近平・中国国家主席の「一国二制度」に基づく台湾統一に関する演説について、「ロイター」コラムニストのピーター・アプリ(Peter Apps)氏が、この演説は「中国が依然として軍事力の誇示が台湾に圧力をかける

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

【中国ガン】その5―第4章 中国ガンは退治できる

【中国ガン】その5―第4章 中国ガンは退治できる 中国ガン―台湾人医師の処方箋(並木書房) 林建良  中国ガンは今や中国だけの問題ではなく、世界の問題となってきています。地球がガンにかかってきているからです。ここで最も大

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(15)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1842回】                      一九・一・仲二 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(15) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)    長江を

カテゴリー: 知道中国 タグ: , , , , , ,

【産経正論】日台関係の法的基礎を明示せよ

【産経正論】日台関係の法的基礎を明示せよ  2019.1.11産経新聞           拓殖大学学事顧問・渡辺利夫  国家主権、安全保障、領土保全など、他国には譲れない重要な国家利益のことを中国では「核心的利益」とい

カテゴリー: 台湾の声 タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

台湾独立建国聯盟日本本部が3月3日に「台湾2・28時局講演会」を開催

台湾の歴史において、決して忘れてはいけない重大事件が1947年に起きた二・二八事件です。  尊厳と社会参画を求めて立ち上がった台湾人に対して、中国国民党は容赦なく大量殺戮を行い、わずか1カ月で3万人以上の知識人が犠牲にな

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

日台関係の法的基礎を明示せよ  渡辺 利夫(拓殖大学学事顧問)

【産経新聞:2018年1月11日】  国家主権、安全保障、領土保全など、他国には譲れない重要な国家利益のことを中国では「核心的利益」という。これには、台湾、チベット、新疆ウイグル自治区、南シナ海、尖閣諸島などが含まれるが

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

台湾との軍事衝突にじませる中国、海峡危機の再来あるか

1月2日の習近平・中国国家主席の「一つの中国」原則を前提に、92年コンセンサスを堅持することによる「一国二制度」に基づく台湾統一演説は大きな波紋を起こしている。  ロンドンに本社を置く通信社「ロイタ」ーのコラムニスト、P

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , , , , , ,

入院中の李登輝元総統の容体は安定 嚥下訓練や歩行練習などリハビリ

11月29日に自宅で転倒し、額や鼻などを打って緊急入院された李登輝元総統は、集中治療室で約2週間の治療後、12月11日に一般病棟に移り、薬の量も入院前の水準に戻ったというニュースが12月17日に報じられました。  しかし

カテゴリー: 日台共栄 タグ: , , , ,