【 産経正論】「白船」襲来と日本国政の危機に

【 産経正論】「白船」襲来と日本国政の危機に

産経正論】「白船」襲来と日本国政の危機に 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

2022/1/10 産経正論

ある日突然、日本列島の沖に外国籍の船が現れる。お互いの平和と繁栄のために来ている、とその外国の指導者が船の動きを説明する。が、威嚇の様子が一目瞭然。お互いの平和どころか、西太平洋で新秩序を実現することが目的ではないか。ほら、一つ一つ、周りの国々がその船の持ち主である外国の属国になっている。

だが、長年平和ボケしている日本の政府が対応に迷う。今まで通りやればなんとかなる、と日本の官僚層がエンドレスに、たらい回しにする。日本は果たして間に合うのか。独立を守れるのか。不安が漂う。先が見えない。

右を読んで幕末、米国のペリー提督が率いた黒船が来航した1853年ごろの歴史を思い出す方が多くおられるかもしれないが、現在進行形で起きている現実だ。

幕末ならぬ目の前の国難
2022年の今、日本を威嚇する外国籍の船は、中国海警法の下で法執行機関を装い武装した「第2の海軍」ともされる海警船で、合衆国の黒船ならぬ「白船」だ。

中国が日本にもたらしているのは、平和、繁栄などではなくて、西太平洋、それから全世界の「新秩序」にほかならない。

昨年12月、元米国陸軍中佐で私の友人でもあるサルギス・サンガーリ氏が、日本の国会議員ら関係者に、安全保障問題で警鐘を鳴らした。同氏は中東問題などを注視するシンクタンクの創立者、経営者として活躍している。

サンガーリ氏によると、今日が1853年の再来だ。中国の台頭は、米国の台頭と同様で、世界を揺るがす出来事だ。日本政府が「今まで通り」で対応できる問題ではない、と。

同氏の発表の中では、もう一つ耳を傾けることがある。それは、米側が日本に対して「新植民地主義」の態度をとっている、という指摘と批判だ。

不健康な依存関係憂える
「新植民地主義」とは何を指すのか。つまり米国は、戦後解体された大日本帝国の本土で米国風帝国主義を展開した、との指摘だ。

自分の国を守ろうともしない日本政治家は、おかしい。原因は、この新植民地の意識にあるのではないか。確かに、あと3年ほどで、戦後体制80周年という祝うべきではない記念日が回ってくる。非常に残念なことに、米国の「新植民地主義」が日本の政治家の常識として定着してしまった。サンガーリ氏が憂えるのはこの不健康な依存関係だと思う。

中国に立ち向かう以前に、日本の政治家がいわゆる「ジェノサイド・オリンピック」の外交的ボイコットさえ躊躇(ちゅうちょ)し、日本政府が「新植民地主義」の下で主権も、国家という概念すらも手放したようだ。

米国がつくった問題だから自業自得ともいえるが、戦後80年近くを経て、もはや米国のせいにはできない。戦後体制という呪縛を解くのはもう、日本人自身だ。中国の一部になっても平気と言うのだろうか。

やはり、「戦後体制」というフレーズにも見える、近現代史の複雑な遺産があって、中国に遠慮しているのが分かる。しかし、近現代史を的確に理解しよう。歴史の苦い皮肉の一つとして、日本国が周りの国々の独立を確保するために、自分が独立を失って外国の帝国の支配下に入った。まさに複雑な歴史だ。

でも近現代史だけが日本の運命を決めるわけではない。戦争、それから戦後体制が日本の全てではない。例えばもっと長い歴史の目でみれば、日本が外国の帝国の支配下に入っていることが極めて異常な状態だとわかる。

中国共産党の悪夢見ぬため
英国の歴史家、アーノルド・トインビーが1930~50年代に書いた『歴史の研究』の中で日本文明の個性を認めた。米国の政治学者、サミュエル・ハンティントンも、1996年に刊行した『文明の衝突』の中で、日本の文明的個性を強調した。どこの帝国にも付属しない、歴史的独立性や文化的個性に満ちている文明の大国、日本について。

もしこの歴史の流れがようやくきちんと理解されるなら、日本がこれから何をすべきか明らかだろう。新植民地の身分証明書でもある米国製の憲法を見直して、自衛隊の存在を憲法で軍隊として明記し、その力を強め、中国に対する準備を万全にすることだ。

トインビー博士は、日本が西洋帝国主義に対する結局の勝利を高く評価したのに、日本人がその功績を否定していることが、世界を危険に晒(さら)す要因になっている。

中国共産党が日本、さらに全世界に押し付けようとしている悪夢の「新秩序」を砕くまでの道は、文明の国・日本が、かつて西洋の帝国からアジアの国々を守るために失った独立を取り戻し、米国の新植民地から脱却することだ。

そうしない限り、次世代が日本という国を受け継ぐことができなくなり、日本国が中国共産党の支配下に入りかねない。


台湾の声

バックナンバー
http://ritouki-aichi.com/category/vot

登録/解除
http://taiwannokoe.com/register.html

Facebook
https://m.facebook.com/taiwannokoe

Twitter
https://twitter.com/taiwannokoe

YouTube『Taiwan Voice』藤井厳喜 x 林建良 
※ぜひチャンネル登録をお願いいたします
https://www.youtube.com/channel/UCTzfqkSSN_86JN2yidU2lhQ

※この記事はメルマガ「台湾の声」のバックナンバーです。
講読ご希望の方は下からお願いします。

タグ: , , , , , , , , , , ,