【論説】中国の嘘を見極めよ

【論説】中国の嘘を見極めよ
【論説】中国の嘘を見極めよ

時局心話會 代表 山本 善心

今や、尖閣問題は中国内のデモに発展している。これらは中国政府への
人民の不満が爆発したことが要因と見られる。わが国が尖閣諸島の領有
権で主張すべき根拠は以下の通りである。

尖閣諸島は1895(明治28)年、明治政府が現地調査を行い、清国の支配が
及んでいないことを確認して沖縄県に編入した。これに対し、清国側から異
議がなく、わが国固有の領土として国際的にも認められている。1959年の
中国発行地図、ならびに1953年1月8日付人民日報の記事に「琉球群島
には尖閣が含まれる」とあった。つまり、中国が1971年に突如領有権を求
める以前は、尖閣諸島を日本領土と認めていた証左である。

これまで尖閣が中国領土であったとする記録と根拠はなく、中国が突如言
い出したお決まりのコースに他ならない。わが国政府が領海内の外国漁船
の違法操業に立入検査を行い厳正に取り締まることは当然の行為であり、
違反者を勾留することは法治国家として当然の義務と責任である。

対日制裁始まる

問題は、尖閣の歴史的経緯や主張がわが国から中国側に発信されず、
菅政権になって領土や領海の国家主権を守ろうとするリーダーシップが見
えないことだ。このように、わが国が自己主張できず先送りを繰り返す度に
中国は次から次へとさらなる手を打ち始めた。

一方、中国の温家宝首相はニューヨークで船長の即時無条件釈放を強
硬に求めたうえ、わが国に経済圧力や制裁を加える手段に出た。中国人観
光客の訪日中止、日本向けのレアアース(希土類)の輸出停止等、中国経
済に依存する日本経済の弱みを巧みに突いて来る。しかも、中国メディアは
わが国の巡視船が中国漁船に衝突し、船長を不法勾留したと全く逆の報道
を繰り返した。中国インターネットの書き込みは反日批判と船長を英雄視す
る論調が盛り上がりを見せている。

こうした反日世論の盛り上がりを背景に、温家宝首相はニューヨークの大
舞台で世界に向けて「尖閣諸島は中国固有の領土だ」などとの文言を繰り
返した。中国は最初から「嘘」を本当であるかのように誇大宣伝して来たが、
全く根拠となる説明がない。それに対して、わが国は反論しないばかりか、
ビデオの再放映さえ中止している。これは中国側への配慮と圧力に屈した
外交失態であり、対中敗北外交だ。

理不尽な要請

中国は尖閣問題を「主権問題」ととらえ、一歩も譲らない方針だ。中国の
戦術は、相手が一度譲歩するとさらにギリギリまで譲歩を迫る。わが国は
中国人船長の釈放で、今後の対中外交に重大な禍根を残した。中国は軍
事的な威嚇と経済的圧力を加えてわが国を脅せば必ず落ちると確信してい
よう。

今回わが国は周辺諸国からの期待を裏切っただけでなく、国際的な信用も
失った。一方、中国は、今回の対日勝利に自信を得て南シナ海にも権益確
保が容易となる道を拓きつつある。そこで米軍の登場が具体化されるよう
になった。

さらに中国は、わが国に今回の事件に対する謝罪と反省を求めると、強
硬姿勢を強めている。菅首相は低い声で「応じるつもりはありません」と答え
たが、この問題に利害のからまない仙谷由人氏は口を挟まなかった。次に
中国が尖閣諸島への行動を起こした時は日中戦争の序奏段階と考えても
よいのではないか。

嘘という事実の演出

中国人との外交を進めるにあたり、わが国政府はもっと中国人の本質や
精神構造を理解せねばならない。同じアジア人であっても中国人の価値観
や生活習慣、社会通念とは、一言で言うと日本人とあまりにも違い過ぎる
のだ。

中国人の性格は頑固であるが、接待上手で愛想がよく、相手の話にうなず
き同意する姿勢を見せるのが上手い。一方、彼らの才能は身振り手振りで
いかにも本当であるかのように説得し演出することに長けている。中国人の
人付き合いのうまさは世界一だと言われるが、日米の政官民は中国外交に
翻弄されている。

今回の漁船の衝突事件で中国側の発言は見え透いた「嘘」だとわが国民
の大勢はそう思っている。しかし、どのような嘘をつこうが、中国人の天才的
な演出と表現力で世界の世論に訴えれば「何事も本当」に見えてくる。中国
では、わが国が得意とする「大人の対応」は弱腰外交でしかなく、おとなしく
出ればさらに圧力を加えて来よう。わが国の政治家と官僚は中国の威嚇に
恐れおののいている。

中国人の嘘はゲームと心得よ

中国にとって嘘と外交圧力は金儲けと生活の手段であり、悪いと反省した
り謝罪する考えも習慣もない。中国人の交渉術とは、いかにうまく嘘をつき
通すかが価値基準である。中国語には感謝、憎悪、軽蔑という言葉がない。
それゆえ中国人の言動に嘘があっても誰からも咎められることはなく、本人
も嘘をついたと思っていない。

上野御徒町のアメ横に二坪くらいの小さな舶来品の洋装店がある。そこの中
国人女性店主は口八丁手八丁で実に面白い人物だ。店の品物もなかなか
センスのある舶来物を集めていて評判が良い。筆者はこの店主の嘘が好き
で、やりとりを楽しんでいる。店主は「社長、この品は儲けなしです。嘘ではあ
りません。私はアメ横一番の正直おばさんと言われております」と毎回同じ台
詞を繰り返す。こちらも馴れたもので、相手の嘘に調子を合わせながら希望
価格に誘導する。最初は6万3000円もしたセーターをしまいには2万2000円
にまけてくれた。中国人の嘘という本質をよく理解したうえで交渉すると上手
くいく場合がある。

尖閣発言は嘘の塊

中国人の嘘は理解すればするほど理解できるようになる。中国人は嘘が
巧みで本心をぼかすのがうまい。そして、不利になると無関係な問題をまく
したて、最後はことわざなどを強引に持ってきて辻褄合わせを行う。中国人
から見れば、日本人は本当に正直者で、まじめ人間だからで面白くないと
思っていよう。

今回の尖閣諸島問題に際して温家宝首相がとった態度は中国人の本質
をそのまま表している。つまり、嘘のオンパレードであり、根拠と事実もない
領土問題があたかも中国の領土であるかのような錯角を起こさせる演技は
圧巻だ。たとえば、南京大虐殺事件やその記念館の展示は当時の事実と
は全く異なっているが、中国では事実と根拠が問題ではなく、いかに嘘をう
まく表現するかとの発想が重要であり、それゆえ驚くべき歴史観が飛び出す
ので面白い。

逆に中国人らしさの嘘という現実を理解しないわが国政府のちぐはぐな対
応が問題を引き起こしている。わが国は日中間に事件が起こるたびに中国
側の嘘に翻弄され続けてきた。このような事態を回避するため、わが国政
府や外務省が中国そのものの本質に学ぶゼミナールが肝要である。

政治主導の弊害

中国流の嘘を一度相手にすると、どこまでも続くのでキリがない。中国人
との付き合いは事件が起こるたびに嘘がエスカレートする。嘘を隠すため
に新しい嘘を持ち出してくる中国人を相手にするには菅首相や仙谷官房長
官レベルでは、いくら知恵を絞っても勝てる相手ではない。

民主党政権が誕生したのは「政治主導」を掲げたからである。若い政治家
らが官僚の言いなりにならぬと格好つけるのもよいが、経験も能力もないか
ら最後は官僚に頼らざるをえない。菅内閣になって何をしたかと問われれば、
日韓併合100年に際して村山談話よりさらに踏み込んだ謝罪と反省であり、
今回の中国船長釈放に見る中国への従属であり、いずれも国益を著しく損
なう結果でしかなかった。

これが「政治主導」の実態であり、ましてや、今回の尖閣事件ではわが国
の主張を述べる訳でもなく、中国人の嘘とでたらめを戒める主張を世界に発
信することすらできなかった。

中国の怖さを知る

中国人は人類史上まれに見る演出家であり、どんな立場に立っても見事
な嘘を演じきることのできる大スターである。その点、日本人は国際舞台で
はまともに演じることさえできない大根役者だ。わが国の大根役者はただま
じめであることを美徳として生きてきた。かつて、わが国の満州開拓団は長
春など素晴らしい都市をつくりあげている。それがあって、満州人の大勢は
親日的でありわが国に感謝する人々が多い。

しかしながら、中国は「日本軍満州侵攻で中国人虐殺」などと反日プロパ
ガンダを煽動。この場合は後ろに旧ソ連が一枚噛んでいた。満州の近代
化に貢献した日本軍に対して中国人は恩を仇で返している。

中国人には感謝とか誠意という言葉がない。それゆえ他人からの善意に
対して突然君子豹変する。恩を仇で返すことは中国人の得意技だ。わが国
の政治家は中国の本質に学び、中国を理解し、結局は深入りしないことで
ある。今回の事件でわが国の大使館員たるものが「中国の怖さを改めて知
った」では話にもならない。

次回は10月28日(木)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11月「政民合同會議」のご案内

11月4日(木)午前11時50分
※11月は木曜日に開催いたしますので、曜日にご注意下さい。

「尖閣列島事態、これからどうする日本」
講師/ 志方 俊之 氏 帝京大学教授・元陸上自衛官

今回の尖閣列島事態をどう見るか。当然起こるべくして起こった最悪の対
応だったが、どうすれば良かったのか。ただ菅直人内閣を攻めれば良いわ
けではない。失敗の原因の多くは自民党政権の負の遺産と言うこともでき
る。どうする日本、どうする日米、について考えたい。元自衛隊高官から見
た現場状況と方向性の分析は聞き応えがある。ご期待ください。

日 時/11月4日(木)
AM 11:50〜PM1:30
※11月は木曜日に開催いたしますので、曜日にご注意下さい。
会 場/衆議院第2議員会館
地下1F「第1会議室」
東京都千代田区永田町2−1−2
参加費/4,000円(お弁当代含む)
連絡先/時局心話會
�03-5832-7231

詳細はホームページhttp://www.jikyokushinwakai.jp/でご覧下さい
事前申込のない方はご参加できません。ご注意下さい。
すでにご案内をお送りしている方には、重複してのご案内となりますことを
おわび致します。

[RelationPost]
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,