【良書紹介】「歴史戦」はオンナの闘い単行本

【良書紹介】「歴史戦」はオンナの闘い 単行本(ソフトカバー)

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%88%A6%E3%80%8D%E3%81%AF%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%81%AE%E9%97%98%E3%81%84-%E6%B2%B3%E6%B7%BB-%E6%81%B5%E5%AD%90/dp/4569827985/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1466498980&sr=1-1&keywords=%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%88%A6%E3%81%AF%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%81%AE%E9%97%98%E3%81%84

単行本(ソフトカバー): 284ページ
出版社: PHP研究所 (2016/6/22) ¥ 1,728
著者 (河添恵子)ノンフィクション作家、(杉田水脈)政治家

内容紹介

新たな「歴史戦」の火蓋が切られた! 本書に記された以下の見出しやコピーをご覧いただきたい。

中国の政治工作はオンナの使い方が巧み!
オール・チャイナによる「歴史戦の旗艦施設」
「慰安婦問題」はオンナを使った錬金術
国連は「弱者に優しい中立な国際機関」なのか?
コミンテルン活動の温床となっていた日本
「歴史戦」の最終目標は“日本の属国化”……etc.
宋美齢、アイリス・チャン、クマラスワミ……。米中を舞台とするオンナたちの反日工作で、日本は不当なレッテルを貼られてきた。だが、「日本が日本でありつづける」道はまだある!

天安門事件(1989年6月)以前からの中国社会を熟知する河添恵子(ノンフィクション作家)が、歴史家が記さない中国のタブー、“密室でつながる力”などに論及! 国連へ乗り込み、慰安婦問題の嘘に果敢に斬り込んだ杉田水脈(前衆議院議員)が語る左翼の裏事情! スカッと男前で、斬新すぎる1冊!

[RelationPost]
タグ: ,