タグ: 辛亥

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(4)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1910回】                       一九・一・仲五 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(4) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)  周作人といえば

タグ: , , , , , , , , , ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(2)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1908回】                       一九・六・仲一 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(2) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)  1911年の辛

タグ: , , , , , , , , , , ,

――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(13)竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)

【知道中国 1887回】                       一九・四・丗 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(13) 竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)  首都である北京のど

タグ: , , , , , , , , , , ,

断交ドミノは台湾にとって好機  丹羽 文生(拓殖大学海外事情研究所准教授)

【View point:2019年4月6日】  「中華民国」とは何か、どこにあるか。こう問われても、大半の人は首を傾(かし)げるだろう。今や「中華民国」なる言葉は死語になったと言っても過言ではない。  1912年1月、辛

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(1)東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年)

【知道中国 1860回】                       一九・二・仲八 ――「劣等な民族が自滅して行くのは是非もないこつたよ」東京高商(1) 東京高等商業學校東亞倶樂部『中華三千哩』(大阪屋號書店 大正9年

タグ: , , , , , , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(14)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1841回】                       一九・一・十 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(14) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)    長江を

タグ: , , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(9)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1836回】                      一九・一・初一 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(9) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年) 諸橋は、新文化

タグ: , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(8)諸橋徹次『遊支雜筆』(目黑書店 昭和13年)

【知道中国 1835回】                      一八・十二・丗 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(8) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目黑書店 昭和13年)  もう少し、新

タグ: , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(6)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1833回】                      一八・十二・念六 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(6) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年) 以上は大正7

タグ: , , ,

――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(2)關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)

【知道中国 1818回】                      一八・十一・仲二 ――「支那の國ほど近付いてあらの見ゆる國は無し」――關(2) 關和知『西隣游記』(非売品 日清印刷 大正七年)  「辭令の妙」に任せて

タグ: , , , , , ,
Top