タグ: 山西

【台湾紀行】百年古蹟-台湾測量基準点

「台湾の声」【台湾紀行】百年古蹟-台湾測量基準点 西 豊穣 令和2年1月14日〔1月20日掲載〕 <始めに> 平成17年1月から同25年1月までの間、【台湾紀行】として『台湾の声』に古道の紹介を主とした投稿を続けてきたが

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(33)上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

【知道中国 2015回】                      二〇・一・仲一 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(33) 上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年) ドイツの権益が山東半島に

タグ: , , , , , , ,

――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(32)上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年)

【知道中国 2014回】                      二〇・一・初九 ――「支那を亡すものは鴉片の害毒である」――上塚(32) 上塚司『揚子江を中心として』(織田書店 大正14年) ここで、「揚子江流域に於

タグ: , , , , , , , ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(12)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1918回】                       一九・七・初一 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(12) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)  鶴見に戻る。

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(12)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1917回】                       一九・六・念九 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(12) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年) 鶴見が次に訪ね

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(7)渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)

【知道中国 1895回】                       一九・五・仲六 ――「民國の衰亡、蓋し謂あるなり」――渡邊(7) 渡邊巳之次郎『老大國の山河 (余と朝鮮及支那)』(金尾文淵堂 大正10年)  「支那

タグ: , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(40)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1815回】                      一八・十一・初六 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(40) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)  ■「(八一)利の一字」  「大膽、深刻

タグ: , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(13)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1788回】                       一八・九・仲三 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(13) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)  「支那人に受けの惡しきこと勿論」だとい

タグ: , , , , , ,

――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(35)内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年)

【知道中国 1734回】                       一八・五・念一 ――「支那人に代わって支那のために考えた・・・」――内藤(35) 内藤湖南『支那論』(文藝春秋 2013年) 財政的にも国家の態をなし

タグ: , , ,

【中国の今】「低端人口」排除、石炭燃料の禁止

「台湾の声」【中国の今】「低端人口」排除、石炭燃料の禁止 台湾の声編集部 多田恵 2017年12月10日  北京で「低端人口」(”ローエンド人口”)が「一掃」・「排除」されつつある。  地方からの出稼ぎ労働者の宿泊施設を

タグ: , , , , , , , , , ,
Top