タグ: 小平

――「中国人の変わり身の速さに感嘆を禁じ得なかった」廖亦武『銃弾とアヘン』(白水社 2019年)

【知道中国 1923回】                       一九・七・仲一 ――「中国人の変わり身の速さに感嘆を禁じ得なかった」 廖亦武『銃弾とアヘン』(白水社 2019年)  書名にある「銃弾」は1989年6

タグ: ,

――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(7)鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)

【知道中国 1913回】                       一九・六・念一 ――「支那は日本にとりては『見知らぬ國』なり」――鶴見(7) 鶴見祐輔『偶像破壊期の支那』(鐵道時報局 大正12年)  先ず現地入りし

タグ: , , , , ,

【産経主張】天安門事件30年 終わりなき弾圧を許すな

【産経主張】天安門事件30年 終わりなき弾圧を許すな 2019.6.4産経新聞  ■覇権助けた対中政策に猛省を  中国の民主化を訴える学生らに対し、戒厳部隊が血の弾圧を加えた1989年6月4日の天安門事件から30年を迎え

タグ: , , , , ,

中国「台湾統一」の行程表  河崎 真澄(産経新聞論説委員)

【産経新聞「一筆多論」:2019年5月28日】  「中国の習近平指導部は2049年までの『台湾統一』実現に向け、すでにロードマップ(行程表)を描いている」。台湾総統府の直属学術機関、中央研究院の前副研究員、林泉忠氏はこう

タグ: , , , , , , , , ,

――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(8)竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)

【知道中国 1882回】                       一九・四・廿 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(8) 竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)  日本では「雰圍氣は暗

タグ: , , , , , , , , ,

――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(4)竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)

【知道中国 1878回】                       一九・四・仲二 ――「『私有』と言ふ點に絶大の奸智を働かす國である」――竹内(4) 竹内逸『支那印象記』(中央美術社 昭和2年)  建国直後の1951

タグ: , , , , ,

――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(7)河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)

【知道中国 1849回】                       一九・一・念七 ――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(7) 河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)  船旅の最中、船の小僧が食事を

タグ: , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(14)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1841回】                       一九・一・十 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(14) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)    長江を

タグ: , , , , , ,

――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(12)諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)

【知道中国 1839回】                      一九・一・初六 ――「只敗殘と、荒涼と、そして寂寞との空氣に満たされて居る」――諸橋(12) 諸橋徹次『遊支雜筆』(目�書店 昭和13年)  諸橋やら宮

タグ: , , , , , , ,

――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(38)徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年)

【知道中国 1813回】                      一八・十一・初二 ――「支那人は不可解の謎題也」・・・徳富(38) 徳富蘇峰『支那漫遊記』(民友社 大正七年) 「議論の爲の議論」であるから、当然のよう

タグ: , , ,
Top