3月6日、台中県石岡郷と鳥取県三朝町が交流促進協定に調印

3月6日、台中県石岡郷と鳥取県三朝町が交流促進協定に調印
調印式は三朝町の「三朝町総合文化会館」で関係者140人余が出席

台中県石岡郷と鳥取県三朝町が交流促進協定に調印
【3月7日発行 台湾週報】

 3月6日、鳥取県三朝町の「三朝町総合文化会館」で台中県石岡郷と鳥取県三朝町とが交
流促進協定に調印した。調印式は石岡郷の劉宏基・郷長と三朝町の吉田秀光・町長出席の
もととり行われ、台北駐大阪経済文化代表処の呉嘉雄・処長や鳥取県の関係者140人あまり
もこの調印式に出席した。

 呉処長はこの交流促進協定の調印を政府を代表し祝意を述べるとともに、「双方のすで
に構築されている友好関係がより深まり、台日両国の地方政府間の交流拡大促進の助けと
なるよう期待する」と挨拶した。

 三朝町観光商工課の担当者によると、三朝町と石岡郷とのつながりは1997年に三朝町か
ら石岡郷に梨の穂木を輸出したことから始まる。梨は冬を越さないと実をつけないため、
もともと台湾にある梨の木に石岡郷が輸出した穂木を接木して台湾で梨を結実させた。そ
の後は毎年同町から石岡郷に穂木が輸出されている。このような当初の商業的なつながり
のもとに双方は文化面でもより交流を深めたいとして、2001年には石岡郷から当時の郷長
や視察団がそれぞれ三朝町を訪問、翌年には三朝町町長が石岡 郷を表敬訪問した。その後
もほぼ毎年、相互訪問がおこなわれ、さらには2005年には石岡郷の中学生、10数名が三朝
町を友好訪問し、地元の中学生と剣道などをして交流をおこない、2006年には三朝町の中
学生が石岡郷を友好訪問するなど、双方の友好関係は調印前からすでに始まっていた。

 台中県石岡郷の郷民代表会(町議会)では2001年7月に三朝町との交流都市締結関係の決
議案を通過している。

 今回のこの調印では双方が推し進めた地域的な交流の結果であるばかりでなく、台日の
実質関係がますます進んだという意義も含まれている。

石岡郷ホームページ (中文) http://www.shihkang.gov.tw/
石岡郷の観光案内 (中文)  http://travel.shihkang.gov.tw/05_02_07.htm
鳥取県三朝町ホームページ http://www.town.misasa.tottori.jp/

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , ,