第6回李登輝学校研修団(小川英子団長)がいよいよ明日出発!

第6回李登輝学校研修団(小川英子団長)がいよいよ明日出発!
明日から3泊4日で、第6回目となる台湾李登輝学校研修団が始まります。今回の団長には
小川英子氏(在日台湾婦女会副会長)、副団長には柚原正敬氏(本会常務理事・事務局長)
がそれぞれ就任しました。これまで女性が団長に就任された例はなく、初の女性団長の誕
生です。

 参加者は最終的に31名となりました。いつも通り世代的には20代から80代までと幅広い
のですが、今回は20代、30代の参加者が多く、平均年齢も40代半ばとなりました。職業も
様々です。地域的にはやはり関東圏からの参加がほとんどですが、北海道、青森、岩手、
宮城、愛知、滋賀、京都、大阪、兵庫などからも参加しています。海外ではアメリカから
も参加します。

 参加動機は、やはり李登輝学校校長でもある李登輝前総統のお話を直接聞いてみたいと
いう方が多いようです。今回の特別講義では、話題になった「壱週刊」インタビューのこ
ともお話しされるそうですので本当に楽しみです。

 また、台湾に興味を持ち出してからは、時間がとれれば台湾へ行っている方が少なくな
く、行けば行くほど台湾人と台湾が好きになってしまうという方や、中には、台湾に住み
たいと考えている方もいます。

 今回の野外視察では228記念館や台湾独立を唱導して焼身自決を遂げた鄭南榕烈士の
記念館、そして台湾の鉄道史には忘れてならない速水和彦技師がいて、台湾に日本人の銅
像が残されている一人ですが、ここも見学します。このようなほとんど観光客が行かない
ものの、日台交流には見逃してはならない大切な場所を視察するのも、この研修団の特徴
の一つです。

 講師陣も特徴の一つで、今回は「老台北」こと蔡焜燦先生も初登壇されます。帰国日の3
月6日に李登輝校長の特別講義があり、一緒に昼食をいただいてから帰国の途に着きます。

 では、許世楷大使が研修団参加者のために開いてくださった茶話会の模様を「台湾週報」
が掲載していますので、次にご紹介します。帰国してから研修内容についていささか詳し
い報告をいたします。楽しみにしていてください。多謝。         (編集部)

[RelationPost]

タグ: , , , , , , , , , , , ,