熊本で平井数馬先生顕彰会が「平井数馬先生慰霊祭」を斎行

熊本で平井数馬先生顕彰会が「平井数馬先生慰霊祭」を斎行

 明治28年(1895年)に日本が日清戦争に勝利し、清国から割譲された台湾を日本が統治しはじめると同時に、台湾の近代教育も始まります。

 音楽教育の先駆者でもあった文部省学務部長心得の伊沢修二(いさわ・しゅうじ)は、日本全国から優秀な志ある教師を募集し、台北郊外の士林に「芝山巌(しざんがん)学堂」という最初の学校を開き、教師たちは寝食を共にするほど身魂をなげうって台湾人子弟の教育に当たっていました。

統治間もなくの台湾はまだ政情が不安で、日本人を敵視する匪賊(ひぞく)も少なくなく、周辺住民は教師たちに再三退避を勧めましたが「身に寸鉄を帯びずして群中に入らねば、教育の仕事はできない」として学堂を離れませんでした。

 翌明治29年1月1日、6人の教師が台湾総督府における新年拝賀式に出席するため芝山巌を下山しようとしたとき、100人ほどの匪賊に取り囲まれてしまいました。6人は教育者として諄々と道理を説きますが、匪賊たちは槍などで襲いかかり、衆寡敵せず全員が惨殺されてしまいます。これが「芝山巌事件」です。

 この非命に斃れた6人は、楫取道明(かとり・みちあき 山口県)、関口長太郎(せきぐち・ちょうたろう 愛知県)、桂金太郎(かつら・きんたろう 東京府)、中島長吉(なかじま・ちょうきち 群馬県)、井原順之助(いはら・じゅんのすけ 山口県)、平井数馬(ひらい・かずま 熊本県)であり、後に「六士先生」や「六氏先生」と尊称され、2年後の明治31年秋、靖國神社に合祀されています。昭和5年(1930年)には芝山巌神社も建てられました。

 近年、本会関係者などのご尽力により、関口命や平井命の慰霊祭が行われるようになっています。

 平井命の慰霊祭は2015年から「平井数馬先生顕彰会」(白濱裕会長)が再興し、今年も2月1日に熊本県護国神社において、平井命の実兄のお孫さんの平井幸治氏や済々黌同窓会幹事長の中村俊雄氏などが参列して行われ、その後、平井命のお墓と顕彰碑が建立されている熊本市内の小峰墓地にも参拝されました。

 この模様を、地元のテレビ熊本(TKU)が1月5日夕にニュースとして報じていて、白濱会長からお送りいただきました。平井数馬命の略歴とともに下記にご紹介します

 ちなみに、この小峰墓地には、2009年9月、東京、高知の後に熊本を訪問された李登輝元総統も参拝されています。

               ◇     ◇     ◇

平井数馬(ひらい・かずま)命 17歳 熊本県明治11年(1878年)7月26日、平井新平の4男として熊本県益城郡松橋町(宇城市)に生まれる。手取小学校高等科を終えて中学済々黌(せいせいこう)に入学。明治28年1月、中国語の通訳を志望して九州学院支那語科に入学して6月に修了。通訳を志願するも年少のため不可。同年8月、台湾総督府の学務部員として舎監を務める一方、「語学の才能に非凡なものがあったと感じさせる」(篠原正巳氏)と高評の『軍隊憲兵用台湾語』を著す。お墓と「芝山巌殉国之士平井数馬先生之碑」は熊本市内の小峰墓地。

—————————————————————————————–◆台湾近代教育の先駆者『六氏先生』済々黌出身 平井数馬の慰霊祭【熊本】【TKU:2021年2月5日】https://www.tku.co.jp/news/?news_id=20210205-00000016

 かつて日本が台湾を統治していた時代に、命がけで教育にあたった6人の日本人教師がいました。その一人、済々黌(せいせいこう)出身の平井数馬の慰霊祭が1日、熊本市で行なわれました。明治時代、日清戦争ののち、台湾を統治することになった日本は教育制度の確立のため、優秀な6人の日本人教師を派遣し、台北に初めての学校を開きました。この『六氏先生』と呼ばれる男たちの一人が平井数馬、当時17歳。現在の宇城市松橋町で生まれ、済々黌で学んだ秀才でした。1896(明治29)年の元日、6人は日本の統治に反対するいわゆる〈抗日ゲリラ〉に襲われ、命を落としました。1日の慰霊祭には顕彰会のメンバーや遺族が参列しました。

【平井数馬の兄の孫 平井幸治さん】「台湾に渡ってわずか5カ月でこの世を去っておりますので、お集まりいただき参拝してくださったこと、きっとあの世で喜んでくださっていると思います」

 現地で亡くなった、6人の日本人教師たちは、台湾の近代教育の先駆者として、今も尊敬を集めているといいます。

【平井数馬先生顕彰会 白濱裕会長】「台湾の教育の礎を築いた方ですので多くの方に知っていただきたいと思います」

【済々黌同窓会 中村俊雄幹事長】「済々黌同窓生の先輩の中に、こういう素晴らしい方がいらっしゃることを今後、若い世代にも伝えていきたいと思います」

 平井数馬らの遺志を引き継ごうと、当時、日本から多くの教師たちが台湾に渡り、熊本からはのべ2000人にも及んだといわれています。

※この記事はメルマガ「日台共栄」のバックナンバーです。

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,