沼田幹男・交流協会台北事務所代表が着任挨拶を発表

沼田幹男・交流協会台北事務所代表が着任挨拶を発表
樽井澄夫・交流協会台北事務所代表(駐台湾大使に相当)の後任として7月22日に着任した沼田
幹男(ぬまた・みきお)代表は8月20日、ホームページで着任挨拶を発表された。とても重要な内
容も含まれているので、下記にその全文を紹介したい。

 なにが重要かというと、実はこれまで、国交のない日本と台湾の間では税金の二重課税の問題が
あった。それが最大の障壁だと言われてきた。

 樽井代表のときからこの問題を打開すべく取り組んできていて、沼田代表はあいさつの中で「日
台間の二重課税の回避及び脱税の防止を目的とした枠組み(日台租税枠組み)についての協議も開
始しております」と述べている。恐らく、この問題について交流協会台北事務所代表が公の場で述
べたのは初めてのことだろう。

 沼田代表の着任翌日の7月23日には復興航空機の墜落事故が起こり、8月1日には高雄市ガス爆発
事故が起こるなど、そのたびに馬英九総統などへお見舞い状を送るという慌ただしい日々だったと
思われる。ようやく落ち着いてきた8月22日、沼田代表は着任挨拶のため馬総統を訪問、一連の着
任挨拶は滞りなく終わった模様だ。

 今後、沼田代表には「日台租税枠組み協定」の締結に向け邁進していただきたい。この協定は実
質的に自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)の中核を為すと言われている。つまり、
この問題の解決は実質的に日本は台湾とFTAおよびEPAを締結した状態を意味しているとい
う。


沼田幹夫代表挨拶
【交流協会台北事務所:2014年 8月 20日】

 皆様こんにちは! 7月22日、当地に新しく着任しました日本交流協会台北事務所代表の沼田幹
夫です。今回ようやくご縁があり、約40年前に初めて台湾を訪問して以来長らく勤務したいと希望
していた台湾でようやく勤務する機会を頂き、心より嬉しく感じております。

 私は、感謝の念をもって当地に着任しました。私の出身地である茨城県は、3年前に発生した東
日本大震災の被災地の一つでもあります。東日本大震災に際しましては、台湾の皆様から物心両面
における友情溢れる破格のご支援を頂き、この場をお借りしまして、改めて心よりお礼申し上げま
す。

 着任後、半月が過ぎましたが、お会いした台湾の方々は、大変立派な方が多く、いつも頭が下が
る思いでお話を伺っております。また、バスやMRTに乗る度に、お年寄りに席を快く譲る若者の
姿を見かけ、市民社会の成熟ぶりに感動させられます。更に、少なからず訪問した台北市内の殆ど
の場所は、大都市であっても緑が豊かであり、そしてなにより牛肉麺をはじめとした食事が大変お
いしいと感じました。

 台湾は、日本にとって災害発生時の相互支援やスポーツ交流時の相互支援に見られるように心と
心が繫がった極めて重要なパートナーです。台湾の皆様は真の友人であり、私は、そして日本人は
このご恩を決して忘れません。

 近年、日本と台湾の関係は、様々な分野において大きな発展を遂げています。特に、昨年4月、
日台間の長年の懸念であった「日台漁業取決め」に署名したことに加え、経済分野においても、昨
年は「日台電子商取引取決め」をはじめとする6本の取決め、覚書に署名したほか、在台湾日本企
業からの要望も多い、日台間の二重課税の回避及び脱税の防止を目的とした枠組み(日台租税枠組
み)についての協議も開始しております。また、日台産業協力架け橋プロジェクトの具体的事業の
実施や日台連携による第三国市場協力の推進など、日台関係が幅広い分野で着実に進展していま
す。

 また、オープンスカイを受けて人的往来も益々増加しており、2年連続で過去最高を記録し、昨
年日台間の往来は初めて300万を突破。今年も400万人突破に向けて、順調に拡大しております。

 その他、文化交流分野では、昨年の宝塚歌劇団による台湾初公演、日台野球親善試合に加え、今
まさに国立故宮博物院日本展が開催され、数多くの日本人が故宮の極めて貴重な文物を鑑賞するこ
とができる喜びを噛みしめています。

 このような状況下、当協会が近年、重点を置いているのが、台湾における日本研究の促進、青少
年交流の促進等、将来の日台関係を担ってくださる若い皆さんへの各種支援です。青少年交流につ
いては、安倍総理の提唱による大規模青少年交流事業「JENESYS2.0」により、昨年は台湾から約
300人の高校生、大学生、大学院生を日本へお招きしました。

 今後は、2020年に東京オリンピック・パラリンピックが控えており、日台間の文化、スポーツ等
を通じた交流と相互理解がさらに深まるものと心より期待しています。

 そして、これまでの日台交流で献身的に努力頂いた台湾の方々の存在も忘れることはできませ
ん。台湾における外国人叙勲受章者は過去5年で見れば24名であり、全世界で第2位です。これらの
方々をはじめ、日台関係の発展 のために長年にわたり、ご尽力されてこられた方々のご貢献に衷
心より敬意と謝意を表します。

 私の当地での仕事は、40年来最も良好と言われる日台関係をさらに一層深化させることです。台
湾の皆様のご協力の下、職員一同積極的に取組んで参りたいと思います。今後とも宜しくお願い申
し上げます。

 平成26年8月12日

                          日本交流協会台北事務所代表 沼田幹夫

[RelationPost]

【日本李登輝友の会:取り扱い本・DVDなど】 内容紹介 ⇒ http://www.ritouki.jp/

*本会ご案内の書籍等は、4月1日発送分から消費税8%に対応する価格(送料を含む)となってい
 ます。5月1日から消費税対応価格の台湾食品をご案内しております。

*ご案内の詳細は本会ホームページをご覧ください。

● 台湾ビール&フルーツビール【12本セット・24本入り】お申し込みフォーム *new
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/rfdavoadkuze【携帯用】

●美味しい台湾産食品お申し込みフォーム【随時受付】
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/nbd1foecagex【携帯用】

・台湾産天然カラスミセット 4,160円+送料700円(共に税込、冷蔵便)
 *同一先へお届けの場合、10枚まで700円
・パイナップルケーキ 2,480円+送料600円(共に税込、常温便)
 *同一先へお届けの場合、10箱まで600円
・台湾飲茶セット 3,620円+送料700円(共に税込、冷凍便)
 *同一先へお届けの場合、2セットまで700円

●書籍お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

・李登輝『李登輝より日本へ 贈る言葉
・浅野和生著『親台論─日本と台湾を結ぶ心の絆』
・江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集
・宗像隆幸・趙天徳編訳『台湾独立建国運動の指導者 黄昭堂
・小林正成著『台湾よ、ありがとう(多謝!台湾)
・喜早天海編著『日台の架け橋
・李登輝元総統対談掲載の月刊「MOKU」2013年9月号
・荘進源著『台湾の環境行政を切り開いた元日本人
・石川公弘著『二つの祖国を生きた台湾少年工
・林建良著『中国ガン─台湾人医師の処方箋』
・盧千恵著『フォルモサ便り』(日文・漢文併載)
・廖継思著『いつも一年生』
・黄文雄著『哲人政治家 李登輝の原点
・井尻秀憲著『李登輝の実践哲学−50時間の対話
・李筱峰著・蕭錦文訳『二二八事件の真相』

● 台湾・友愛グループ『友愛』お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/hevw09gfk1vr【携帯用】

●映画DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/0uhrwefal5za【携帯用】

・『台湾アイデンティティー
・『台湾アイデンティティー』+『台湾人生』ツインパック
・『セデック・バレ』(豪華版)
・『セデック・バレ』(通常版)
・『海角七号 君想う、国境の南
・『台湾人生
・『跳舞時代』
・『父の初七日』

●講演会DVDお申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3 【PC用】
https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/fmj997u85wa3【携帯用】

・片倉佳史先生講演録「今こそ考えたい、日本と台湾の絆」(2013年12月23日)
・渡部昇一先生講演録「集団的自衛権の確立と台湾」(2013年3月24日)
・野口健先生講演録「台湾からの再出発」(2010年12月23日)
・許世楷駐日代表ご夫妻送別会(2008年6月1日)
・2007年 李登輝前総統来日特集「奥の細道」探訪の旅(2007年5月30日〜6月10日)
・2004年 李登輝前総統来日特集(2004年12月27日〜2005年1月2日)
・許世楷先生講演録「台湾の現状と日台関係の展望」(2005年4月3日)
・盧千恵先生講演録「私と世界人権宣言─深い日本との関わり」(2004年12月23日)
・許世楷新駐日代表歓迎会(2004年7月18日)
・平成15年 日台共栄の夕べ(2003年11月30日)
・中嶋嶺雄先生講演録「台湾の将来と日本」(2003年6月1日)
・日本李登輝友の会設立総会(2002年12月15日)


◆日本李登輝友の会「入会のご案内」

入会案内 http://www.ritouki.jp/guidance.html

入会お申し込み【PC用】https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46
入会お申し込み【携帯用】https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/4pew5sg3br46


◆メールマガジン日台共栄

日本の「生命線」台湾との交流活動や他では知りえない台湾情報を、日本李登輝友の会の活動情報
とともに配信する、日本李登輝友の会の公式メルマガ。

●発 行:
日本李登輝友の会(小田村四郎会長)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
E-mail:info@ritouki.jp
ホームページ:http://www.ritouki.jp/
Facebook:http://goo.gl/qQUX1

●事務局:
午前10時〜午後6時(土・日・祝日は休み)

●振込先:

銀行口座
みずほ銀行 本郷支店 普通 2750564
日本李登輝友の会 事務局長 柚原正敬
(ニホンリトウキトモノカイ ジムキョクチョウ ユハラマサタカ)

郵便振替口座
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)
口座番号:0110−4−609117

郵便貯金口座
記号−番号:10180−95214171
加入者名:日本李登輝友の会(ニホンリトウキトモノカイ)

ゆうちょ銀行
加入者名:日本李登輝友の会 (ニホンリトウキトモノカイ)
店名:〇一八 店番:018 普通預金:9521417
*他の銀行やインターネットからのお振り込みもできます。


タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,